ハンディのちから コンパクトデジタルカメラの撮像素子では、コンパクトデジタルカメラの撮像素子・CCD・CMOS・画素数・トリミングを楽しむ・サイズなどの撮像素子の性能情報を提供
ハンディのちからデジタルカメラコンパクトデジタルカメラの撮像素子

 コンパクトデジタルカメラの撮像素子

ハンディのちから」の「コンパクトデジタルカメラの撮像素子」では、コンパクトデジタルカメラの撮像素子CCDCMOS画素数トリミングを楽しむサイズなどの撮像素子の性能情報を提供します。

コンパクトデジタルカメラの基本性能では、画素数・光学ズーム・液晶モニタ・マクロ撮影・焦点距離・ISO感度・大口径レンズ・ぶれ軽減・露出補正・ホワイトバランスなどの基本性能情報を1ページでご提供中!

撮像素子

コンパクトデジタルカメラでは光エネルギーとしてレンズを通過した映像を、光を電気エネルギーに変換する撮像素子上に投影します。撮像素子にはCCDとCMOSの2種類があります。CCDという名称は半導体の機能を表し、CMOSという名称は半導体の構造を表しています。

銀塩カメラのフィルムと違って、デジタルカメラの撮像素子は光を嫌いません。常に撮像素子に光が当たっている利点は、コンパクトデジタルカメラの液晶モニタによってリアルタイムで画像を確認できることに活かされています。

ハンディのちから」がご紹介しているコンパクトデジタルカメラの撮像素子情報はコンパクトデジタルカメラ撮像素子比較をご覧ください。

トップに戻る

CCD

CCDで作られる画像の特徴はすべての画素で同時に受光でき、蓄積時間を変えることで実質的なシャッターの役割もできることです。

コンパクトデジタルカメラで使われる代表的なCCDには、「フレームトランスファー方式(FT-CCD)」「インタートランスファー方式(IT-CCD)」「フレームインターライン・トランスファー方式(FIT-CCD)」の3種類があります。現在、コンパクトデジタルカメラで使われているCCDは、IT-CCD方式が主流になっています。特に、ローエンドのコンパクトデジタルカメラに限っていえば、ほとんどがIT-CCD方式を採用しています。

しかし、、IT-CCD方式は、1つの画素の中に光を電荷に変換する部分と、電荷を転送する部分の両方を装備している方式なのです。つまり、IT-CCD方式では受光面積が小さくなってしまいますから、他の方式に比べると画質は悪くなってしまいます。しかし、極端に悪くなるわけではないので、費用(価格)対効果(画質)のバランスが取れていると言えます。故に、ローエンドのコンパクトデジタルカメラには、IT-CCD方式が多く採用されているのです。

トップに戻る

CMOS

CMOSで作られる画像の特徴はすべての画素で同時に受光できず、CCDのように常に光を当てることができません。従って、CMOSを撮像素子として使用しているデジタルカメラはメカニカルシャッターを装備しています。CMOSは部分的に読み出した信号を組み合わせて、最終画像を作ることができます。

CMOSの利点は2つあります。
1つ目はデジタル一眼レフの高速処理に対応できること、2つ目は消費電力が小さいので大型撮像素子に向いていることです。

トップに戻る

画素数

通商産業省・機械統計によると、デジタルカメラの2003年度の画素別国内出荷台数は、200万画素未満が17.7万台(2%)、200万画素以上300万画素未満が140.5万台(16%)、300万画素以上が688.7万台(82%)となっております。1,200万画素というデジタルカメラも登場しています。更新日現在は2430万画素のコンパクトデジタルカメラが販売されています。

デジタルカメラで撮影した画像に求められる画質は出力したときに人間の目で見て通用する画像になっていることです。主な出力対象はプリント(普通印刷と高品質印刷で異なります)とモニタの2種類があります。

私はAdobe PhotoShopを使って様々なプリント解像度の画像をインクジェットプリンターで印刷して見ました。その結果、200dpiの解像度があれば普通印刷物としては充分通用する写真になっています。ただし、グラビアなどの商用の高品質印刷物では300dpi以上の解像度が要求されます。このページの記述は200dpiの解像度をベースにしております。
モニタの場合は100dpiあればMacintoshもwindowsも満足します。

ハンディのちから」がご紹介しているコンパクトデジタルカメラの画素数情報はコンパクトデジタルカメラ画素数比較をご覧ください。

A2プリント

2013年夏に管理人はA1のポスターを作りました。メインイメージにはA2とし、8.0メガピクセルの1/2.5型CCDのコンパクトデジタルカメラで撮影した写真を使いました。トリミングすると解像度不足になり、不本意ながらトリミングなしで使いました。メインイメージにはA2とする場合は1200万万画素クラスのコンパクトデジタルカメラが、A1とする場合は1800万万画素クラスのコンパクトデジタルカメラが欲しいところです。

ぎりぎりA3プリント

DTPSOHOワーカーがぎりぎりA3プリントに使用するデジタルカメラであれば500万~600万画素クラス(A3判の用紙に印刷しても満足な品質が得られる)が費用対効果バランスの良い選択です。ローエンドデジタルカメラでは1000画素未満で2万~4万円の費用対効果バランスの良いデジタルカメラをご紹介しています。

らくらくA3プリント

A3プリントのような大きな印刷物向けのSOHOワーカーであれば、700万~1200万画素の選択になるでしょう。1000万画素を超えるコンパクトデジタルカメラを使えば、らくらくA3プリントが可能です。また、1200万画素を超えるコンパクトデジタルカメラを使えばA2プリントが可能でしょう。

A4プリント

A4サイズまでの印刷を主体にするDTP SOHOワーカーの場合、200万画素以上になると綺麗な出力を得ることができます。実用上300万画素で十分です。「ハンディのちから」がご紹介している最小画素数は600万画素ですが、まもなく1000万画素になるでしょう。従って、ローエンドデジタルカメラで1000万画素未満のコンパクトデジタルカメラをご紹介しています。 500万画素以上のデジタルカメラで撮影した画像は、A4判より大きい用紙に印刷しないと差はほとんどでありません。

モニタ表示

モニタ表示が主体になるWeb SOHOワーカーなら100万画素で十分であります。80万画素のデジタルカメラになると、17インチのモニタの画面一杯に表示できるようになります。しかし、現在、「ハンディのちから」がご紹介している最小画素数は600万画素ですが、まもなく900万画素になるでしょう。従って、1000画素未満のコンパクトデジタルカメラをご紹介しています。

トップに戻る

トリミングを楽しむ

必要な画素数の2倍のコンパクトデジタルカメラを使用するとトリミングが楽しめます。トリミングを使うと、撮影した一番良い画像の一部を切り取って最も良いフレーミングの写真を作ることができます。例えば、仕上がりがA4サイズの写真を作る場合、600万画素のデジタルカメラでA4判の画像を撮影します。A4のおおむね半分に当たる一番良い画像の一部を切り取ってA4に拡大すると300万画素になり、A4プリントには充分です。

トップに戻る

サイズ

コンパクトデジタルカメラはどこにでも持ち運べるという、「小ささ」が魅力でもあります。特に障害者や高齢者であるハンディにとってはうれしい機能です。「小ささ」を大別すると、超小型・小型・大型となります。

超小型コンパクトデジタルカメラに使用されている撮像素子は1/2.7~1/2.5インチが主流です。こんな小型の撮像素子の発明が、デジタルカメラを小型化し、低価格化にたいへん寄与しているのです。超小型コンパクトデジタルカメラの特徴は、どこにでも持ち運べる・1機種で3~4色のカラフルである・画素数は700万画素くらいまでなどです。

小型コンパクトデジタルカメラは使い勝手を優先したカメラ本体の形状をしています。小型コンパクトデジタルカメラの特徴の一つは、グリップに膨らみを設けてカメラの安定性を優先・光学ファインダー・CCDシフト方式など手ブレ機構の充実です。

大型コンパクトデジタルカメラは高倍率ズームレンズを搭載した機種が多い。大型コンパクトデジタルカメラの特徴は安定してできることです。従って、仕様も大事ですが手へのなじみなども考慮して選びましょう。

詳しくは『コンパクトデジタルカメラボディ薄さ比較』をご覧ください。コンパクトデジタルカメラ116機種のボディ薄さは15.4mm~149mmとなっています。ボディ薄さが20mm未満のコンパクトデジタルカメラは7機種あります。

最終更新日:2014年10月13日

トップに戻る

デジタルカメラ
デジタルカメラ価格
コンパクトデジタルカメラ
デジタル一眼レフカメラ
ミラーレス一眼カメラ
コンデジの選び方
デジタルカメラの画素数
コンデジの基本性能
コンデジのCCD性能
デジタルカメラの撮像素子
コンデジの光学的性能
コンパクトデジタルカメラ液晶モニタ
広角対応デジタルカメラ
防水コンパクトデジタルカメラ
防水コンパクトデジタルカメラの選び方
防水コンパクトデジタルカメラの使い方
無線LANコンパクトデジタルカメラ
タッチパネル・コンパクトデジタルカメラ
光学ズームの活用法
デジタルカメラの撮影機能
デジタルカメラの電源
デジタルカメラの撮影感度
花を撮るデジタルカメラ
風景を撮るデジタルカメラ
旅を楽しむデジタルカメラ
カメラアングル
カメラポジション
カメラアングルとポジション
動画撮影
動体予測
マクロ撮影
コンパクトデジタルカメラのホールド感
ぶれ防止
ピンぼけ防止
見た目の明るさ
記録媒体と転送方法
上下肢障害者のデジカメ撮影
可動式液晶ミラーレス一眼比較
可動式液晶ミラーレス一眼オリンパス
可動式液晶ミラーレス一眼パナソニック
可動式液晶ミラーレス一眼ソニー

♪♪♪♪♪♪♪♪♪
デジタルカメラ
コンパクトデジタルカメラ
コンパクトデジタルカメラ1200画素
コンパクトデジタルカメラ3〜4万円
コンパクトデジタルカメラキャノン
コンパクトデジタルカメラカシオ
コンパクトデジタルカメラ富士フィルム
コンパクトデジタルカメラニコン
コンパクトデジタルカメラオリンパス
コンパクトデジタルカメラパナソニック
コンパクトデジタルカメラリコー
コンパクトデジタルカメラソニー
コンパクトデジタルカメラ比較
おすすめ一番・高画質コンデジ
高倍率ズームコンパクトデジタルカメラ