ハンディのちから アフィリエイトタッチパネル・コンパクトデジタルカメラではボタンで操作するコンパクトデジカメよりも大きな3.2型以上液晶画面が多く、今まで以上に写真を撮影したり写真を見るのが楽しくなるタッチ式液晶モニタデジタルカメラに関する情報を提供
ハンディのちからデジタルカメラ>タッチパネル・コンパクトデジタルカメラ

タッチパネル・コンパクトデジタルカメラ

ハンディのちから」の「タッチパネル・コンパクトデジタルカメラ」では、ボタンで操作するコンパクトデジタルカメラよりも大きな3.2型以上液晶画面が多く、今まで以上に写真を撮影したり写真を見るのが楽しくなるタッチ式液晶モニタデジタルカメラに関する情報を提供しています。

コンパクトデジタルカメラの基本性能では、画素数・光学ズーム・液晶モニタ・マクロ撮影・焦点距離・ISO感度・大口径レンズ・ぶれ軽減・露出補正・ホワイトバランスなどの基本性能情報を1ページでご提供中!

タッチパネル式コンパクトデジタルカメラ

スマートフォンと同じように、撮影や写真を見るために画面にタッチして操作ができるタッチパネル式コンパクトデジタルカメラが最近注目されています。
ボタンで操作するコンパクトデジタルカメラよりも画面が大きいため、今まで以上に写真を撮影したり写真を見るのが楽しくなるデジタルカメラです。

ただし、タッチパネル式コンパクトデジタルカメラの操作性はタッチパネルの方式により、指先でスムースに操作できたり、爪のような固い部分でタッチしないと上手く動かなかったり操作性が異なります。
何か微妙にずれてタッチした隣が反応したりとかあります。
また、この個人の好みによります。

タッチ式液晶モニタコンパクトデジタルカメラを見るとお判りのように、最終更新日現在、オリンパス・キャノン・ソニー・ニコン・パナソニックから15機種が発売されていますが、2010年の34機種に比べるとかなり減少しています。

タッチパネルの種類

タッチパネル式コンパクトデジタルカメラのタッチパネルには静電容量方式と感圧式(抵抗膜方式)とあり、タッチする強さや指以外で操作に違いがあります。
感圧式は指や爪先の圧力を感じて作動しますが、静電式は指で触れただけで作動します。

静電容量式

感圧式(抵抗膜方式)の次に採用例が多い検出方式が「静電容量方式」です。感圧式(抵抗膜方式)に対して、アナログ容量結合方式とも呼ばれ、単体の液晶ディスプレイ以外ではスマートフォンや携帯電話などに多く使われています。

この方式では、画面に指で触れると発生する微弱な電流、つまり静電容量の変化をセンサーで感知し、タッチした位置を把握します。指を画面に近づけると、人体の静電容量にセンサーが反応するため、画面に接触する寸前でポインターを動かすような操作も可能です。

静電式では指先でなぞったり、ピンチ・イン/ピンチ・アウトは可能ですが、感圧式では不可能であります。

特徴は抵抗膜方式と違って衣服の袖や通常のペンには反応せず、ホコリや水滴に強く、耐久性や耐傷性が高いことが挙げられます。

しかし、指以外では静電容量方式に反応する専用タッチペンでしか操作できず、手袋をしたまま扱えない点に気を付ける必要があります。

感圧式(抵抗膜方 式)

2012年現在、タッチパネル市場で最も多く採用されている検出方式が感圧式(抵抗膜方式)です。単体の液晶ディスプレイ以外では、携帯電話、PDA、カーナビ、ニンテンドーDSなどに幅広く採用されています。

感圧式(抵抗膜方式)では、指やペンなどで押した画面の位置を電圧変化の測定によって検知します。フィルムの表面を押すと、フィルム側とガラス側の電極同士が接触して電気が流れ、その電圧の変動を検出することで接点の位置を捉えます。

感圧式は圧力を検知するタイプですので、手袋をしていても操作できるという大きな長所があり、寒冷地などでは感圧式のほうが有利なことは間違いありません。

タッチパネル式コンパクトデジタルカメラのタッチパネルは、最近のスマートフォンのように軽く触れただけでするすると動くといった感じではなく、しっかりタッチすることで反応します。スマートフォンのような指先ではなく、爪のような固い部分でタッチした方が操作しやすい。静電容量式に比べると反応は鈍いが、しっかりタッチするように心がければきちんと反 応してくれます。

タッチパネルの長所

タッチパネルの一番の長所は、「タッチしたところにピントをあわせるように指定できる」こと
です。タッチパネルでない機種は、上下左右のボタンで、ピントを合わせたい位置をひとつづつ移動させる必要があります。

タッチパネルは液晶モニターを見ながら直感的に操作できるのが利点です。

操作スイッチを減らすことができるため、より大型の液晶モニターを搭載することができることも利点です。

タッチパネルの短所

タッチパネルの欠点は、「タッチパネルが思うように動かない」・「動きが遅い」ことです。
押したつもりが押せていないこととか、動きの速いものはそんな遅い操作では間に合わないこととかです。

感圧式のタッチパネルの欠点は、どうもシャッターチャンスがワンテンポ遅れることです。

もちろんタッチパネルの機種でも、従来通りの操作が可能です。その分、コストは上がっているでしょうが、あって困る機能ではないです。

タッチパネルと光学ズーム・モニタサイズ

ハンディのちからがご紹介しているタッチパネル式コンパクトデジタルカメラは15機種ありますが、光学ズームは6機種が4倍前後で、10倍を超えているタッチ式液晶モニタコンパクトデジタルカメラは8機種、単焦点レンズは1機種です。

液晶モニターサイズは1機種が3.2型、14機種が3.0型です。

最終更新日:2017年10月

トップに戻る

デジタルカメラ
デジタルカメラ価格
コンパクトデジタルカメラ
デジタル一眼レフカメラ
ミラーレス一眼カメラ
コンデジの選び方
デジタルカメラの画素数
コンデジの基本性能
コンデジのCCD性能
デジタルカメラの撮像素子
コンデジの光学的性能
コンパクトデジタルカメラ液晶モニタ
広角対応デジタルカメラ
防水コンパクトデジタルカメラ
防水コンパクトデジタルカメラの選び方
防水コンパクトデジタルカメラの使い方
無線LANデジタルカメラ
デジタルカメラWiFi(無線LAN)アプリ
デジタルカメラWiFi(無線LAN)機能
デジタルカメラWiFi(無線LAN)接続
Wi-Fi機能搭載デジタルカメラの活用
コンパクトデジタルカメラの無線LAN対応機
ミラーレス一眼カメラの無線LAN対応機
デジタル一眼カメラの無線LAN対応機
タッチパネル・コンパクトデジタルカメラ
光学ズームの活用法
デジタルカメラの撮影機能
デジタルカメラの電源
デジタルカメラの撮影感度
花を撮るデジタルカメラ
風景を撮るデジタルカメラ
旅を楽しむデジタルカメラ
カメラアングル
カメラポジション
カメラアングルとポジション
動画撮影
動体予測
マクロ撮影
コンパクトデジタルカメラのホールド感
ぶれ防止
ピンぼけ防止
見た目の明るさ
記録媒体と転送方法
上下肢障害者のデジカメ撮影
可動式液晶ミラーレス一眼比較
可動式液晶ミラーレス一眼オリンパス
可動式液晶ミラーレス一眼パナソニック
可動式液晶ミラーレス一眼ソニー

♪♪♪♪♪♪♪♪♪
デジタルカメラ
コンパクトデジタルカメラ
コンパクトデジタルカメラ1200画素
コンパクトデジタルカメラ3〜4万円
コンパクトデジタルカメラキャノン
コンパクトデジタルカメラカシオ
コンパクトデジタルカメラ富士フィルム
コンパクトデジタルカメラニコン
コンパクトデジタルカメラオリンパス
コンパクトデジタルカメラパナソニック
コンパクトデジタルカメラリコー
コンパクトデジタルカメラソニー
コンパクトデジタルカメラ比較
おすすめ一番・高画質コンデジ
高倍率ズームコンパクトデジタルカメラ