ハンディのちから アフィリエイト防水コンパクトデジタルカメラは、ボディが防水構造の防水コンデジ・防水構造でないボディに防水ハウジングを装着した防水コンデジ・防水構造のボディに防水ハウジングを装着した防水コンパクトデジタルカメラに関する情報を提供
ハンディのちからデジタルカメラ>防水コンパクトデジタルカメラ

防水コンパクトデジタルカメラ

ハンディのちから」の「防水コンパクトデジタルカメラ」では、

に関する情報を提供しています。

コンパクトデジタルカメラの基本性能では、画素数・光学ズーム・液晶モニタ・マクロ撮影・焦点距離・ISO感度・大口径レンズ・ぶれ軽減・露出補正・ホワイトバランスなどの基本性能情報を1ページでご提供中!

防水コンパクトデジタルカメラ

防水機能は携帯電話やスマートフォンで多く採用されていますが、コンパクトデジタルカメラでも防水機能が搭載されています。水滴が気になるアウトドアの撮影・屋内でも水滴が気になる料理撮影・水中撮影で活躍する『防水コンパクトデジタルカメラ』情報をご提供します。

多くのコンパクトデジタルカメラはズームするとき、レンズが出たり引っ込んだりします。防水コンパクトデジタルカメラはズームやフォーカスに伴う小さなレンズの移動を、すべてカメラ本体内で行う屈曲光学ユニットを使用し、全ての防水コンパクトデジタルカメラでスリムなボディを実現しています。
利点は撮影時にレンズが飛び出ないこと、構造上密閉化しやすいので雨や汚れに強いことから、防水コンパクトデジタルカメラにも採用されています。

また、防水コンパクトデジタルカメラはタフネスコンパクトデジタルカメラとも呼ばれ、水滴に強い防水機能に加えて、ホコリに強い防塵機能や、寒さに強い耐寒機能、耐衝撃に強い機能を備えています。

防水コンパクトデジタルカメラのタイプ

防水コンパクトデジタルカメラのタイプはつぎの3種類あります。

防水コンパクトデジタルカメラのおおまかな性能

コンパクトデジタルカメラ本体が防水構造のもの

コンパクトデジタルカメラ本体が防水構造のものは、防水機能のほかに、落としても耐えうる耐衝撃、-10℃までの耐寒性能、砂やほこりの侵入を防ぐ防塵の4 つのタフネス機能を備えています。

コンパクトデジタルカメラ本体の防水性能は、水深3m・水深5m・水深10m・水深12m・水深18m(COOLPIX AW120)・水深25m(PowerShotD30)などがあります。

防水ハウジング構造のもの

コンパクトデジタルカメラ本体と防水ハウジング(キャノンとソニーはウォータープルーフケース・パナソニックはマリーンケース・オリンパスと富士フィルムは防水プロテクターと呼称)の防水性能はつぎのとおりです。

防水ハウジング(キャノンとソニーはウォータープルーフケース・パナソニックはマリーンケース・富士フィルムは防水プロテクターと呼称)の防水性能は、水深3m・水深40m・水深45mなどがあります。
キャノンのウォータープルーフケースは、PowerShot SX280 HS用ウォータープルーフケース WP-DC49・PowerShot S120用ウォータープルーフケース WP-DC51・PowerShot G16用ウォータープルーフケース WP-DC52・PowerShot G1 X MarkⅡ用ウォータープルーフケース WP-DC53・PowerShot G7 X 用ウォータープルーフケース WP-DC54 は水深40mです。
ソニーのウォータープルーフケースは、WD-1(WX200/220/300/350)・WD-5(RX 100/100M2 /100M3)・WD-7(TX30)は水深10mです。
パナソニックのマリーンケースは、DMC-TZ35用DMW-MCTZ35は水深45mです。
富士フィルムの防水プロテクターは、WP-XQ1 (XQ1用)は水深40mです。
オリンパスの防水プロテクターは、TG-3用防水プロテクター PT-056 ・TG-835/TG-830用防水プロテクター PT-055 は水深45mです。

防水コンパクトデジタルカメラを見ると、つぎのようなことがわかります。
本体が防水機能を持っている防水コンパクトデジタルカメラだと、万が一ハウジングが水没しても、ある程度なら耐えられるかもしれません。
このタイプのカメラは、防水のため電源をONにしてもレンズが出てこないようになっています。このためとてもコンパクトなのですが、そのかわりレンズを大きくすることが出来ないため、少し暗めのF値(3.3〜3.9)になっています。しかし、2012年の春にキャノンからリリースされたPowerShotG1Xは本体防水カメラにもかかわらずF2.8、2014年の春にキャノンからリリースされたPowerShot G1 X Mark IIはF2.0、ニコンからリリースされたCOOLPIX AW120はF2.8、というとても明るいレンズを持っています。

最終更新日:2014年10月15日

トップに戻る

デジタルカメラ
デジタルカメラ価格
コンパクトデジタルカメラ
デジタル一眼レフカメラ
ミラーレス一眼カメラ
コンデジの選び方
デジタルカメラの画素数
コンデジの基本性能
コンデジのCCD性能
デジタルカメラの撮像素子
コンデジの光学的性能
コンパクトデジタルカメラ液晶モニタ
広角対応デジタルカメラ
防水コンパクトデジタルカメラ
防水コンパクトデジタルカメラの選び方
防水コンパクトデジタルカメラの使い方
無線LANコンパクトデジタルカメラ
タッチパネル・コンパクトデジタルカメラ
光学ズームの活用法
デジタルカメラの撮影機能
デジタルカメラの電源
デジタルカメラの撮影感度
花を撮るデジタルカメラ
風景を撮るデジタルカメラ
旅を楽しむデジタルカメラ
カメラアングル
カメラポジション
カメラアングルとポジション
動画撮影
動体予測
マクロ撮影
コンパクトデジタルカメラのホールド感
ぶれ防止
ピンぼけ防止
見た目の明るさ
記録媒体と転送方法
上下肢障害者のデジカメ撮影
可動式液晶ミラーレス一眼比較
可動式液晶ミラーレス一眼オリンパス
可動式液晶ミラーレス一眼パナソニック
可動式液晶ミラーレス一眼ソニー

♪♪♪♪♪♪♪♪♪
デジタルカメラ
コンパクトデジタルカメラ
コンパクトデジタルカメラ1200画素
コンパクトデジタルカメラ3〜4万円
コンパクトデジタルカメラキャノン
コンパクトデジタルカメラカシオ
コンパクトデジタルカメラ富士フィルム
コンパクトデジタルカメラニコン
コンパクトデジタルカメラオリンパス
コンパクトデジタルカメラパナソニック
コンパクトデジタルカメラリコー
コンパクトデジタルカメラソニー
コンパクトデジタルカメラ比較
おすすめ一番・高画質コンデジ
高倍率ズームコンパクトデジタルカメラ