ハンディのちから アフィリエイトカメラポジションでは、自分の目線で撮っているアイレベルのほかに、目の前の被写体が見慣れた情景から大きく変化し、新たな世界が出現することがある、ローポジションやハイポジションを紹介
ハンディのちからデジタルカメラ>カメラポジション

カメラポジション

ハンディのちから」の「カメラポジション」では、多くのアマチュアのフォトグラファーは自分の目線の位置で被写体を撮影していらっしゃるのではないでしょうか。デジタルカメラを構える位置を変えてみると、目の前の被写体が見慣れた情景から大きく変化し、新たな世界が出現することがあります。そこで実践している新たな世界を生み出す「デジタルカメラポジション」を紹介します。

カメラポジション

カメラを構える位置をカメラポジションと言います。「デジタルカメラポジション」は多くのアマチュアのフォトグラファーが自分の目線で構える『アイレベル』のほかに、『ローポジション』、『ハイポジション』があります。つぎに各ポジションとその特徴を見てみましょう。

アイレベル

ポートレートをアイレベルやハイポジションで撮影すると短足写真になってしまいます。足が長く見える写真に仕上げるにはローポジションが良いと言われています。しかし、『ローポジション』、『ハイポジション』撮影は歪みが生じる場合があります。歪みが生じないポジションは被写体の高さの半分の位置が適切でしょう。

ローポジション

低い位置から撮影するのがローポジションです。カメラを見上げるローアングルと混同してはいけません。花や小動物、料理などを撮影するときやポートレートを足長小顔に撮影するときはローポジションが良いと言われています。どっしりした感じを演出できます。

ハイポジション

ゆったりとした感じや優越感を演出できます。ポートレートをアイレベルやハイポジションで撮影すると短足写真になってしまいます。

最終更新日:2014年01月23日

トップに戻る

デジタルカメラ
デジタルカメラ価格
コンパクトデジタルカメラ
デジタル一眼レフカメラ
ミラーレス一眼カメラ
コンデジの選び方
デジタルカメラの画素数
コンデジの基本性能
コンデジのCCD性能
デジタルカメラの撮像素子
コンデジの光学的性能
コンパクトデジタルカメラ液晶モニタ
広角対応デジタルカメラ
防水コンパクトデジタルカメラ
防水コンパクトデジタルカメラの選び方
防水コンパクトデジタルカメラの使い方
無線LANコンパクトデジタルカメラ
タッチパネル・コンパクトデジタルカメラ
光学ズームの活用法
デジタルカメラの撮影機能
デジタルカメラの電源
デジタルカメラの撮影感度
花を撮るデジタルカメラ
風景を撮るデジタルカメラ
旅を楽しむデジタルカメラ
カメラアングル
カメラポジション
カメラアングルとポジション
動画撮影
動体予測
マクロ撮影
コンパクトデジタルカメラのホールド感
ぶれ防止
ピンぼけ防止
見た目の明るさ
記録媒体と転送方法
上下肢障害者のデジカメ撮影
可動式液晶ミラーレス一眼比較
可動式液晶ミラーレス一眼オリンパス
可動式液晶ミラーレス一眼パナソニック
可動式液晶ミラーレス一眼ソニー

♪♪♪♪♪♪♪♪♪
デジタルカメラ
コンパクトデジタルカメラ
コンパクトデジタルカメラ1200画素
コンパクトデジタルカメラ3〜4万円
コンパクトデジタルカメラキャノン
コンパクトデジタルカメラカシオ
コンパクトデジタルカメラ富士フィルム
コンパクトデジタルカメラニコン
コンパクトデジタルカメラオリンパス
コンパクトデジタルカメラパナソニック
コンパクトデジタルカメラリコー
コンパクトデジタルカメラソニー
コンパクトデジタルカメラ比較
おすすめ一番・高画質コンデジ
高倍率ズームコンパクトデジタルカメラ