ハンディのちから デジタルカメラの固定法・自分自身の手ぶれを防ぐ・シャッター速度を上げて手ぶれを防ぐ・手ぶれ補正デジタルカメラなどを使い失敗原因の一つである「手ぶれ」を防止する情報を提供
ハンディのちからデジタルカメラ>手ぶれ防止

手ぶれ防止

ハンディのちから」の「手ぶれ防止」では、デジタルカメラの失敗原因の一つである「手ぶれ」を防止する情報をご提供しています。
ぶれの原因には手ぶれと被写体ぶれがあります。
手ぶれは露光中にデジタルカメラが動いてしまうために起こります。

このページではデジタルカメラの固定法自分自身の手ぶれを防ぐシャッター速度を上げて手ぶれを防ぐ手ぶれ補正デジタルカメラを使うをご紹介します。

カメラの固定方法

ファインダー(一眼レフデジタルカメラ)

手ぶれ防止は両手と額の3点でデジタル一眼レフカメラを固定します。

  1. 左の手の平に一眼レフデジタルカメラを乗せて、親指と人さし指でレンズ部分を下から軽く挟んで固定します。手の平で支えて親指と人さし指は添える程度にします。
  2. 右手の人さし指をシャッターボタンに載せて、他の指は自然な位置に置きます。
  3. 額を一眼レフデジタルカメラの上部をつけてファインダーを覗きます。このときに脇を締めます。

ファインダー(コンパクトデジタルカメラ)

手ぶれ防止はコンパクトデジタルカメラの場合は両手で固定します。

  1. 両手の親指を下にしてL字型を作り、両手の親指の上にコンパクトデジタルカメラを載せて、コンパクトデジタルカメラを包み込むようにします。コンパクトデジタルカメラを顔に近づけてファインダーを覗きます。
  2. 右手の人さし指をシャッターボタンに載せて、他の指は自然な位置に置きます。

液晶モニターを見て撮影する場合

手ぶれ防止は液晶モニターを見て撮影するときには、カメラが体から離れますので、両手と首・膝・肘・三脚などの3点でデジタルカメラを固定します。

トップに戻る

自分自身の手ぶれを防ぐ

トップに戻る

シャツタースピード上げて手ぶれを防ぐ

手持ち撮影の場合、シャッター速度が遅く露光時間が長いとどうしても手ぶれしますので、シャッター速度を速くします。手ぶれしないシャッター速度は「焦点距離(ミリ)分の1秒」が目安と言われています。通常のデジタルカメラでは、ズーム機能を使わないときの焦点距離が22~38ミリ程度だと言われています。液晶モニターに表示されるシャッター速度が35分の1秒より遅いときは注意しよう。実際、アマチュアの慎重な撮影でさらに1段階速いシャッター速度を選びましょう。実際のスナップ撮影では2~3段階速いシャッター速度を選びましょう。

トップに戻る

手ぶれ補正デジタルカメラを使う

望遠側での撮影や室内・暗い場所での撮影・マクロ撮影はシャッター速度が遅いために手ぶれしやすくなります。そこで、手ぶれの反対方向へレンズや撮像素子を動かして手ぶれを補正する機構を備えているカメラが手ぶれ補正デジタルカメラです。これによって完全に手ぶれを防止することはできませんが、安心してシャッターを押すことができます。手ぶれ補正デジタルカメラはフィルム感度を上げずに、高画質を保ったままで手ぶれを補正することができます。
機種別の手ぶれ補正方式についてはデジタルカメラ手ぶれ補正比較をご覧ください。手ぶれ補正機能搭載デジタルカメラの仕様についてはデジタルカメラ比較デジタルカメラ開放F値・大きさ・重さ・電源比較をご覧ください。

現在の販売されている手ぶれ補正機構搭載デジタルカメラの手ぶれ補正方法には、電子式と光学式の2つの方式があります。光学式には、「レンズシフト方式」と「イメージセンサーシフト方式」、「レンズユニットスイング方式」があります。

電子式は撮影可能領域を一定のサイズに狭め、撮影の際にバッファメモリに画像を読み込み、最初に撮影した画像とそれ以降に撮影した画像とを比較、そのはみ出し量を演算し、撮影可能領域を自動的にずらして撮影し記録します。撮影可能領域がイメージセンサーの内の一定部分しか使われないため、イメージセンサーの能力を完全に引き出せないのと、動画には比較的効果があるが、静止画には有効ではないという欠点があります

レンズシフト方式はレンズ内に振動ジャイロ機構を備えた補正レンズを組み込み、ブレを打ち消す方向に補正レンズを動かす事によって光軸を補正します。これにより受光面(フィルムやイメージセンサー)に到達する光の動きを抑えることで手ぶれを軽減させます。電子式手振れ補正よりも画質劣化が少なく、デジタルカメラに内蔵されたジャイロセンサーがぶれを感知すると、一部の可動レンズを反対の方向へ動かして、CCDに向かう光軸を真すぐにして手ぶれを補正します。

イメージセンサーシフト方式はデジタルカメラに内蔵された角速度センサーがぶれを感知すると、CCD自体を反対の方向へ動かして、CCDに向かう光軸を真すぐにして手ぶれを補正します。
さらに、動き検知・光学式・高感度撮影の3つを組み合わせた「トリプル補正」を採用しているメーカーもあります。動き検知は被写体の動きや明るさに合わせて、ISO感度を自動設定して、シャッタースピードをコントロールします。ペットや子供を撮影するときは、動きを検知して最大ISO800まで感度アップします。トリプル補正が有効なシーンは微妙な条件での撮影のスナップ・写る範囲が狭いので手ぶれの影響がでやすい望遠側撮影・急に速く動くペットや子供の撮影・不安定な片手撮り・暗い場所でのノーフラッシュ撮影・止めて撮りたいスポーツシーンなどです。

[ブレ軽減モード]自動的に高感度・高速シャッターに設定され、動きの速い被写体もブレずに撮影できます。さらに、望遠撮影時の手ブレも防ぎ、遠くの動いている被写体も鮮明なまま、思いどおりに引き寄せることができます。

トップに戻る

被写体ぶれを防ぐ

最終更新日:2012年10月16日

トップに戻る

デジタルカメラ
デジタルカメラ価格
コンパクトデジタルカメラ
デジタル一眼レフカメラ
ミラーレス一眼カメラ
コンデジの選び方
デジタルカメラの画素数
コンデジの基本性能
コンデジのCCD性能
デジタルカメラの撮像素子
コンデジの光学的性能
コンパクトデジタルカメラ液晶モニタ
広角対応デジタルカメラ
防水コンパクトデジタルカメラ
防水コンパクトデジタルカメラの選び方
防水コンパクトデジタルカメラの使い方
無線LANコンパクトデジタルカメラ
タッチパネル・コンパクトデジタルカメラ
光学ズームの活用法
デジタルカメラの撮影機能
デジタルカメラの電源
デジタルカメラの撮影感度
花を撮るデジタルカメラ
風景を撮るデジタルカメラ
旅を楽しむデジタルカメラ
カメラアングル
カメラポジション
カメラアングルとポジション
動画撮影
動体予測
マクロ撮影
コンパクトデジタルカメラのホールド感
ぶれ防止
ピンぼけ防止
見た目の明るさ
記録媒体と転送方法
上下肢障害者のデジカメ撮影
可動式液晶ミラーレス一眼比較
可動式液晶ミラーレス一眼オリンパス
可動式液晶ミラーレス一眼パナソニック
可動式液晶ミラーレス一眼ソニー

♪♪♪♪♪♪♪♪♪
デジタルカメラ
コンパクトデジタルカメラ
コンパクトデジタルカメラ1200画素
コンパクトデジタルカメラ3〜4万円
コンパクトデジタルカメラキャノン
コンパクトデジタルカメラカシオ
コンパクトデジタルカメラ富士フィルム
コンパクトデジタルカメラニコン
コンパクトデジタルカメラオリンパス
コンパクトデジタルカメラパナソニック
コンパクトデジタルカメラリコー
コンパクトデジタルカメラソニー
コンパクトデジタルカメラ比較
おすすめ一番・高画質コンデジ
高倍率ズームコンパクトデジタルカメラ