ハンディのちから アフィリエイトコンパクトデジタルカメラのマクロ撮影では、デジタルカメラの特徴ある撮影機能の1つである、マクロ撮影の使用シーン、コンパクトデジタルカメラの被写界深度、マクロ撮影範囲、マクロ撮影モード設定、マクロ撮影のコツ情報を提供
ハンディのちからデジタルカメラ>コンパクトデジタルカメラのマクロ撮影

コンパクトデジタルカメラのマクロ撮影

ハンディのちから」では、障害者・シニア・高齢者などのハンディや間違いなくシニア・高齢者になるすべてのユーザーが思い出を楽しんだり、写真を通じ情報通信をして外部とのコミュニケーションが楽しむシーンを想定しております。そんなユーザーにコンパクトデジタルカメラのマクロ撮影をご紹介しています。
このページのコンパクトデジタルカメラのマクロ撮影では、マクロ撮影の使用シーンコンパクトデジタルカメラの被写界深度マクロ撮影範囲マクロ撮影モード設定マクロ撮影のコツをお伝えしています。

マクロ撮影の使用シーン

私はガーデニングが好きで草花を育てています。自分で育てた旬の花や緑をコンパクトデジタルカメラでマクロ撮影して自然の造形を楽しんでいます。この場面では、四季や水滴や霜、雪などの気象条件を加味するとさらに楽しい世界が開けます。
コンピュータグラフィックスを作成するときに、事前にフリーハンドで下絵を描きます。この下絵をデジタル画像にするときに、スキャナを使ったりコンパクトデジタルカメラのマクロ撮影を使ったりしています。
妻が作った出来栄えのよい料理やレストランでのプレートなどのレシピ撮影にも便利です。マクロモードは、このような料理を撮影するのにも適しています。
また、コンパクトデジタルカメラのマクロ撮影で時刻表や観光スポットの案内板、アクセサリーの小物などを撮影します。時刻表や観光スポットの案内板の前で手描きでメモをとるよりもたいへん効率的です。
雑誌や新聞の気になる記事(著作権の問題がありますので私用に限ります)や孫の作品をスクラップするのにも便利です。

トップに戻る

デジタルカメラの被写体深度

コンパクトデジタルカメラは銀塩カメラに比べて、その有効画面に対する焦点距離が短くなります。ピントの合っている範囲を被写界深度と呼びますが、コンパクトデジタルカメラの被写界深度は深くなります。このことがコンパクトデジタルカメラデジタルカメラがマクロ撮影に向いている理由であります。

トップに戻る

マクロ撮影範囲

マクロ撮影範囲はコンパクトデジタルカメラの機種に異なります。近接可能な最短距離も異なります。最短距離の違いの意味は、最短距離が短ければ短いほど被写体に近寄って大きく撮影できます。この例のよい被写体が花などです。マクロ撮影の写真では、がく、花弁の色や形、おしべ、めしべの各器官がよくわかります。また、取り扱い説明書に書いてある最短距離よりも被写体に近づくとピントが合わせにくくなります。

ハンディのちから」でご紹介しているコンパクトデジタルカメラマのクロ撮影機能は0cm~15cmになっています。1cmまで寄って撮れると肉眼では見ることが出来なかった世界が写すことができます。0cmクラスの0/10cmおよび1cmクラスの1/8cm・1/10cm・1/20cm・1/30cmなどのの分子の値はいずれもスーパーマクロモードや拡大鏡モードを使用した場合の数値です。スーパーマクロモードでは光学ズームは使えず 広角端に固定となったり、ストロボが発光できないなどの制約があります
つぎにコンパクトデジタルカメラマクロ撮影比較は8社116機種がリストアップされていますので、メーカーの垣根を超えて「マクロ撮影機能・広角側焦点距離・画素数」の比較をできます。

ハンディのちから」でご紹介しているマクロコンパクトデジタルカメラはマクロ撮影コンパクトデジタルカメラをご覧ください。

トップに戻る

「マクロ撮影」モード設定

コンパクトデジタルカメラのマクロモードの設定画面はそれぞれのコンパクトデジタルカメラによって設定方法は異なります。お手持ちのコンパクトデジタルカメラで確認してみましょう。デジタルカメラの場合は、焦点距離が短いというCCDの特性上、レンズを取り替えることなくモード切替のみでマクロ撮影に対応できるという特徴があります。花などの小さな被写体を接写したいときは、マクロ撮影(接写)モードを設定します。撮影モードダイアルまたはボタンキーで「マクロ撮影」モードに切り替えると、液晶モニター画面に「花マーク(チューリップの表示が多い)」が表示されます。電源が切れると「マクロ撮影」モードが解除される機種もあります。

トップに戻る

マクロ撮影のコツ

コンパクトデジタルカメラの通常の撮影距離範囲は、約80cmから1m(機種によって異なる)~無限遠です。通常撮影では液晶モニター画面を使ってもファインダーを使っても、パララックスの問題を無視できます。しかし、マクロ撮影ではファインダーを使って撮影した場合、被写体の一部が欠けたりすることがあります。従って、マクロ撮影では液晶モニター画面を使って撮影します。

コンパクトデジタルカメラのマクロ撮影にはぶれが大敵です。ぶれは手ぶれによるカメラのぶれと被写体のぶれがあります。コンパクトデジタルカメラであってもつぎのぶれ防止対策をお奨めします。

最終更新日:2007年10月26日

トップに戻る

デジタルカメラ
デジタルカメラ価格
コンパクトデジタルカメラ
デジタル一眼レフカメラ
ミラーレス一眼カメラ
コンデジの選び方
デジタルカメラの画素数
コンデジの基本性能
コンデジのCCD性能
デジタルカメラの撮像素子
コンデジの光学的性能
コンパクトデジタルカメラ液晶モニタ
広角対応デジタルカメラ
防水コンパクトデジタルカメラ
防水コンパクトデジタルカメラの選び方
防水コンパクトデジタルカメラの使い方
無線LANコンパクトデジタルカメラ
タッチパネル・コンパクトデジタルカメラ
光学ズームの活用法
デジタルカメラの撮影機能
デジタルカメラの電源
デジタルカメラの撮影感度
花を撮るデジタルカメラ
風景を撮るデジタルカメラ
旅を楽しむデジタルカメラ
カメラアングル
カメラポジション
カメラアングルとポジション
動画撮影
動体予測
マクロ撮影
コンパクトデジタルカメラのホールド感
ぶれ防止
ピンぼけ防止
見た目の明るさ
記録媒体と転送方法
上下肢障害者のデジカメ撮影
可動式液晶ミラーレス一眼比較
可動式液晶ミラーレス一眼オリンパス
可動式液晶ミラーレス一眼パナソニック
可動式液晶ミラーレス一眼ソニー

♪♪♪♪♪♪♪♪♪
デジタルカメラ
コンパクトデジタルカメラ
コンパクトデジタルカメラ1200画素
コンパクトデジタルカメラ3〜4万円
コンパクトデジタルカメラキャノン
コンパクトデジタルカメラカシオ
コンパクトデジタルカメラ富士フィルム
コンパクトデジタルカメラニコン
コンパクトデジタルカメラオリンパス
コンパクトデジタルカメラパナソニック
コンパクトデジタルカメラリコー
コンパクトデジタルカメラソニー
コンパクトデジタルカメラ比較
おすすめ一番・高画質コンデジ
高倍率ズームコンパクトデジタルカメラ