ハンディのちから アフィリエイトコンパクトデジタルカメラの光学的性能では、開放F値・焦点距離・絞り・シャゥッタースピード・自動露出・ズーム機能・オートフォーカス機能などのコンパクトデジタルカメラの光学的性能をご紹介
ハンディのちからデジタルカメラ>コンパクトデジタルカメラの光学的性能

コンパクトデジタルカメラの光学的性能

ハンディのちから」では、障害者・シニア・高齢者などのハンディや間違いなくシニア・高齢者になるすべてのユーザーが思い出を楽しんだり、写真を通じ情報通信をして外部とのコミュニケーションが楽しむシーンを想定しております。そんなユーザーに開放F値と焦点距離絞りシャッタースピード自動露出ズーム機能オートフォーカス機能などのコンパクトデジタルカメラの光学的性能をご紹介しています。

開放F値と焦点距離

コンパクトデジタルカメラのレンズの光学的性能もフィルム方式のレンズの光学的性能と基本は同じです。絞りの開放F値と焦点距離を確認するといいでしょう。開放F値が小さな値ほど明るいレンズで、速いシャッタースピードが使えます。
2010年3月現在、「ハンディのちから」がご紹介しているオリンパス・カシオ・キャノン・ソニー・ニコン・パナソニック・リコー・富士写真フィルムの8社の116機種の広角開放F値は1.9~4.0となっています。2.0~2.6の明るいレンズを搭載したコンパクトデジタルカメラはパナソニック・リコー・カシオ・キャノン・ソニーに多い。116機種毎の広角開放F値情報はコンパクトデジタルカメラ広角開放F値比較をご覧ください。 116機種毎の望遠開放F値情報はコンパクトデジタルカメラ望遠開放F値比較をご覧ください。



焦点距離渡はレンズの中心からCCDまでの距離のことです。焦点距離で写る範囲が変わります。この数値が小さいほど写る範囲は広くなり、大きいほど写る範囲が狭くなります。光学3倍ズームのコンパクトデジタルカメラの場合の焦点距離は、2008年頃までは35mmカメラに換算して広角側が38mm前後、望遠側が115mm前後の機種が多いのです。最近、人気の広角コンパクトデジタルカメラでは、28mm以下を広角といい、35mm前後は準広角と言われています。


しかし、2010年3月現在、「ハンディのちから」がご紹介している116機種の広角焦点距離は24mm~41mmになっています。広角レンズといわれる広角側焦点距離が24mm〜28mmの機種は91機種(78%)あります。そして24mm~28mmの広角焦点距離コンパクトデジタルカメラには光学ズームが18倍・20倍・24倍・26倍・30倍の光学高倍率ズームを兼ね備えた機種がずらりと並んでいます。116機種毎の広角焦点距離情報はコンパクトデジタルカメラ広角焦点距離比較をご覧ください。

しかし、2010年3月現在、「ハンディのちから」がご紹介している116機種の望遠焦点距離は60mm~840mmになっています。今までの超望遠機種はオリンパスの光学ズームが26倍・望遠焦点距離が676mmのSP-590UZでしたが、2010年3月の新製品でオリンパスの光学ズームが30倍・望遠焦点距離が840mmのSP-800UZが発売されました。望遠レンズといわれる光学ズームが10倍以上で望遠側焦点距離が200mm以上の機種は39機種あります。そしてベスト8には光学ズームが20倍以上で望遠側焦点距離が520mm以上の機種機種がずらりと並んでいます。これらの機種を使うと、遥か彼方の被写体を掴みとれます。116機種毎の望遠焦点距離情報はコンパクトデジタルカメラ望遠焦点距離比較をご覧ください。

トップに戻る

絞りとシャッタースピード

デジタルカメラの原理は、被写体に反射した光の波長(色)や強弱をCCDに写し取ることです。カメラに入る光の量は、絞りとシャッタースピードで調整されます。

絞り

絞りはカメラ内部にある絞り羽根の開き具合のことで、f値(絞り値)という数値で表されます。開き具合が大きいほどf値は小さくなります。絞りを1段階上げると入ってくる光の量は2倍になります。また、このf値の最小値は「開放f値」といい、レンズ自体の明るさを表しています。f値が小さくなるほど、入ってくる光の量は多くなります。しかし、同時にピントの合う範囲(被写界深度)が狭くなります。デジタルカメラは被写界深度が深い。
つぎの絞りと被写界深度の関係を表します。

f値はFUJIFILM FinePix2600Zの値を使用しています
開放(f値=3.5) 絞りの中間値(f値=5.6) 最小絞り(f値=8.7)
被写体の明るさ 暗い 加減を考え調整する 非常に明るい
被写界深度 浅い 加減を考え調整する 深い
背景 ぼかしたい 鮮明
天候 曇天・夕方 晴天

トップに戻る

シャッタースピード

光がCCDに当たる時間を調整してくれるのがシャッタースピードです。シャッタースピードが速いほどCCDに当たる光の量は少なく、シャッタースピードが遅いほどCCDに当たる光の量は多くなります。シャッタースピードが遅いほどカメラを構えている時間が長くなりますので、手ぶれや被写体ぶれを起こし易くなります。


シャッタースピードが1/2倍になると(時間が半分になると) 光の量は半分になり、シャッタースピードが2倍になると(時間が倍になると)光の量は2倍になると言えます。たとえば、シャッタースピードが1秒の場合と シャッタースピードが0.5秒を較べると、1秒の方がO.5秒よりも2倍の時間フィルムやCCDに光を当てたことになります。この場合、光の量も2倍光が当たったことになります。シャッタースピードは、時間が倍だから光の量も倍と言う感覚です。


シャッタースピードは、ただ適正露出だけにあるのではなく、シャッタースピードは作画上重要な役割を持っています。シャッタースピードは、被写体の動きを制御するという働きもあります。
遅いシャッタースピードは動いている被写体の動きを表現できます。速いシャッタースピードは、動いている被写体のを止めて、瞬間を切り取ることもできます。

トップに戻る

自動露出モード

絞りとシャッタースピードはどちらも光の量を調整する機能です。この両方の値の組合せで決まる値を「露出量」と言います。自動露出方式にはつぎの3つがあります。

フルオートモード 絞り優先モード シャッタースピード優先
絞り カメラが決める 撮影者が決める カメラが決める
シャッタースピード カメラが決める カメラが決める 撮影者が決める
被写界深度 調整できる 深い
背景 ぼかせない 奥行き・ぼかし
写真の仕上り 普通 植物写真に向く 動きの速い被写体に向く

トップに戻る

ズーム機能

フィルム方式のカメラと違い、普通のコンパクトデジタルカメラではレンズ交換ができないため、ズーム機能付きのコンパクトデジタルカメラを選択するのが、光学的性能の面から考えると理想的です。コンパクトデジタルカメラのズーム機能には、光学ズームとデジタルズームがあります。光学ズームは、焦点距離を変化させることによって望遠と広角の調整を行います。コンパクトデジタルカメラのズーム機能は遠くの被写体を大きく写すことだけではないので、ズーム機能活用法をご覧ください。デジタルズームは撮影した画像を補間処理を行いながら拡大します。光学ズームの方がデジタルズームより、画質は良くなります。画像のシャープさを求めるならデジタルズームは使わない方が良い。最近のコンパクトデジタルカメラは光学ズームとデジタルズームの両方を備えた機種がほとんどです。
現在販売されているコンパクトデジタルカメラの光学ズームは30.0~2.5倍になっています。今までの最高光学ズームは26.0倍でしたが、2010年3月および4月の新製品で30.0倍(FinePix HS10・SP-800UZ)に更新されました。10倍超が39機種(23%)もあり、そのうち、33機種は広角側焦点距離が25mm~28mmの広角レンズです。この光学高倍率ズームデジタルカメラを使うと遥か彼方の被写体も掴みとれます。光学高倍率ズームデジタルカメラといえば、おおむね10倍以上のズーム比を持つコンパクトモデルのことを言います。通常の焦点距離は広角端が35mm相当なら、望遠端が350mm相当以上の画角になっています。
116機種毎の光学ズーム情報はコンパクトデジタルカメラ光学ズーム比較をご覧ください。

トップに戻る

オートフォーカス機能

オートフォーカス機能は、主に赤外線の反射を利用して被写体までの距離を測定し、これに合わせてレンズの位置をスライドさせることで、画面中央にある目的の被写体にピントを合わせます。画面中央にない被写体に焦点を合わせるときには、シャッターボタンを半押しして目的の被写体にピントを合わせ、画面中央に構図を戻しシャッターボタンを押し切ります。
フォーカスエリアコンパクトデジタルカメラとは「オート」モードで多点のフォーカスエリアが撮影画面を幅広くカバーし、さまざまな構図や場面で、より高速なオートフォーカスを実現できるコンパクトデジタルカメラのことです。

最終更新日:2010年07月08日

トップに戻る

デジタルカメラ
デジタルカメラ価格
コンパクトデジタルカメラ
デジタル一眼レフカメラ
ミラーレス一眼カメラ
コンデジの選び方
デジタルカメラの画素数
コンデジの基本性能
コンデジのCCD性能
デジタルカメラの撮像素子
コンデジの光学的性能
コンパクトデジタルカメラ液晶モニタ
広角対応デジタルカメラ
防水コンパクトデジタルカメラ
防水コンパクトデジタルカメラの選び方
防水コンパクトデジタルカメラの使い方
無線LANコンパクトデジタルカメラ
タッチパネル・コンパクトデジタルカメラ
光学ズームの活用法
デジタルカメラの撮影機能
デジタルカメラの電源
デジタルカメラの撮影感度
花を撮るデジタルカメラ
風景を撮るデジタルカメラ
旅を楽しむデジタルカメラ
カメラアングル
カメラポジション
カメラアングルとポジション
動画撮影
動体予測
マクロ撮影
コンパクトデジタルカメラのホールド感
ぶれ防止
ピンぼけ防止
見た目の明るさ
記録媒体と転送方法
上下肢障害者のデジカメ撮影
可動式液晶ミラーレス一眼比較
可動式液晶ミラーレス一眼オリンパス
可動式液晶ミラーレス一眼パナソニック
可動式液晶ミラーレス一眼ソニー

♪♪♪♪♪♪♪♪♪
デジタルカメラ
コンパクトデジタルカメラ
コンパクトデジタルカメラ1200画素
コンパクトデジタルカメラ3〜4万円
コンパクトデジタルカメラキャノン
コンパクトデジタルカメラカシオ
コンパクトデジタルカメラ富士フィルム
コンパクトデジタルカメラニコン
コンパクトデジタルカメラオリンパス
コンパクトデジタルカメラパナソニック
コンパクトデジタルカメラリコー
コンパクトデジタルカメラソニー
コンパクトデジタルカメラ比較
おすすめ一番・高画質コンデジ
高倍率ズームコンパクトデジタルカメラ