ハンディのちから アフィリエイトデジタル一眼レフ交換レンズでは、必要なデジタル一眼レフ交換レンズ情報をご紹介。良い標準レンズと広角レンズ・望遠レンズの3本を持つのが一般的で、接写撮影を楽しみたい場合にはマクロレンズがあると良い
ハンディのちからデジタルカメラデジタル一眼レフカメラ>デジタル一眼レフ交換レンズ

デジタル一眼レフ交換レンズ

ハンディのちから」の「デジタル一眼レフ交換レンズ」では、必要なデジタル一眼レフ交換レンズ情報をご紹介しています。良い標準レンズと広角レンズ・望遠レンズの3本を持つのが一般的で、接写撮影を楽しみたい場合にはマクロレンズがあると良いでしょう。経済的な選択肢としては、50mmの単焦点レンズか、ズームレンズ1本から始めると良いでしょう。

デジタル一眼レフカメラの特徴はレンズ交換

デジタル一眼レフカメラの商品にはボディだけの商品とレンズキット商品があります。ボディだけの商品を買っただけでは写真撮影はできません。同時に、少なくとも交換レンズを1本買う必要があります。
交換レンズはたくさんあります。キャノンのホームページだけでも12種類65商品あります。価格も12,000円~1,290,000円と多岐に渡っています。最初はどんな交換レンズを買ったらよいのか迷います。
一般的には良い標準レンズと広角レンズ・望遠レンズの3本を持てば十分です。接写撮影を楽しみたい場合にはマクロレンズがあると良いでしょう。3本も買えない場合、50mmの単焦点レンズ1本から始めるか、ズームレンズで始める方法もあります。

デジタル一眼レフ交換レンズの選び方

デジタル一眼レフ交換レンズのマウント・焦点距離・F値・レンズ構成・最小撮影距離・最大撮影倍率・重量などの使用が、デジタル一眼レフカメラの使用や撮影シーンに合うデジタル一眼レフ交換レンズを選ぶことが基本です。

デジタル一眼レフ交換レンズをメーカーで選ぶ

交換レンズは基本的にはカメラのメーカーと同じものしか使えません。

デジタル一眼レフ交換レンズのメーカーはデジタル一眼レフカメラメーカーとレンズ専業メーカーに分けられます。オリンパス・キャノン・ソニー・ニコン・ペンタックスなどはデジタル一眼レフカメラメーカーで、自社のデジタル一眼レフカメラに合うマウントのデジタル一眼レフ交換レンズを製作しています。シグマやタムロンなどはレンズ専業メーカーで、キャノン⇒EFマウント、ニコン⇒Fマウント、ソニー&コニカミノルタ⇒αマウント、ペンタックス⇒Kマウント、オリンパス&パナソニック⇒フォーサーズマウントに合うデジタル一眼レフ交換レンズ(デジタル一眼レフ交換レンズマウント比較をご覧ください)を製作しています。

「デジタル一眼レフ交換レンズのメーカーにはオリンパス・キャノン・シグマ・ソニー・ニコン・タムロン・ペンタックスなどがあります。オリンパス・キャノン・ソニー・ニコン・ペンタックスは、デジタル一眼レフカメラとデジタル一眼レフ交換レンズの両方を製造しています。シグマ・タムロンなどは、デジタル一眼レフ交換レンズのみ製造しているレンズ専業メーカーです。

デジタル一眼レフ交換レンズは基本的にはカメラのメーカーと同じものしか使えません。キヤノンのカメラを使っているならキヤノンのレンズ、ニコンのカメラを使っているならニコンのレンズを使うのが基本です。また、シグマやタムロンといったレンズ専業メーカーは同じレンズをキヤノン用、ニコン用、ペンタックス用等、マウントを分けて出しています。自分のマウントにあったレンズを使うことができます。

デジタル一眼レフ交換レンズを焦点距離で選ぶ

デジタル一眼レフ交換レンズには超広角・広角・標準・中望遠・望遠・超望遠の6種類があり、デジタル一眼レフ交換レンズの選びの1つは焦点距離です。一般的な35mm判レンズの場合、24mm以下を超広角・35mm位を広角・50mm位を標準・85mm~100mm位を中望遠・135mm~200mm望遠・200mm以上を超望遠レンズと呼んでいます。

風景やポートレートの他にも幅広い用途に対応できる初めの1本には標準ズームレンズが最適です。
遠くの被写体や近寄れない遠くの被写体を引き寄せて大きく撮影・被写体を画面いっぱいに切り取って迫力ある写真・ボケを活かした写真には望遠ズームレンズが最適です。
奥行き感・立体感のある写真・遠近感のある写真には広角ズームレンズが最適です。
小さな被写体に接近して画面いっぱいに大きく撮るならマクロレンズがおすすめです。被写体周りの背景を写し込みたいなら標準マクロレンズ、被写体に近づくことが難しいのなら望遠マクロレンズや中望遠マクロレンズを使います。

デジタル一眼レフカメラ交換レンズ

軽量・小型デジタル一眼レフカメラステムにはボディだけの商品とレンズキット商品があります。ボディだけの商品を買っただけでは写真撮影はできません。同時に、少なくとも交換レンズを1本買う必要があります。
軽量・小型デジタル一眼レフカメラステムの交換レンズはたくさんあります。キャノンのホームページだけでも12種類65商品あります。最初はどんな交換レンズを買ったらよいのか迷います。
一般的には良い標準レンズと広角レンズ・望遠レンズの3本を持てば十分です。接写撮影を楽しみたい場合にはマクロレンズがあると良いでしょう。3本も買えない場合、50mmの単焦点レンズ1本から始めるか、ズームレンズで始める方法もあります。
軽量・小型デジタル一眼レフカメラステムのデジタル一眼レフカメラ交換レンズには、それぞれ得意とする被写体があります。被写体とメーカー(キャノンとニコン)毎に最適なデジタル一眼レフカメラ交換レンズをご案内しています。

軽量小型の花昆虫撮影向きキャノンレンズ 軽量小型の風景撮影向きキャノンレンズ
600g以下、ボディとセットで1200g以下の軽量小型で、10mmから100mm程度の焦点距離の超広角レンズ・広角レンズ・標準レンズ・標準マクロレンズ・中望遠マクロ交換レンズがあればよいですが、望遠マクロレンズや望遠レンズの特徴を活かした表現をすれば、迫力ある花・昆虫写真を撮ることもできます。
大型で重いレンズは花・昆虫撮影向きキャノン交換レンズをご覧ください。
600g以下、ボディとセットで1200g以下の軽量小型で、24mmから135mm程度の焦点距離の交換レンズがあればよいですが、超広角レンズや超望遠レンズの特徴を活かした表現をすれば、迫力ある写真を撮ることもできます。
大型で重いレンズは風景撮影向きキャノン交換レンズをご覧ください。
軽量小型のポートレート向きキャノンレンズ 軽量小型のスポーツ撮影向きキャノンレンズ
600g以下、ボディとセットで1200g以下の軽量小型で、女性の柔らかさや男性の力強さが表現できる50mmから135mm程度の焦点距離の交換レンズがあればよいですが、広角レンズ、標準レンズ、望遠レンズの特性を活かして、表現力がある写真を撮ることもできます。
大型で重いレンズはポートレート向きキャノン交換レンズをご覧ください。
600g以下、ボディとセットで1200g以下の軽量小型で、焦点距離が300mm〜500mmの単焦点レンズ・70mmから300mmの望遠ズームレンズ、光量の足りない場所でも手持ち撮影ができる手ブレ補正機構/ISユニット搭載レンズ、素早く被写体にフォーカスできる、超音波モーター(USM)搭載レンズを最安値でご紹介しています。
大型で重いレンズはスポーツ撮影向きキャノン交換レンズをご覧ください。
軽量小型の夜景撮影向きキャノンレンズ 軽量小型の花昆虫撮影向きニコンレンズ
600g以下、ボディとセットで1200g以下の軽量小型で、高解像度レンズ・手持ち撮影ができる手ブレ補正・超音波モーター(USM)搭載のデジタル一眼レフ交換レンズを使えば、幻想的な表現をする夜景・夕景写真を撮ることもできます。
大型で重いレンズは夜景撮影向きキャノン交換レンズをご覧ください。
600g以下、ボディとセットで1200g以下の軽量小型で、10mmから100mm程度の焦点距離の超広角マクロレンズ・広角レンズ・標準レンズ・中望遠マクロレンズがあればよいですが、望遠マクロレンズや望遠レンズの特徴を活かした表現をすれば、迫力ある花・昆写真を撮ることもできます。
大型で重いレンズは花・昆虫撮影向きニコン交換レンズをご覧ください。
軽量小型の風景撮影向きニコンレンズ 軽量小型のポートレート向きニコンレンズ
600g以下、ボディとセットで1200g以下の軽量小型で、24mmから85mm程度の焦点距離の広い室内や大きな建造物の外観、広大な風景も余さず写し取れる広角レンズ・被写体を自然に捉える風景撮影に最適な標準レンズ・被写界深度以上のボケを活かした、幻想的な描写も可能な建築物等の撮影に最適な中望遠交換レンズがあればよいです。
大型で重いレンズは風景撮影向きニコン交換レンズをご覧ください。

600g以下、ボディとセットで1200g以下の軽量小型で、60mmから105mm程度の焦点距離の交換レンズがあればよいですが、広角レンズ、望遠レンズの特性を活かして、表現力がある写真を撮ることもできます。バックをボカして人物を浮かびあがらせるポートレート写真には適度な立体感が得られる中望遠レンズが最適とも言われています。
大型で重いレンズはポートレート向きニコン交換レンズをご覧ください。

軽量小型のスポーツ撮影向きニコンレンズ 軽量小型の夜景撮影向きニコンレンズ
600g以下、ボディとセットで1200g以下の軽量小型で、優れた描写性能を実現したEDレンズ搭載した焦点距離が200mmの単焦点レンズ・70mmから300mmの望遠ズームレンズに、さらに光量の足りない場所でも手持ち撮影ができるVRレンズを最安値でご紹介しています。
大型で重いレンズはスポーツ撮影向きニコン交換レンズをご覧ください。
600g以下、ボディとセットで1200g以下の軽量小型で、高解像度EDレンズ・手持ち撮影ができる手ブレ補正機能を持ったVRレンズ・超音波モーター(USM)搭載のデジタル一眼レフ交換レンズを使えば、幻想的な表現をする夜景・夕景写真を撮ることもできます。
大型で重いレンズは夜景撮影向きニコン交換レンズをご覧ください。

トップに戻る

デジタル一眼レフ交換レンズ

デジタル一眼レフ交換レンズ
デジタル一眼レフ交換レンズ基本性能
デジタル一眼レフ交換レンズの種類
パンケーキレンズ
デジタル一眼レフ交換レンズのシーン別選び方
ニコン一眼レフ交換レンズ
デジタル一眼レフ交換レンズ比較
デジタル一眼レフ交換レンズ画角比較
デジタル一眼レフ交換レンズ開放F値比較
デジタル一眼レフ交換レンズ最短撮影距離比較
デジタル一眼レフ交換レンズ重さ・長さ比較

デジイチ用バッグ SサイズZSB-SDG002BK
デジイチ用バッグ MサイズZSB-SDG008BK

デジタル一眼レフカメラ
デジタル一眼レフカメラ・アフィリエイト
デジタル一眼レフ交換レンズ
デジタル一眼レフカメラの選び方
デジタル一眼レフカメラ比較
ミラーレス一眼交換レンズ比較