ハンディのちから アフィリエイトデジタル一眼レフ交換レンズでは、デジタル一眼レフ交換レンズのタイプ・デジタル一眼レフ交換レンズのスペック・デジタル一眼レフ交換レンズの焦点距離とF値・デジタル一眼レフ交換レンズの近接能力情報をご紹介
ハンディのちからデジタルカメラデジタル一眼レフカメラ>デジタル一眼レフ交換レンズ

デジタル一眼レフ交換レンズ

ハンディのちから」の「デジタル一眼レフ交換レンズ」では、デジタル一眼レフ交換レンズのタイプ・デジタル一眼レフ交換レンズのスペック・デジタル一眼レフ交換レンズの焦点距離とF値・デジタル一眼レフ交換レンズの近接能力などのデジタル一眼レフ交換レンズをご紹介しています。

デジタル一眼レフ交換レンズのタイプ

デジタル一眼レフカメラの画素数よりも解像度の高いレンズにお金をかける選択肢があります。解像度の高いレンズは一眼レフデジタルカメラの性能をフルに引き出してくれます。

デジタル一眼レフ交換レンズには単焦点レンズ・標準ズームレンズ・望遠ズームレンズ・広角ズームレンズ・マクロレンズがあります。詳しくはデジタル一眼レフ交換レンズをご覧ください。
人間の見る画角は通常で50mmと言われ、この50mmが標準レンズと言われています。50mmより短い焦点距離のレンズを広角レンズ、50mmより長い焦点距離レンズを望遠レンズと言います。
せっかく買ったデジタル一眼レフカメラですから被写体によってレンズも交換してみましょう。 一般に広く写したい風景や建築物などから離れられないときは広角レンズで撮影し、通常の人物や置物などは標準レンズ、遠くを大きく撮影する場合には望遠レンズを使用します。

デジタル一眼レフ交換レンズのスペック

デジタル一眼レフ交換レンズのマウント・焦点距離・F値・レンズ構成・最小撮影距離・最大撮影倍率・重量などの使用が、デジタル一眼レフカメラのスペック(特に焦点距離とF値:詳しくはデジタル一眼レフ交換レンズ基本性能をご覧ください。)と風景・人物・花や昆虫など・スポーツの迫力・夜景や夕景などの撮影シーンに合うデジタル一眼レフ交換レンズを選ぶことが基本です。

楽しみを想像するレンズ交換の数

デジタル一眼レフカメラの最大の楽しみはレンズ交換と言われ、着けるレンズによって驚くほど写真は変わります。
楽しみを想像するレンズ交換の数は、キャノン・ソニー・ニコン・ペンタックス が圧倒的に多く、オリンパス・富士フィルムは少ないのが現状です。ニコンは FXフォーマット(35mmフルサイズ)用交換レンズが充実しており、特に単焦点レンズのラインアップはずば抜けています。
このレンズの楽しみは、最近の規格であるミラーレス一眼ではちょっと少なくなり、コンパクトデジタルカメラでは難しいです。
思い出を記録するには、コンパクトデジタルカメラで十分ですが、自分の大切な思い出や楽しみを後で見返して楽しむ作品を作り、家族や周囲の人々に見せるためには、コンパクトデジタルカメラではちょっと物足りないんです。
一枚一枚大切に、楽しみながら撮った写真が、あなたの「作品」になります。

  DXズーム DX単焦点 FXズーム FX単焦点 マクロレンズ 合計
キャノン
27
26
DXに含む DXに含む
6
59
ニコン
12
1
17
32
DX:3/FX:9
74
ソニー
21
17
DXに含む
DXに含む
3
41
ペンタックス
14
18
5
12
DX:2/FX:1
52
富士フィルム
2
3
-
-
1
6
オリンパス
13
4
-
-
2
19

デジタル一眼レフ交換レンズの焦点距離とF値

家族や風景を多く撮影するなら広角から標準までのズームレンズです。後々買い換えなくて良いようにF2.8ぐらいで、CMOS35mmフルサイズの場合は28mm-75mmぐらいが良いでしょう。1.6倍に写るAPS-C機種の場合には約17mm-45mmぐらいのズームレンズが良いでしょう。

デジタル一眼レフ交換レンズの価格は焦点距離とF値でおおよそ価格が決まってきます。手ぶれ補正がついていればさらに価格も高くなります。F値も明るいズームレンズは高価ですが高画質の描写ができます。
単焦点レンズはF値が明るいわりに価格が安く、広角から標準までの単焦点レンズは軽くて小さく持ち運びが楽ですので持っておきたいレンズです。単焦点レンズを使う場合は、被写体に対して撮影者前にいったり後にさがったりする動きが必要になります。

近接能力

焦点距離、明るさ(F値)と共に注意すべきは最小撮影距離性能(近接能力)です。
ほとんどのレンズは無限遠にピントを合わせることが出来ても、最小撮影距離には限界があります。一般的にズームレンズの方が単焦点レンズよりも短い最小撮影距離のレンズを造る事が難しいと言われます。最小撮影距離性能(近接能力)が低いレンズではアップでの撮影範囲の制限が大きいため、主題にしたい被写体を大きく写すことが出来ません。
近接能力を見るうえで最短撮影距離ともうひとつ頭にいれておきたいのが、最大撮影倍率です。最大撮影倍率とは撮像素子やフィルム面上に写された像の大きさと、被写体の実際の大きさの比率が最も大きくなる時の倍率をいいます。この数値が大きいほど被写体を大きく写すことが出来ます。単焦点レンズの場合は単純に最短撮影距離と最大撮影倍率で比較すればよいのですが、ズームレンズの場合は焦点距離によって最短撮影距離が変動するものがあるので注意が必要です。

トップに戻る

初心者のデジタル一眼レフカメラ入門
生涯に1台のハイアマチュアデジタル一眼レフカメラ

デジタル一眼レフカメラ性能
デジタル一眼レフカメラAF性能
デジタル一眼レフカメラファインダー
デジタル一眼レフカメラ画素数
デジタル一眼レフカメラ操作性
デジタル一眼レフ交換レンズ
デジタル一眼レフカメラライブビュー撮影
デジタル一眼レフカメラマニュアル撮影
デジタル一眼レフカメラ液晶モニタ
デジタル一眼レフカメラ連続撮影性能
デジタル一眼レフカメラ手ぶれ
デジタル一眼レフカメラの重さ

露出モードと測光モード
絞り優先
シャッター速度優先

デジタル一眼レフカメラ・アフィリエイト
デジタル一眼レフ交換レンズ
デジタル一眼レフカメラの選び方
デジタル一眼レフカメラ比較
ミラーレス一眼カメラ