ハンディのちから アフィリエイトデジタル一眼レフカメラマニュアル撮影では、中級者以上向きのマニュアル撮影は初心者には難しいと言わ、実際マニュアルで撮影されているユーザーはプロやハイアマチュアの方などが多いが、初心者でも挑戦すべきマニュアル撮影を紹介
ハンディのちからデジタルカメラデジタル一眼レフカメラ>デジタル一眼レフカメラマニュアル撮影

デジタル一眼レフカメラマニュアル撮影

ハンディのちから」の「デジタル一眼レフカメラマニュアル撮影」では、中級から上級者向きのモードのマニュアル撮影は初心者には難しいと言われており、実際マニュアルで撮影されているユーザーはプロやハイアマチュアの方などが多いと言われていますが、管理人は初心者でもマニュアル撮影に挑戦すべきと思っているデジタル一眼レフカメラマニュアル撮影をご紹介しています。

初心者でも挑戦すべきマニュアル撮影

デジイチマニュアル撮影モードデジタル一眼レフカメラとレンズの設定を変えると、撮影者がレンズのフォーカスリングを回すことで、手動でピントを合わせることもできます。これをマニュアルフォーカス撮影と呼びます。マニュアル撮影モードは、自動露出機能を使わずに、絞りやシャッター速度を任意の数値に設定して撮影ができます。

マニュアル撮影はすべての設定を撮影者が自分でするということになりますので、中級から上級者向きのモードです。マニュアル撮影は初心者には難しいと言われており、実際マニュアルで撮影されているユーザーはプロやハイアマチュアの方などが多いと言われています。
しかし、管理人は初心者でもマニュアル撮影に挑戦すべきと思っています。

マニュアル撮影の方が楽

マニュアル撮影とはシャッター速度と絞りを撮影者の意思によって決め撮影することです。シャッター速度を決めると適正な露出になるよう自動的に絞り値がはじき出されるシャッター速度優先や、絞り値を決めると適正な露出になるよう自動的にシャッター速度がはじき出される絞り優先とは違い一度決めた値は光の強さが変わっても変わることはありません。
絞り優先では雲などが太陽にかかり、被写体の明るさが変わるとそれに合わせてシャッター速度も自動的に変わりますがマニュアル撮影はシャッター速度の値も絞りの値も手動で決めるのでどのように光の強さが変わったとしてもそれぞれの値が変わることがないのです。

しかし、マニュアル撮影だと同じように望遠レンズで測光してそれぞれの値を出した後、広角レンズに変えても絞り値もシャッター速度も変わることはないのです。だからそのままシャッターを切ればいいのです。そのような使い方をするときはマニュアル撮影の方が楽ということです。

最終更新日:2017年08月

トップに戻る

初心者のデジタル一眼レフカメラ入門
生涯に1台のハイアマチュアデジタル一眼レフカメラ

デジタル一眼レフカメラ性能
デジタル一眼レフカメラAF性能
デジタル一眼レフカメラファインダー
デジタル一眼レフカメラ画素数
デジタル一眼レフカメラ操作性
デジタル一眼レフ交換レンズ
デジタル一眼レフカメラライブビュー撮影
デジタル一眼レフカメラマニュアル撮影
デジタル一眼レフカメラ液晶モニタ
デジタル一眼レフカメラ連続撮影性能
デジタル一眼レフカメラ手ぶれ
デジタル一眼レフカメラの重さ

露出モードと測光モード
絞り優先
シャッター速度優先

デジタル一眼レフカメラ・アフィリエイト
デジタル一眼レフ交換レンズ
デジタル一眼レフカメラの選び方
デジタル一眼レフカメラ比較
ミラーレス一眼カメラ