ハンディのちから アフィリエイトデジタル一眼レフカメラ手ぶれ防止機能では、ニコン・富士フィルム・キャノン・パナソニックが採用している光学式手ぶれ補正方式、ソニー・ペンタックス・オリンパスが採用しているイメージセンサシフト式手ぶれ補正方式を紹介
ハンディのちからデジタルカメラデジタル一眼レフカメラ>デジタル一眼レフカメラ手ぶれ防止機能

デジタル一眼レフカメラ手ぶれ防止機能

ハンディのちから」の「デジタル一眼レフカメラ手ぶれ防止機能」では、ニコン・富士フィルム・キャノン・パナソニックが採用している光学式手ぶれ補正方式、ソニー・ペンタックス・オリンパスが採用しているデジタル一眼レフカメラ手ぶれ防止機能をご紹介しています。

デジタル一眼レフカメラ手ぶれ防止機能

デジタル一眼レフカメラの手ぶれ補正は大きく分けて2つあります。

1つはニコン・富士フィルム・キャノン・パナソニックが採用している光学式手ぶれ補正で、もう1つはソニー・ペンタックス・オリンパス(E-510以降)が採用しているイメージセンサシフト式手ぶれ補正があります。

ニコン・富士フィルム・キャノン・パナソニックはカメラボディ内に手ぶれ補正を装備していません。 そのため手ぶれ補正を使うには、手ぶれ補正内蔵のレンズを取り付ける必要があります。
逆にソニーのαシリーズ、ペンタックスのKシリーズ、オリンパスのEシリーズ(E-510以降)はボディ内に手ぶれ補正を内蔵しています。

光学式手ぶれ補正(レンズ内手ぶれ補正)

デジイチ光学式手ぶれ補正光学式手ぶれ補正(レンズ内手ぶれ補正)は手ぶれ補正機構を内蔵したレンズで無いと手ぶれ補正が有効になりません、それと手ぶれ補正機構を内蔵していると若干割高です。しかし、ファインダー像が安定する為、超望遠などのぶれ易いレンズではフレーミングやAFが安定します。

各社ごとに名称が違いますが、レンズ内手ぶれ補正機構の名称は以下の通りです。

イメージセンサシフト式手ぶれ補正

デジイチイメージセンサーシフト方式イメージセンサシフト式手ぶれ補正はカメラボディ内に内蔵したジャイロでぶれを感知しイメージセンサを動かして正確に受光し、ぶれを補正します。
メリットはどのレンズでも手ぶれ補正が有効になること(焦点距離を入力すれば非CPUレンズでも有効になる機種もあります)また、イメージセンサを動かす事でゴミを振るい落とす事も可能です。


手ぶれ補正機構は防止でなく、補正

手ぶれ補正機構がついているからといって確実に手ぶれしないで撮影できるとは限りません。
シャッタースピード3段分の補正効果があるからと言っても、それ以上シャッタースピードが遅い場合やしっかり構えてない場合はやっぱり手ぶれします。

最終更新日:2013年04月24日

トップに戻る

初心者のデジタル一眼レフカメラ入門
生涯に1台のハイアマチュアデジタル一眼レフカメラ

デジタル一眼レフカメラ性能
デジタル一眼レフカメラAF性能
デジタル一眼レフカメラファインダー
デジタル一眼レフカメラ画素数
デジタル一眼レフカメラ操作性
デジタル一眼レフ交換レンズ
デジタル一眼レフカメラライブビュー撮影
デジタル一眼レフカメラマニュアル撮影
デジタル一眼レフカメラ液晶モニタ
デジタル一眼レフカメラ連続撮影性能
デジタル一眼レフカメラ手ぶれ
デジタル一眼レフカメラの重さ

露出モードと測光モード
絞り優先
シャッター速度優先

デジタル一眼レフカメラ・アフィリエイト
デジタル一眼レフ交換レンズ
デジタル一眼レフカメラの選び方
デジタル一眼レフカメラ比較
ミラーレス一眼カメラ