ハンディのちから デジタル一眼レフカメラ撮像素子比較では、35mmフルサイズ・APS-Cサイズ・フォーサーズがあり、撮像素子=イメージセンサは大きければ大きいほど画質がよくなる、デジタル一眼レフカメラ撮像素子=イメージセンサの比較情報を提供アフィリエイト
ハンディのちからデジタルカメラデジタル一眼レフカメラ>デジタル一眼レフカメラ撮像素子比較

デジタル一眼レフカメラ撮像素子比較

ハンディのちから」の「デジタル一眼レフカメラファインダー撮像素子比較」では、撮像素子=イメージセンサは大きければ大きいほど画質がよくなる、デジタル一眼レフカメラ撮像素子=イメージセンサの比較情報を提供しています。デジタル一眼レフカメラ撮像素子=イメージセンサは、35mmフルサイズ・APS-Cサイズ・フォーサーズがあります。

最終更新日現在、キャノン・ソニー・ニコン・ペンタックスの4社のデジタル一眼レフカメラ41機種100タイプをご紹介しています。

35mmフルサイズイメージセンサがもっともいい画質

デジタルカメラの画質というものは、原則として3つの要素から成り立っています。イメージセンサ、画像エンジン、レンズの3つです。
このうち、画像エンジンの性能は同世代のものであれば大きく変わることはありません。同世代の機種であれば無視してしまってもいいです。ここでは主として撮像素子=イメージセンサについてお話するとしましょう。

原則として、CCD、CMOSといった撮像素子=イメージセンサは大きければ大きいほど、画質がよくなります。
現在、一般的に入手できるデジタルカメラの中で最大のイメージセンサは、35mmフルサイズと呼ばれる35mmフイルムとほぼ同じ大きさのものとなります。この35mmフルサイズイメージセンサを搭載したものが、もっともいい画質のデジタルカメラであると言えます。

現在、フルサイズイメージセンサを搭載したハイアマチュア向けのデジタル一眼レフはEOS 6D、EOS 5D MarkIII、EOS 5D MarkIV、EOS 1DX、EOS 5Ds、EOS 5DsR、EOS 1DX MarkII、α99 II、D610、D750、D810、D810A、Df、D4S、D5、K-1、645Z(中判サイズ)と17機種あるが、どれもがボディだけで16〜55万円の価格帯です。この価格はイメージセンサの巨大さと関係しています。

これまで「デジタル用」として販売されてきたAPS-Cサイズに特化したレンズは、フルサイズイメージセンサを搭載したデジタル一眼カメラでは使うことができません。現状ではフルサイズデジタル一眼カメラは、かなりの予算を投入する必要があります。

ご紹介中のデジタル一眼レフカメラ101タイプ

ご紹介中のデジタル一眼レフカメラ4社44機種101タイプ(ボディ:44機種、レンズキット:46機種、ダブルレンズキット:11機種)はつぎのとおりです。

  エントリー機 中級機 ハイアマチュア向け プロ向け
キャノン

EOS Kiss X7(APS)
EOS Kiss X7i(APS)
EOS Kiss X8i(APS)
EOS Kiss X9i(APS)
EOS Kiss X70(APS)
EOS Kiss X80(APS)

EOS 7D(APS)
EOS 70D(APS)
EOS 80D(APS)
EOS 8000D(APS)
EOS 9000D(APS)
EOS 6D(フル)
EOS 5D Mark III(フル)
EOS 5D Mark IV(フル)
EOS 7D Mark II(APS)
EOS 1DX(フル)
EOS 1DX Mark II(フル)
EOS 5Ds(フル)
EOS 5DsR(フル)
ニコン D3300(APS)
D3400(APS)
D5200(APS)
D5300(APS)
D5500(APS)
D5600(APS)
D7000(APS)
D7100(APS)
D7200(APS)
D7500(APS)
D500(APS)
D610(フル)
D750(フル)
D810(フル)
D810A(フル)
Df(フル)
D5(フル)
D4S(フル)
ソニー 該当なし
α77 II(APS) α99(APS) α99 II(フル)
ペンタックス 該当なし K-70(APS) K-s2(APS) ・K-1(フル)
K-3II(APS) ・K-P(APS)
645Z(中判)
価格帯:万円 ボデイ:4-8
レンズキット:4-11
ダブルズーム:4-10
ボデイ:5-12
レンズキット:6-19
ダブルズーム:7-7
ボデイ:7-30
レンズキット:11-36
ダブルズーム:23-23
ボデイ:54-59
レンズキットなし
ダブルズーム:なし

簡単に良い写真が撮りたいのならば中級機以上

高画質に大切なのは画素数よりもセンサー(撮像素子)です。「大きなセンサー(撮像素子)がついていること」が大切です。これぞデジタル一眼レフカメラの醍醐味という解像度と背景ボケのある写真は、センサーが大きくないと撮れません。

ご紹介中のデジタル一眼レフカメラ46機種101タイプの センサー(撮像素子)は、35mmフルサイズが27タイプ、APS-Cサイズが73タイプ、中判サイズが1タイプあります。APS-Cサイズはエントリーモデルや中級機、35mmフルサイズモデルがハイアマチュアモデルやプロ向きモデルです。

詳しくは「撮像素子・デジタル一眼レフカメラ」を御覧ください。

エントリー機と中級機で画素数が同じで同じセンサー(撮像素子)を使っていることも多いです。例えば、キャノンのエントリー機と中級機で違いを見てみましょう。


現在販売されている機種別デジタル一眼レフカメラのスペックと価格は
デジタル一眼レフカメラ購入比較』をご覧ください。

画素数は1800〜2420万画素、APS-Cセンサー(撮像素子)と、画素数とセンサー(撮像素子)は全く同じです。つまり、同じ画素数とセンサー(撮像素子)のデジタル一眼レフカメラに同じレンズをつけて撮影すれば、ほぼ同じ写真が撮れます。

この比較を見ると、確かにエントリー機(製造欄がキ1)のコストパフォーマンスは確かにいいですが、今は初心者ですが、一年もすれば初心者でなくなるユーザーには、使いやすさも考慮して中級機(製造欄がキ2)以上をおすすめします。
その理由はつぎのとおりです。

最終更新日:2017年06月

トップに戻る

デジタル一眼レフカメラ購入比較
デジタル一眼レフカメラファインダー倍率比較
デジタル一眼レフカメラファインダー視野率比較
デジタル一眼レフカメラ画素数比較
デジタル一眼レフカメラ撮影感度比較
デジタル一眼レフカメラ買い方比較
デジタル一眼レフカメラ液晶モニタ比較
デジタル一眼レフカメラ液晶モニタ画素数比較
デジタル一眼レフカメラ価格比較
デジタル一眼レフカメラ値下り率比較
デジタル一眼レフカメラ連続撮影比較
デジタル一眼レフカメラ撮像素子
デジタル一眼レフカメラシャッター速度比較
デジタル一眼レフカメラ重量比較

デジタル一眼レフカメラボディの選び方
デジタル一眼レフカメラレンズキットの選び方
デジタル一眼レフカメラダブルレンズキットの選び方

デジタル一眼レフカメラ
デジタル一眼レフカメラ・アフィリエイト
デジタル一眼レフ交換レンズ
デジタル一眼レフカメラの選び方
デジタル一眼レフカメラ比較