ハンディのちから ミラーレス一眼かデジイチかは、ミラーレス一眼カメラのメーカーと特徴・2014年モデル発売時のラインアップ・ミラーレス一眼カメラの販売形態・ミラーレス一眼カメラの販売価格などの情報を提供
ハンディのちからデジタルカメラ>ミラーレス一眼かデジイチか

ミラーレス一眼カメラ
ミラーレス一眼かデジイチか
買いたいミラーレス一眼条件
ミラーレス一眼カメラ記録画質
ミラーレス一眼カメラ撮影モード
ミラーレス一眼カメラオート系モード
ミラーレス一眼カメラフィルター機能
ミラーレス一眼カメラフィルター機能と作風
ミラーレス一眼カメラ用交換レンズ
ミラーレス一眼とレンズの相関

ミラーレス一眼カメラボディ
ミラーレス一眼カメラレンズキット
ミラーレス一眼カメラケーキレンズキット
ミラーレス一眼カメラダブルズームレンズキット

ミラーレス一眼カメラ2016年新製品購入
ミラーレス一眼カメラ2015年新製品購入
ミラーレス一眼カメラ2014年新製品購入
ミラーレス一眼カメラ2013年新製品購入
ミラーレス一眼カメラ2012年新製品購入
ニコン・レンズ交換式デジタルカメラの購入
オリンパス・ミラーレス一眼カメラの購入
パナソニック・ミラーレス一眼カメラの購入
ソニー・デジタル小型一眼カメラの購入

ミラーレス一眼カメラ比較
ミラーレス一眼カメラ画素数比較
ミラーレス一眼カメラ価格比較
ミラーレス一眼カメラ値下り比較
ミラーレス一眼カメラ発売日比較
ミラーレス一眼カメラ重さ比較
ミラーレス一眼カメラ付属レンズ比較

ミラーレス一眼レンズキット比較
ミラーレス一眼レンズキット最大撮影倍率比較
ミラーレス一眼レンズキット最短撮影距離比較
ミラーレス一眼レンズキットファインダー比較
ミラーレス一眼レンズキット可動式液晶比較
ミラーレス一眼レンズキットタッチパネル比較
ミラーレス一眼レンズキット望遠端焦点距離比較
ミラーレス一眼レンズキット広角端焦点距離比較
ミラーレス一眼レンズキット広角端開放F値比較
ミラーレス一眼レンズキット光学ズーム比較

ミラーレス一眼ダブルレンズキット比較1
ミラーレス一眼ダブルレンズキット比較2
ミラーレス一眼ダブルレンズキット最大撮影倍率比較
ミラーレス一眼ダブルレンズキット最短撮影距離比較
ミラーレス一眼ダブルレンズキットファインダー比較
ミラーレス一眼ダブルレンズキット可動式液晶比較
ミラーレス一眼ダブルレンズキット光学ズーム比較
ミラーレス一眼ダブルレンズキットタッチパネル比較
ミラーレス一眼ダブルレンズキット広角端焦点距離比較
ミラーレス一眼ダブルレンズキット広角端開放F値比較

デジタルカメラ
コンパクトデジタルカメラ
デジタル一眼レフカメラ

ミラーレス一眼かデジイチか

ハンディのちから」の「ミラーレス一眼かデジイチか」では、「ミラーレス一眼カメラかデジイチか・「2017年発売モデルラインアップ」」・「2016年発売モデルラインアップ」・「2015年発売モデルラインアップ」・「2014年発売モデルラインアップ」・「ミラーレス一眼カメラの販売形態」・「ミラーレス一眼カメラの価格」などの情報を提供しています。

ミラーレス一眼カメラかデジイチか

管理人もそうでしたが、ミラーレス一眼カメラを選ぶか、デジタル一眼レフカメラを選ぶか迷うものです。どちらのデジタルカメラも、あなたの撮影目的や撮影環境で適している場合と適していない場合があります。
いくつかの撮影目的や撮影環境を選んで、ミラーレス一眼カメラとデジタル一眼レフカメラの適応状況を比べて見ました。

2017年発売モデルラインアップ

2017年モデルでは、キャノン・パナソニック・富士フィルムが6機種11タイプの新製品を投入し、キャノンが1機種4タイプ、ソニーが1機種1タイプ、パナソニックが2機種3タイプ、富士フィルムが2機種3タイプとなっています。

各メーカーのラインアップの特徴はつぎの通りです。

DC-GF9とX-T20とDC-GH5とGFX 50Sは静電容量方式タッチパネル液晶を搭載しています。
α9、DC-GF9、X-T20、EOS-M6、FUJIFILM GFX 50Sがチルト式液晶を搭載しています。
ソニーのα9とFUJIFILM X-T20・GFX 50SとパナソニックのDC-GH5がファインダーを搭載しています。
連写はソニーのα9は約20.0コマ/秒、DC-GF9は約10.0コマ/秒、FUJIFILM X-T2は約14.0コマ/秒、DC-GH5は約12.0コマ/秒、EOS-M6は約9.0コマ/秒、GFX 50Sは約3.0コマ/秒です。

2016年発売モデルラインアップ

2016年モデルでは、オリンパス・ソニー・富士フィルムが8機種17タイプの新製品を投入し、オリンパスが1機種2タイプ、キャノンが1機種4タイプ、ソニーが1機種2タイプ、パナソニックが2機種5タイプ、富士フィルムが3機種4タイプとなっています。

各メーカーのラインアップの特徴はつぎの通りです。

キャノンのEOS M5:キヤノン独自の半導体技術を駆使した最高峰のAF方式をEOS Mシリーズで初採用。
約2420万画素CMOSセンサーを搭載。常用ISO感度100~25600を実現。

富士フィルムのX-A3:自分撮りのクオリティを向上させる180°スライドチルト式液晶を採用。視点を変えて、新しい世界を見渡せる3.0型タッチパネルチルト式液晶モニターを搭載。

パナソニックのDMC-G8:約104万ドットの高精細の3.0型新タッチパネルモニター(静電容量方式)を搭載。高解像約236万ドットのライブビューファインダーには応答速度が速く、きめ細やかで見やすい有機EL(OLED)ディスプレイを採用。

富士フィルムのFUJIFILM X-T2:マルチモード・ビューファインダー世界最大、ファインダー倍率0.77倍。撮影フィールドを拡げる防塵・防滴・耐低温-10℃のタフネス性能。一瞬の感動を一瞬でシェアできる、かんたんスマートフォン送信機能 。
独立したシャッター速度ダイヤル、露出補正ダイヤル、ISO感度設定ダイヤルがあり、素早く撮影意図に従った設定ができる。

パナソニックのDMC-GX7MK2:ローパスフィルターレスのLive MOSセンサーにより、高解像画質での鮮明な描写を可能にします。路地を彩る草花や昆虫などのアップ撮影や、薄暗くなり始めた夕方の街並みのスナップ撮影でも、細部まで美しく忠実に描写。日常の一瞬を、鮮明な一枚に変えることができます。

ソニーのα6300:進化した4Dフォーカスで、最高の一瞬を逃さない。有効約2420万画素APS-Cセンサーと4K動画記録を備えた小型・軽量一眼カメラ。世界最速0.05秒のAFスピードを実現し、進化した「ファストハイブリッドAF」。世界最多425点の像面位相差AFセンサーを画面の ほぼ全域に高密度で配置。さらに新開発の「高密度AF追従テクノロジー」により動体追従性能も大幅に向上。複雑な動きをする被写体も、高精度で粘り強く捉 え続けます。

オリンパスのPEN-F:デザインには一寸の隙もない。職人のこだわりが随所に見られ、そこにはまさに魂が宿る。時代を超えた美しいデザインのレンジファインダースタイルカメラ 。フィルム選び・現像・焼付けを経て、思い通りの一枚を仕上げていく醍醐味をファインダー内で味わえる機能。忘れかけていたカメラの楽しさをよみがえらせてくれます。カメラをこよなく愛する人のための一台。

富士フィルムのX-Pro2:「X-Pro1」の画質と性能を飛躍的に向上させ、新開発のセンサーとプロセッサー、超高画質フジノンX マウントレンズ、80年以上にわたり蓄積した色再現技術の融合により、卓越した写真画質を生み出します。「アドバンストハイブリッドマルチビューファインダー」は、OVF使用時でも、同時に表示される小型EVFでピントや露出、ホワイトバランスなどを確認しながら撮影でき、利便性がさらに向上しています。

詳しくはミラーレス一眼カメラ2016年新製品購入をご覧ください。

2015年発売モデルラインアップ

オリンパスの約1605万画素、あらゆる手ぶれを補正する5軸手ぶれ補正機構が進化、静止画でシャッター速度5段分の補正性能を達成するとともに、動画でも補正効果が大幅に向上し、プロ写真家から絶対的信頼を寄せられているマイクロ一眼カメラE-M5 Mark IIレンズキット

2015年モデルでは、オリンパス・ニコン・キャノン・パナソニック・富士フィルムが13機種31タイプの新製品を投入し、オリンパスが2機種6タイプ、ニコン1が機種4タイプ、キャノンが2機種8タイプ、ソニーが3機種3タイプ、パナソニックが2機種4タイプ、富士フィルムが2機種5タイプとなっています。

各メーカーのラインアップの特徴はつぎの通りです。

キャノンのEOS M10:撮像素子はEOS M2の1800万画素からEOS M3で2420万画素になったが、EOS M10では1800万画素に。『旅先にも、街歩きにも、日常にも』をコンセプトにシンプルなデザインと使いやすさにこだわり、細かなところまで行き届いたデザインになっています。また発売時価格が38,680円(税込・送料込)とお手頃。

オリンパスのE-M5 Mark II:シャッター速度5段分の補正性能の5軸手ぶれ補正機構が進化、プロ写真家から絶対的信頼を寄せられているオリンパスの防塵・防滴機構に耐低温性能が新たに加わり、液晶モニターが従来のチルト式からバリアングル式に変りました。

ニコンのNikon 1 J5:美しいぼけあじを楽しむf/1.8単焦点 新レンズキットをはじめ、Nikon 1初の自分撮り可能なチルト式液晶モニターが、あなたの撮りたい世界を限りなく拡げます。

キャノンのEOS-M3:撮像素子は1800万画素から2420万画素へ。AF機能はハイブリッドCMOS AF IIからハイブリッドCMOS AF IIIに進化、操作性も上がり、本格的に使えそうなカメラになった。

富士フィルムのX-A2:Xシリーズで初めて175°リフトアップできる液晶を搭載し、自分撮りもらくらく。新キットレンズ「XC16-50mm II」の広角端は24mm相当のため背景まで写し込めます。

富士フィルムのX-T10:小型ボディながらXならではのダイヤル類は健在。シーンに応じた露出モードを直感的に選ぶことができ、本格的な撮影の 醍醐味が味わえます。新キットレンズ「XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」は開放F 値2.8-4.0 と明るく、暗いシーンでの撮影やボケ味を生かした撮影に適しています。

パナソニックのDMC-G7:約104万ドット3.0型静電容量方式タッチパネルモニター、高解像約236万ドットのライブビューファインダーで、撮影した写真や動画の閲覧や保存がスマホやタブレットでできる。新キットレンズ「DMC-G7H付属レンズ14-140mm」は光学ズーム10倍でこれ1本で広角から望遠撮影に対応できます。

パナソニックのDMC-GX8:20Mに高画素化した新開発のLive MOS センサーを搭載。有効画素数を2030万までアップしたことにより、解像力が従来機(GX7)に比べて、約15%アップ。高解像約236万ドットのライブ ビューファインダーには、応答速度が速く、きめ細やかで見やすい90度可動のチルト有機EL(OLED)ディスプレイを採用。光の反射を抑え、視認性にも 優れた約104万ドットの有機EL(OLED)ディスプレイのフリーアングルモニターを搭載。

ソニーのα7R II:有効約4240万画素、世界初35mmフルサイズ裏面照射型CMOSセンサーを搭載したフルサイズミラーレス一眼カメラ。フルサイズ対応5軸手ブレ補正機構と35mmフルサイズセンサーを小型ボディに凝縮。全画素読み出しによる、圧倒的な高解像4K動画記録 。α7R IIのレスポンスを引き出すなら、ソニーの高速SDHC/SDXCメモリーカード「SF-UXシリーズ」がおすすめ。

これ以外に、2014年12月05日にボディのみが発売された『α7II』のレンズキットが2015年03月06日にソニーから発売されました。付属レンズはFE 28-70mm F3.5-5.6 OSS(SEL2870)で、35mmフルサイズ対応のコストパフォーマンスの高い小型軽量標準ズームレンズです。使用頻度の高い28mmから70mmまでをカバーしながら、最新の光学設計により、ズーミング時の全長変化が少ない小型ボディを実現。最短撮影距離:0.3m(ワイド端)/0.45m(テレ端)、最大撮影倍率:0.19倍、質量:約295g。

オリンパスのE-M10 Mark II:E-M10 Mark IIは5軸手ぶれ補正を搭載しているので、あらゆるシーンで失敗の少ない美しい一眼品質の写真を撮れます。ムービー撮影においては、角度ぶれと回転ぶれが発生しやすくなりますが、E-M10 Mark IIは安定した画面のムービーを手持ち撮影が行えます。強力なボディー内5軸手ぶれ補正と、小型のボディーやレンズシステムにより、アクティブなカメラワークで撮影できます。

ソニーのα7s II:圧倒的な高感度・低ノイズ設計により、最高ISO感度409600を実現した有効約1220万画素 の35mmフルサイズ「Exmor(エクスモ ア)」CMOSセンサーを搭載。暗所でもノイズの少ない高画質撮影ができるだけでなく、室内のスポーツシーンなどでも高速シャッターでの撮影を可能にし、 表現領域を格段に広げます。

詳しくはミラーレス一眼カメラ2015年新製品購入をご覧ください。

2014年発売モデルラインアップ

2014年12月5日発売の2430万画素の解像度とαレンズの高い光学性能を最大限に生かす、35mmフルサイズの大型センサーを搭載し、ファインダーや 液晶モニターを搭載しながらも、ボディ単体の重さがわずか約556gという小型・軽量化を実現

2014年モデルでは、オリンパス・ソニー・ニコン・パナソニック・富士フィルムが14機種32タイプの新製品を投入し、オリンパス2機種6タイプ、パナソニック3機種5タイプ、ニコン3機種9タイプ、ソニー5機種10タイプ、富士フィルム1機種2タイプが入り乱れての混戦となっています。

メーカーによってラインアップは異なりますが、

などの強化が見られます。

詳しくはミラーレス一眼カメラ新製品購入2013年)をご覧ください。

販売形態

ミラーレス一眼カメラの販売形態としては、ボディをベースにパンケーキ単焦点レンズキット、標準ズームレンズキット、ダブルズームレンズキット、 ダブルレンズキットなどがあります。

ボディ販売ミラーレス一眼カメラは41機種あり、価格帯は32,600円〜360,619円ですが、10万円を超える高額ミラーレス一眼カメラは、α7Rα7R IIα7sα7s IIα7PEN-FX-T2X-Pro2α6300α7IIDMC-G8EOS M5となっています。
ただし、ミラーレス一眼レンズキットを購入しても、使えるレンズは格安価格帯のパンケーキ単焦点レンズや標準ズームレンズや望遠ズーム交換レンズだけなのです。大口径単焦点レンズやマクロ単焦点レンズを使って写真を撮りたい・広角で臨場感がある写真を撮りたい・望遠側が300mmのスペックで遠くの被写体を撮りたいユーザーは、ボディと大口径単焦点レンズやマクロ単焦点レンズや超広角交換レンズや超望遠ズームレンズを別々に購入されることをおすすめ致します。

ミラーレス一眼カメラレンズキット販売は47機種58タイプあり、価格帯は34,800円〜278,100円ですが、15万円を超える高額ミラーレス一眼カメラは、EOS M5α7IIPEN-FDMC-GH3HX-T2などとなっています。

ミラーレス一眼カメラダブルレンズキット販売は24機種30タイプあり、価格帯は52,460円〜177,700円ですが、10万円を超える高額ミラーレス一眼カメラは、EOS MEOS M5EOS M6などなっています。

ミラーレス一眼カメラの価格

ご紹介しているミラーレス一眼カメラの価格を、

に分類してご案内しております。

ミラーレス一眼カメラの仕様

ミラーレス一眼カメラの仕様をつぎのようにご案内しております。

ミラーレス一眼カメラ比較
ミラーレス一眼カメラ画素数比較
ミラーレス一眼カメラ価格比較
ミラーレス一眼カメラ値下り比較
ミラーレス一眼カメラ発売日比較
ミラーレス一眼カメラ重さ比較
ミラーレス一眼カメラ付属レンズ比較

ミラーレス一眼レンズキット比較
ミラーレス一眼レンズキット最大撮影倍率比較
ミラーレス一眼レンズキット最短撮影距離比較
ミラーレス一眼レンズキットファインダー比較
ミラーレス一眼レンズキット可動式液晶比較
ミラーレス一眼レンズキットタッチパネル比較
ミラーレス一眼レンズキット望遠端焦点距離比較
ミラーレス一眼レンズキット広角端焦点距離比較
ミラーレス一眼レンズキット広角端開放F値比較
ミラーレス一眼レンズキット光学ズーム比較

ミラーレス一眼ダブルレンズキット比較1
ミラーレス一眼ダブルレンズキット比較2
ミラーレス一眼ダブルレンズキット最大撮影倍率比較
ミラーレス一眼ダブルレンズキット最短撮影距離比較
ミラーレス一眼ダブルレンズキットファインダー比較
ミラーレス一眼ダブルレンズキット可動式液晶比較
ミラーレス一眼ダブルレンズキット光学ズーム比較
ミラーレス一眼ダブルレンズキットタッチパネル比較
ミラーレス一眼ダブルレンズキット広角端焦点距離比較
ミラーレス一眼ダブルレンズキット広角端開放F値比較

最終更新日:2017年06月

トップに戻る