ハンディのちから 障害者&シニアいきいきエンジョイ生活では、新しいことに興味を持ち、始め、継続しながら、周囲の人や福祉器具などにはお世話になり、節約できた時間を世の中に還元することで元気にいきいき生活する方法に関する情報を提供
ハンディのちから>障害者&シニアのいきいき生活

障害者&シニアのいきいきエンジョイ生活

ハンディのちから」の「障害者&シニアのいきいきエンジョイ生活」では、 障害者&シニアなどのハンディのお客さまやサポーターの方に、新しいことに興味を持ち、始め、継続しながら、周囲の人や福祉器具などにはお世話になり、節約できた時間を世の中に還元することで元気に障害者&シニアのいきいきエンジョイ生活する方法に関する情報を提供し支援しています。

私は両下肢障害を持った74歳のハンディ(ハンディキャッパー)です。私が 障害者になった原因の病気は、胸椎黄色靭帯骨化症です。19年経った今も歩行困難と疼痛に悩まされていますが、今主体は車いす生活ですが、両手杖で20分くらいかければ、最大200mくらいの歩行は可能です。
障害者&シニア
の管理人は社会的不利を乗り越えて社会参加するために、管理人自身が外に出かける意欲を失わずに、社会との繋がりを持ちながら、障害者でありシニアながらいきいきエンジョイ生活をしています。

あなたは身体に合った福祉機器(用具)や介護機器(用具)を何処でさがして、何処で安く買いますか。市中の福祉機器(用具)事業者にお任せにしていませんか!それを解決するために、地図で探す福祉用具常設展示場を作りました。ご利用ください。

障害者&シニアのいきいき生活

seishuku障害者であり高齢者の『ハンディのちから』の管理人が社会的不利を乗り越えて社会参加するために一番大切なことは、管理人自身が障害者&シニアのいきいき生活することだ、と思っています。

障害者&シニアのいきいき生活する方法は、

  • 新しいことに興味を持ち、始め、継続すること。
  • 周囲の人や福祉器具などにはお世話になり、節約できた時間を世の中に還元すること。
  • お世話になったら、「すみません」でなく「ありがとう」と感謝すること。

だと思っています。

そんな管理人のハンディだが障害者&シニアのいきいき生活の体験を『障害者&シニアのいきいき生活』のページでお伝えして、特に”障害者や高齢者のハンディやそのサポーターの方々が社会的不利を乗り越える”お手伝いができれば幸甚です。


胸椎黄色靭帯骨化症

胸椎黄色靭帯骨化症は脊柱管の後方にある椎弓の間を結ぶ靭帯、すなわち黄色靭帯が骨化し、脊柱管が狭くなり、神経の圧迫症状がでてくる病気です。
全く無症状で偶然に発見される場合もありますが、管理人は徐々に下半身に「しびれ」が出現し、歩行がなんとなく不自由になるなどの症状が出現しました。そしてついに、品川駅で転倒時は比較的軽い外傷にもかかわらず、外傷後に急激に四肢麻痺などの極めて重い症状が出現しました。 胸椎黄色靭帯骨化症の発症原因は不明です。私は54歳のときに、胸椎黄色靭帯骨化症はと診断され手術をしましたが、歩行困難と疼痛は改善されませんでした。続きを読む。


リハビリテーションは障害者&シニアのいきいき生活のサポーター

私は両下肢障害で満足に歩くことができませんので、健康維持のためのジョギングなどはできませんが、家の付近をゆっくりと杖をつきながら歩いたり、歩行車足漕ぎ車いすCOGY(Profhand)で散策しています。また、6週間に1回くらいの割合で市のリハビリテーションセンターに通所して、理学療法士の方の指導を受けています。リハビリテーションの勉強はリハビリテーション書籍に頼ることもあります。続きを読む


歩行補助具と管理人の生活の変化

管理人は両下肢障害で、両手杖で体を支えてゆっくり(約10分弱/100m)と200m程度しか歩くことができませんので、必要な福祉器具などにはお世話になり、節約できた時間を世の中に還元すると言う、考え方で必要な福祉器具を利用させて頂いています。

両手に障害者補助具である杖着用で200mの歩行が可能です。したがって、200m以上の歩行が必要なときやスピードが必要なときは障害者&シニアのいきいき生活のサポーターである車いすに頼るしかありません。 屋外で活動するときは、車いすが必須の歩行補助具です。
そのために、管理人の車いすは2つの目的を持っています。一つはリハビリ運動目的、ニつ目は移動手段としてです。

COGY(Profhand)を入手するには、介護保険レンタルか実費レンタルか購入か3つの方法があります。
価格はMサイズが329,000円、Lサイズ370,000円とかなり高額です。 実費レンタルか購入の場合、100%負担となりますので、管理人の40歳代の知人で諦めた人もいます。 介護保険レンタルですと、1,500〜2,000円程度の負担で済むようです。ただし、福祉用具貸与事業者の中には、2009年頃の旧モデルを大量に在庫している事業者もいるようですので、進化した最新モデルのレンタルが可能か確認しましょう。

今一番の歩行補助具

管理人は2009年11月から、COGY(Profhand)に乗り続けています。両下肢障害の状況とともに、進化してきた歩行補助具ですが、今一番の歩行補助具は「LサイズCOGY(Profhand)」です。2017年12月から、MサイズのCOGY(Profhand)からLサイズのCOGY(Profhand)に乗り換えました。COGY(Profhand)を使い始めて約8年、初めてLサイズCOGY(Profhand)に試乗したときは、”ワォー”と叫びたい気持ちでした。
LサイズCOGY(Profhand)に乗り始めて半年が経過した今、COGY(Profhand)生活に大きな変化が生じています。詳しくは「足漕ぎ車いすCOGY(Profhand)レンタルの軌跡」をご覧ください。それは、

などです。詳しくは「Lサイズ足漕ぎ車いすCOGYがリバビリを変えた!」をご覧ください。

車いす
手すり
過去に使った歩行補助具
プロファンド
歩行車

管理人が過去に使っていた歩行補助具を紹介しています。
左側の写真は、MサイズのCOGY(Profhand)です。2009年11月から2016年11月まで乗っていました。Mサイズは管理人の身体に合わず、乗車中の仰け反りが酷く、疲れるので、2017年12月からLサイズに乗り換えました。
右側の写真は歩行器(ハッピー)です。今よりも歩行能力があるときに使用していました。特に、愛犬」「チャコちゃん」との散歩には必須の歩行補助具でした。
短下肢装具は足先から股関節までの装具です。
関節可動域の制限や固定、変形の防止や強制、保護する物や残存機能を補助したり、機能を向上させる物、生涯着ける物から完治するまでの物など用途も様々あります。


「地図で探す福祉機器(用具)常設展示場」でよい福祉機器(用具)を探し安く買う

地図から探す福祉機器常設展示場あなたは身体に合った福祉機器(用具)や介護機器(用具)を何処でさがして、何処で安く買いますか。市中の福祉機器(用具)事業者にお任せにしていませんか!管理人は違います!

見て・触って・相談できる利害関係の無い福祉機器(用具)常設展示場67カ所もあります。相談に乗ってくれる方は理学療法士さんや作業療法士さんなどです。まずは地図からそんな福祉機器(用具)常設展示場地を探してみましょう。
地図で探す福祉機器(用具)常設展示場では、見て・触って・相談できる全国の福祉用具常設展示場67カ所を地図上で表示し、福祉用具常設展示場のホームページへアクセスし、ルート検索も可能です。

良い福祉機器(用具)や介護機器(用具)が決まったら、車いす比較杖比較にアクセスして、楽天市場から福祉機器(用具)や介護機器(用具)を購入しましょう。


楽天市場の車いすを探す!

キーワード枠に車いすのモデル番号を入力すると、楽天市場の車いすを検索できます。
検索結果にはモデル番号・写真・価格・商品説明・レビュー件数・レビュー評価点・ポイント倍率・販売店名が価格が安い順に5アイテム表示されます。
車いすのモデル番号は車いす比較からコピー&ペーストすることができます。

キーワード:

下肢障害者にとって歩きやすい靴は安全な歩行をするうえで重要な障害者補助具です。屋内でもサンダルやスリッパは使いません。靴も既製靴でなくニーズに合った靴が欲しいのですが、足の型採りや計測をし、既製靴の中敷きや靴底などを作り替えてくれる靴屋さんは現時点では数少なく難しいのです。靴も躓くことが予防できる、爪先のあがった靴・履きやすい、固定方法が靴ひもでなくマジック式のを選んで履いています。


新しいことに興味を持ち、始め、継続すること。
日野原先生の「興味を持ったことを始めるのが大切」とおっしゃる言葉を大切にしています。
そこで、管理人はとにかく興味を持ったことをやってみよう。
そうすれば、今まで使う機会がなかった新しい一面が出てくるかもしれない。
そんな思いで、パソコン生活・ガーデニング生活・バリアフリー旅行・運動生活・英会話生活・ボランティア生活に勤しんで、障害者&シニアのいきいき生活を楽しんでいます。
在宅でパソコンを使ってエンターテイメントを楽しんでいます。
ホームページでパソコンの使い方や活用情報や商品の情報や比較データなど発信しています。
インターネットショッピングで買い物弱者から脱却しています。
パソコン相談を通して社会参加をしています。
図書館の利用や納税などをパソコンを使って在宅で行っています。
パソコンを使ってグラフィックス作品を制作しています。
  • フロントガーデン201106
  • 自宅の庭・バルコニー・アプローチはもちろん、公園等の殺風景な植込みにも、癒され季節を楽しむガーデニング&園芸の力を借りて美化運動を進めています。今は洋ラン・クレマチス・クリスマスローズ・ゼラニューム・コリウスなどを中心に、体を動かして癒され季節を楽しむガーデニング&園芸を楽しんでいます。
    またテレビでも、ガーデニングに関する番組は欠かさずに観ています。「フラワーショー」、「世界のクリスマスローズ展」、「洋ラン展」などのガーデニングに関するイベントには車いすで出かけます。
    松島私は、病気や怪我の予防に人一倍気をつけている障害者でありシニアのハンディです。昨今、健康食品やサプリメントが大量に宣伝されていますが、私は健康食品やサプリメントと同等いやそれ以上に、バリアフリー旅行の効用の方が健康管理に役立つと考えています。
    大海原の開放感、海の青さ、波音、鳥の声、野の花、体力に合った散策などで得られる癒し効果が旅行後も持続し、心身ともにリフレッシュされるからです。
    運動生活 英会話生活 ボランティア生活

    管理人が約8年半も足漕ぎ車いす・COGY(プロファンド)に乗り続けています。
    第一目的はリハビリですが、時の流れとともに少しずつ変わっています。
    第二目的は外出(一人で電車やバスに乗車して小さな旅をすることです)です。
    最近、加わったのが「楽しむ」ことです。 今はiPadで英語や音楽を聴きながら、散歩しています。COGY(プロファンド)で車いすマラソンに参加している方がいらっしゃいますが、管理人も機会があったら参加したいと思っています。

    東京オリンピックの語学ボランティアになるのに必要な英語のスキルについて、TOEICでいうと、簡単な英語の質問が理解できるレベルでTOEIC500点以上と定められているので、通常業務に応募したい方はひとまずこのTOEIC500点以上を目標にすると良さそうです。
    一方、選手や観光客の通訳として受付や案内を担当するボランティアには、目安としてTOEIC840点以上が必要です。
    以上踏まえて少しでも近づけるように楽しみながら勉強中です。
    今目標の最大ボランティアは、2020東京オリンピック・パラリンピックの外国語ボランティアに応募して採用してもらい、活動できることです。
    そのために、運動して体力を向上させ、英会話能力も向上させる努力をしています。
    街中で困っている外国人を見かけた際などに簡単な外国語で積極的に声をかけ、道案内等の手助けをしていただくボランティアです。決まった日時・場所で活動するボランティアではなく、日常生活の中で自主的に活動するものです。

    ☆2014.01.31:足漕ぎ車いす・プロファンド・フットプレートで乗り降りが簡単・素早く、フットプレートを足に装着せずに車いすを移動できる新形フットプレート情報を提供。
    ☆2011.06.04:足漕ぎ車いす・プロファンドをアップ。『歩行困難な方でも、自分の両足でペダルをこぎ、屋外を自由に走り回ることができるチェアサイクル』生活の体験をお伝えしています。

    最終更新日:2018年05月31日

    トップに戻る

    障害者
    歩行補助具
    リハビリテーション
    両下肢重度障害者のメタボ克服
    両下肢重度障害者にできる運動
    両下肢重度障害者の運動量と体重
    両下肢重度障害者にできるプロファンド

    胸椎黄色靭帯骨化症
    車いす
    有輪歩行器

    階段手すり

    福祉機器(用具)常設展示場の展示品
    地図で探す福祉機器(用具)常設展示場
    リストで探す福祉機器(用具)常設展示場

    車いす・アフィリエイト
    有輪歩行器・アフィリエイト
    杖・アフィリエイト