ハンディのちから 両下肢重度障害者にできるプロファンドでは、「プロファンド走行」が早足のジョギングと同じカロリー消費効果があることが分り、走行実施したルートと傾斜に関する情報を提供
ハンディのちから>障害者&シニアのいきいき生活>両下肢重度障害者にできるプロファンド

両下肢重度障害者にできるプロファンド

ハンディのちから」の「両下肢重度障害者にできるプロファンド」では、足漕ぎ車いす「プロファンド(Profhand)」による運動効果を取り上げています。
足漕ぎ車いす「プロファンド(Profhand)」に乗り始めて6年を超えましたが、当初の目的は痙性疼痛の緩和でした。しかし、2015年11月に「プロファンド走行」が早足のジョギングと同じカロリー消費効果があることが分りました。
そこで、「プロファンド走行」を両下肢重度障害者である管理人の1年間に渡るメタボ(メタボリックシンドローム)と戦いの主運動に採用することにしました。

プロファンド走行ルートプロファンド走行のルートについて詳しく説明していきます。

右図の赤いラインは前半で約640mあります。緑のラインは後半で前半の逆ルートを走行します。



私はや目安とすべき運動の消費カロリーは負荷によって異なりますので、走行ルートの起伏について説明します。プロファンド走行傾斜基本的には平坦なルートでが、つぎのようにいくつかの傾斜があります。

最終更新日:2015年12月26日

トップに戻る

障害者
歩行補助具
リハビリテーション
両下肢重度障害者のメタボ克服
両下肢重度障害者にできる運動
両下肢重度障害者の運動量と体重
両下肢重度障害者にできるプロファンド

胸椎黄色靭帯骨化症
車いす
有輪歩行器

階段手すり

福祉機器(用具)常設展示場の展示品
地図で探す福祉機器(用具)常設展示場
リストで探す福祉機器(用具)常設展示場

車いす・アフィリエイト
有輪歩行器・アフィリエイト
杖・アフィリエイト