ハンディのちから 杖では、荷重を免れる、バランスの補助、歩行リズムの3つ杖の役割について説明しています。疼痛がある管理人は杖に荷重を掛けることで痛みを和らげ、杖でバランスを取り、3動作歩行で歩くことを心がけています。
ハンディのちから障害者>杖|ハンディのちから

杖|ハンディのちから

ハンディのちから」の「」では、 障害者やシニアなどのハンディをお持ちのお客さまに、病気や怪我の予防や健康管理などの障害者の役にたつ歩行補助具のうち、に関する情報を提供しています。

杖の役割

の役割には、「荷重を免れる」、「バランスの補助」、「歩行リズム」の3つがあります。
「荷重を免れる」はに荷重をかけると、反対側の足への荷重が軽くなります。従って、「荷重を免れる」は疼痛のある方や筋力低下がある方に有効です。

「バランスの補助」は立位バランスと歩行バランスを安定させることです。直立しているときよりも、杖をついて側の足を開くと安定感が増します。

「歩行リズム」には2動作歩行と3動作歩行があります。2動作歩行はと不自由な足を同時に出してから、健常な足を出すリズムです。2動作歩行では、と不自由な足を同時に出すときは健常な足1点で支え、健常な足を出すときはと不自由な足の2点で支えます。2動作歩行はバランス能力を必要としますが、歩行速度は速くなります。
3動作歩行は・不自由な足・健常な足を順番に出すリズムです。3動作歩行では、を出すときは不自由な足と健常な足の2点で支え、不自由な足を出すときはと健常な足の2点で支え、健常な足を出すときはと不自由な足の2点で支えます。3動作歩行はバランス能力をあまり必要としませんが、歩行速度は遅くなります。

私は両足が不自由ですので、両手にを持って2動作歩行をしています。両手杖の2動作歩行はと反対側の足を同時に出してから、反対側のと反対側の足を同時に出すリズムです。両手杖の2動作歩行では出ていないと反対側の足の2点で常に支えていますので、バランス能力をあまり必要とせず、歩行速度は速くなります。

杖の種類

も使用目的によりリハビリテーション用としてのと移動手段としての歩行補助に分かれます。ここでは私が日常使っている移動手段としてのについての情報に限定します。
歩行補助杖の機能は視覚障害者用の白杖を除くと次の2つです。

バランス機能
支える機能
松葉
ロフストランドクラッチ
C字
×
T字
L字
多点

ロフストランドクラッチ は前腕を支えるカフがついておりますので、腕の力が弱い人に向いています。肘の少し下が固定されることでぐらつきにくく、T字杖に比較してより体重をかけることができ、安定した歩行ができます。松葉杖ほど体重をかけることができませんが、松葉杖に比べて自由に腕を使える利点があります。

トップに戻る

杖の長さの合わせ方

の長さの合わせ方には3通りあります。

杖の選び方

を選ぶ方」はまず最初にどのような理由でを使うかをよく考えてみましょう。 「ハンディのちから」ではつぎのようなことを想定してをご紹介しています。

つぎにの使い方についてよく考えてみましょう。

を使う理由と使い方が決まったら、どんな杖が販売されているかを、「杖比較情報」で見てみましょう。

また、「杖をメーカーで選ぶ」・「身長にあった杖を選ぶ」・「使い方に合った杖を選ぶ」・「杖を価格で選ぶ」情報をご覧になると、あなたの使い方に合った杖がみつかります。

トップに戻る


杖の機能
多点杖
使い方に合った杖を選ぶ
杖を使って十数年

杖比較
杖のファッション比較
杖の握り材質比較
杖の携帯性比較
杖のシャフト径比較
杖の最大長さ比較
杖の最小長さ比較
杖の伸縮性比較
杖の重さ比較
杖の用途別比較

障害者
歩行補助具
リハビリテーション
胸椎黄色靭帯骨化症
車いす
有輪歩行器

階段手すり
車いす・アフィリエイト
有輪歩行器・アフィリエイト
杖・アフィリエイト