ハンディのちから 有輪歩行器では、ある程度自立して立ったり歩けるハンディや介護者にどんな有輪歩行器があるか・いつ有輪歩行器を使うか・有輪歩行器の使用目的・有輪歩行器の選び方情報を提供
ハンディのちから障害者歩行補助具>有輪歩行器

有輪歩行器

ハンディのちから」の「有輪歩行器」では、 障害者やシニアなどのハンディをお持ちのお客さまに、病気や怪我の予防や健康管理のうち、障害者の役にたつ歩行補助具の一つである、有輪歩行器に関する情報を提供しています。
有輪歩行器はある程度自立して立ったり歩ける障害者やシニアなどのハンディが使います。自立して立ったり歩くことができない障害者やシニアなどのハンディの移動手段としては車いすがお勧めです。

どんな有輪歩行器があるか

有輪歩行器にもさまざまなタイプのものがあります。特徴ある点としては、ハンドル(両手でつかむところ)・車輪・ブレーキ・折り畳みの可否・いす・カゴなどがあります。

有輪歩行器の一番大きな特徴の1つはハンドル(両手でつかむところ)です。これには2つのタイプがあります。両手でつかむハンドルが有輪歩行器の本体から後方に飛び出しているタイプとハンドルがなく有輪歩行器の本体のバーをつかむタイプがあります。前者の有輪歩行器は真直ぐに立った姿勢で、体を有輪歩行器のなかに入れて歩くことができます。後者の有輪歩行器は前傾姿勢で両手を前に出して押して歩くことになります。両者の違いが最も現れるのが坂道を下るときです。前者の有輪歩行器の場合は有輪歩行器を支える姿勢でブレーキを掛けずに下れます。一方、後者の有輪歩行器の場合はブレーキを掛けながら下っても、有輪歩行器が先に先に進んで行く感じになります。

有輪歩行器の2つ目の大きな特徴の1つは車輪(特に前輪)です。車輪の特徴は取り付け方法と直径・幅です。車輪の特徴が左右するのは、曲がりやすさ・段差の乗り越えやすさ・溝などの乗り越えやすさです。前輪は方向が固定しているタイプや小回りのきく自由な方向に動き曲がりやすいタイプがあります。車輪の直径は15cmや20cmのものがあります。たかだか5cmの違いですが、数センチの段差を乗り越える能力は20cmの車輪の方が数段優れています。車輪の直径が15cmのものと20cmのものとでは幅が異なります。20cmのものは幅が34mmくらいあります。幅が34mmくらいあると、排水溝のグレーチングの蓋に挟まらずに乗り越えられます。

有輪歩行器の3つ目の大きな特徴の1つは肘をのせられるタイプです。腕の力が弱い 障害者やシニアなどのハンディでも使用できます。

ブレーキ・折り畳みの可否は多くの障害者やシニアなどの利用する人には必須でしょう。

利用する人の現在の状況によって異なるのがいす・カゴなどがあります

いつ有輪歩行器を使うか

私は10年前に54歳で障害者になってから杖を使い、数年して転倒しやすくなり両手杖に変えました。それからしばらくは両手杖で安全に歩くことができていました。しかし、最近になって歩くときのバランスが悪く、肩に負担がかかりそれが原因の1つで頭痛が激しくなりました。また、間欠性歩行困難のため、途中で休めば長い距離を歩けることも誘因になっています。

ある程度自立して立ったり歩けるけれども、体の他の部分に負担がかかり健康を損ねる、そんなときが有輪歩行器を使うときかな、と思います。

有輪歩行器の使用目的

有輪歩行器を使う目的には次のようなことがあげられます。

有輪歩行器選びのポイント

私は障害の進行と生活の場を広げたい気持ちから、両手杖よりも歩くことを助けてくれる補助具を使いたいと考えています。両手杖から車いすに進まない理由は、自分の足で歩けるうちは少しでも自分の足で歩きたいという気持ちです。そんな私の現在の状況に合った有輪歩行器選びのポイントはつぎのとおりです。その中でも一番大切なのは購入前に試乗させてくれる販売店を選ぶことです。私は同じメーカーのハッピーとハッピー2(ハッピーの後継機)に試乗してみました。有輪歩行器試乗報告をご覧ください。同じマーカーのものでも全く違うのに驚きました。

トップに戻る

有輪歩行器
有輪歩行器の外観
有輪歩行器で歩くところ
有輪歩行器試乗報告
有輪歩行器の車輪&ハンドル

障害者
歩行補助具
リハビリテーション
胸椎黄色靭帯骨化症
車いす
有輪歩行器

階段手すり
車いす・アフィリエイト
有輪歩行器・アフィリエイト
杖・アフィリエイト