ハンディのちから アフィリエイト車いすの安定性・安全性では、障害者やシニアの役にたつ、上り坂転倒角度・下り坂転倒角度・側方転倒角度・その他の不安定な方向の転倒角度やキャンバー、小さな補助輪などの転倒防止装置などの安定性・安全性に関する情報を提供
ハンディのちから障害者歩行補助具>車いすの安定性・安全性

車いすの安定性・安全性

ハンディのちから」の「車いすの安定性・安全性」では、 障害者やシニアなどのハンディをお持ちのお客さまの役にたつ、上り坂転倒角度・下り坂転倒角度・側方転倒角度・その他の不安定な方向の転倒角度やキャンバー、小さな補助輪などの転倒防止装置などの車いすの安定性・安全性に関する情報を提供しています。

車いすの性能を表す項目には、運びやすさ・安定性や安全性・耐久性・操作性があります。その中でも安定性や安全性は最も重要です。
メーカーはこれらの試験結果を数値で表示しますが、規格では必要最低限の数値を定めていません。例えば、傾斜角度1°の坂道で後方に転倒する車いすであっても、そのことを表示すればその車いすは販売できるのです。
見方を変えて言うと、車いすの性能が使用者の条件に合っているか否かを決めるのは使用者自身なのです。このことは忘れないで正しい車いすの選び方を行ってください。

安定性は上り坂転倒角度・下り坂転倒角度・側方転倒角度・その他の不安定な方向の転倒角度で車いすの性能が表示されています。
転倒角度は車いすの品質の良否を表すものではないことを理解しておく必要があります。使用者が上り坂では前傾姿勢などのように、走行面の傾斜に応じて上体の姿勢を変えられる能力によって選択する角度は異なります。
側方転倒を防止するためのキャンバーや後方転倒を防止するための小さな補助輪などの転倒防止装置もあります。それぞれ一長一短があります。

車いすキャンバー例えば、キャンバーの長所はハンドリムの頂点が使用者の側に近づき、狭い場所で指を障害物に当てることがなくなる反面で、短所は車いすの全幅は広くなります。後方転倒を防止するための小さな補助輪は、段差のある場所では駆動輪が走行面から浮き上がることもあります。
車いすのキャンバーは転倒防止と短い半径のために小回りができる、接触時に怪我をしにくいなどのメリットがあり、障害者スポーツでよく使われています。

小さな補助輪などの転倒防止装置はつぎのようなタイプがあります。写真は管理人も使っている、収納式キャスター付きの転倒防止バーです。キャスター付きの転倒防止バーも試しましたが、段差を乗り越えるときに引っかかったりすることがわかりました。

トップに戻る

車いす
車いすの種類
車いすの構造
車いすの性能
車いすの後方転倒防止
一人車いすで行く

車いすの選び方
車いすを機能で選ぶ
車いすを使う目的
身体状況に合った車いす
車いすのフットレスト
車いすの肘掛け(アームレスト)
片手走行車いす
車いすのシート幅
車いすの座面
車いすの使用場所による選択肢
手動自走式車いす・電動車いす
車いすの購入方法
車いすの自費購入方法
介護保険で車いすレンタル
障害者で車いすの交付を受ける
売れ筋車いすを選ぶ
売れ筋車いす

足漕ぎ車いす・プロファンド・体験記
足漕ぎ車いす・プロファンド・リハビリ
足漕ぎ車いす・プロファンド・安全
足漕ぎ車いす・プロファンド・準備
足漕ぎ車いす・プロファンド・走行
足漕ぎ車いす・プロファンドで外出
足漕ぎ車いす・プロファンド・フットプレート
車に乗る足漕ぎ車いす・プロファンド

アームサポート高さ調整車いす
自動ブレーキ付き車いす
車いすの全体寸法
デスク型アームサポート車いす
足踏み連動式駐車ブレーキ車いす
一般的車いす
片手走行車いす
車いすの安定性・安全性
車いすのシート(座面)
座面高さ調整可能車いす
車いすの姿勢維持機能
フットレストスイング車いす
フットレストスイング&着脱車いす
車いすの運びやすさ
車いすの車輪&ハンドリム
ウイング・スイング車いす
ウイング・スイング・肘掛け高さ調整車いす
ウイング・スイング・肘掛け\座位高さ調整車いす
ウイング・スイング&着脱車いす
ウイング式車いす

障害者
歩行補助具
リハビリテーション
胸椎黄色靭帯骨化症
車いす
有輪歩行器

階段手すり
車いす・アフィリエイト
有輪歩行器・アフィリエイト
杖・アフィリエイト