ハンディのちから アフィリエイト車いすを使う目的では、利用者を介助者が移動、利用者が手で車いすを移動、利用者が足で車いすを移動、片手で操作して移動、長時間くつろぐ、デスクを利用、旅行をしたい、車いすスポーツなど、いろいろな車いすを使う目的をご紹介
ハンディのちから障害者歩行補助具>車いすを使う目的

車いすを使う目的

ハンディのちから」の「車いすを使う目的」では、 利用者を介助者が移動、利用者が手で車いすを移動、利用者が足で車いすを移動、片手で操作して移動、長時間くつろぐ、デスクを利用、旅行をしたい、車いすスポーツなど、いろいろな車いすを使う目的に関する情報を提供しています。

車いすを自分で操作できるか、できない によって、「自走式」か「介助式」に分か れます。
病院などの公共施設などに置かれている誰にでも使える「標準型車いす」は、自走用車いすになりかつ介助用として使うこともできます。
介助用の車いすは介助専用です。小さいタイヤがつ いており、自分で進むことはできないよう になっています。その分、車いすは軽くなり、介助する人にとっては操作性が゙良いというメリットが゙あります。

車いすを使う目的

車いすを使う目的を考えてみましょう。

など、いろいろな目的があると思います。

介助者が付き添う場合は「介助者が操作しやすいこと」も考える必要があります。利用者が長時間車いすに乗っている場合は「乗り心地良さ」も考える必要があります。

歩くことや四肢に障害がある利用者を移動する

車いすを使う目的のなかで、歩くことや四肢に障害がある利用者は誰かに押してもらう必要があります。このようなときには、軽量・収納性を重視するため、ハンドリムのない小さな車輪を使用した介助式車いすを使用します。コンパクトに折りたため車のトランクに十分入ります。

日本の多くの自走式車いすには介助用グリップや介助用ブレーキが付いている特徴があります(自走式兼介助式車いす)。屋外の介助や大柄な利用者には、安定性の高い自走式兼介助式車いすの選択肢もあります。

歩くことや四肢に障害がある利用者が手で車いすを移動する

車いすを使う目的のなかで、歩くことや四肢に障害がありますが、上肢に残存運動機能がある利用者もおられます。上肢障害により手動車いすの操作が困難な場合や、車いす介助が期待できない場合に使用されます。このようなときに、使用可能な車いすが電動駆動装置が付いているので小さな力で簡単に移動できる電動車いすです。コントロールボックスのレバーは、わずかな手指の筋力で操作ができ、速度調節が可能な機種もあります。充電式のバッテリーが搭載されているため、相当の重量があります。コントロール部分を操作し、使用します。また、電動車いすと自走用車いす両方の機能を兼ね備えた車いすも開発されていますが、これでも重さは25kg前後になります。

トップに戻る

歩くことや下肢に障害がある利用者が手で車いすを移動する

車いすを使う目的のなかで、歩くことや下肢に障害がありますが、上肢は健全である利用者は自分の手で車いすを操作して移動することができます。このときに使う車いすが自走式車いすです。後輪のハンドリムやブレーキで操作し、方向転換するときは、片側のハンドリムだけを操作します。自走式車いすは後輪が大きく全体の安定性が高いため、このタイプの車いすを介助用に用いることがあります。

歩くことや下肢に障害がありますが、上肢は健全である利用者の上腕の運動能力はさまざまです。登坂できる坂の角度や自走用車いすを漕げる距離は異なります。そこで、急な坂の登坂や長時間の移動が必要な利用者には、電動車いすという選択肢もあります。

歩くことや上肢に障害がある利用者が足で車いすを移動する

車いすを使う目的のなかで、歩くことや四肢に障害がありますが、足に残存運動機能がある利用者もおられます。上肢障害により手動車いすの操作が困難だが足で床を蹴ることができる方や、車いす介助が期待できない場合に使用されます。このようなときに、使用可能な車いすが足底が床につくような低床タイプの車いすを選びます。足を引き床を蹴るとき、反動でシートの上でお尻が前にずれないように足を引くと同時に、体幹が前に屈むよう促されます。

片麻痺の利用者が自分で車いすを操作して移動する

車いすを使う目的のなかで、片方の手や足を使うことができる、片麻痺の方の身体機能に適した機能を有している車いすが、片手駆動式車いすや低床型車いすです。片手駆動式車いすはレバーを使って片手で方向転換などの操作がっでき、アームレストの跳ね上げ、上下高さ調整ができる、レッグレストのスイングアウトと取り外しができるなどの特徴があります。低床型車いすは足の力を活用して操作できる足駆動式車いすです。

車いすに乗って長時間くつろぎたい

車いすを使う目的のなかで、車いすに長時間座っているとお尻や背中が痛くなることがあります。普通の椅子に座ることができる方は、車いすから普通の椅子に移ればよいのですが、普通の椅子では姿勢を保持できない方もいらっしゃいます。従って、車いすには座って休む椅子の役割と、座ったままで移動する移動手段としての役割が求められます。

車いすに座りリラックスすると背中がやや丸くなり骨盤が後ろに傾き、シートの上でお尻が前にずれ易くなり腰や背中への負担が強くなります。そのようなときに、クッションなどを使用すると、お尻の前ズレ防止や背中や腰への負担を減らすことができます。シートの前方をやや高めにして背もたれを後方へ傾け、車いすのシートや背もたれに身体を預けるように座ります。さらに長時間座っている方のためのリクライニング機能やチルド(傾ける)機能等がある車いすもあります

車いすのそれぞれのパーツが調整できるモジュール型車いすがあります。 この車いすは座っている姿勢が保てない方が利用する場合も有効です。背もたれや座面のシート部分をマジックテープなどでパーツの具合を調節して、利用者の身体にあわせたり、他の部分も幅や高さを細かく調節できるものです。

車いすに乗って長時テーブルやデスクを利用したい

車いすを使う目的のなかで、車いすに乗って長時テーブルやデスクで勉強や作業や食事をしたい方に向いている車いすがデスクアームタイプの車いすです。デスクアームタイプとはアームサポートが一段下がった形状をしておりテーブルやデスクなどに収まりやすいタイプです。
そのときの姿勢は足を引き、足底が床またはフットレストに踵まで付いている状態で、上半身が前に傾き易い、手を前方に容易に伸ばせる姿勢です。

車いすにのって旅行をしたい

車いすを使う目的のなかで、車いす旅行を楽しまれる方向けの車いすです。

トップに戻る

車いす
車いすの種類
車いすの構造
車いすの性能
車いすの後方転倒防止
一人車いすで行く

車いすの選び方
車いすを機能で選ぶ
車いすを使う目的
身体状況に合った車いす
車いすのフットレスト
車いすの肘掛け(アームレスト)
片手走行車いす
車いすのシート幅
車いすの座面
車いすの使用場所による選択肢
手動自走式車いす・電動車いす
車いすの購入方法
車いすの自費購入方法
介護保険で車いすレンタル
障害者で車いすの交付を受ける
売れ筋車いすを選ぶ
売れ筋車いす

足漕ぎ車いす・プロファンド・体験記
足漕ぎ車いす・プロファンド・リハビリ
足漕ぎ車いす・プロファンド・安全
足漕ぎ車いす・プロファンド・準備
足漕ぎ車いす・プロファンド・走行
足漕ぎ車いす・プロファンドで外出
足漕ぎ車いす・プロファンド・フットプレート
車に乗る足漕ぎ車いす・プロファンド

アームサポート高さ調整車いす
自動ブレーキ付き車いす
車いすの全体寸法
デスク型アームサポート車いす
足踏み連動式駐車ブレーキ車いす
一般的車いす
片手走行車いす
車いすの安定性・安全性
車いすのシート(座面)
座面高さ調整可能車いす
車いすの姿勢維持機能
フットレストスイング車いす
フットレストスイング&着脱車いす
車いすの運びやすさ
車いすの車輪&ハンドリム
ウイング・スイング車いす
ウイング・スイング・肘掛け高さ調整車いす
ウイング・スイング・肘掛け\座位高さ調整車いす
ウイング・スイング&着脱車いす
ウイング式車いす

障害者
歩行補助具
リハビリテーション
胸椎黄色靭帯骨化症
車いす
有輪歩行器

階段手すり
車いす・アフィリエイト
有輪歩行器・アフィリエイト
杖・アフィリエイト