ハンディのちから アフィリエイト車いすのシート幅では、選ぶ時の目安は車いすに乗る障害者や高齢者などのハンディのお尻の幅(お尻の一番外側から外側までの一番長い距離を測定)のプラス3~5cmと言われている車いすのシート幅情報を提供
ハンディのちから障害者歩行補助具>車いすのシート幅

車いすのシート幅

ハンディのちから」の「車いすのシート幅」では、 選ぶ時の目安は車いすに乗る障害者や高齢者などのハンディのお尻の幅(お尻の一番外側から外側までの一番長い距離を測定)のプラス3~5cmと言われている車いすのシート幅情報を提供しています。

福祉用具の世界では、服や靴のことを考えてもわかるように、そのサイズが大きすぎても小さすぎても困るものです。車いすも同じです。

シートの幅

シート幅をしっかり合わせるということはとても大切なことなのです。 シートの幅を選ぶ時の目安は車いすに乗る障害者や高齢者などのハンディのお尻の幅(お尻の一番外側から外側までの一番長い距離を測定)のプラス3~5cmです。介護者の手が障害者や高齢者などのハンディの体の横に入る程度が丁度いいと言われています。脊椎損傷など障害によっては、ゆとりのないぴったりとしたものを選ぶ場合もあります。

いすのシート幅の大きさは乗る人の姿勢に大きな影響 を与えますので、車いすを前の方から見て、シート幅をチェックしてみましょう。
さて、このシート幅が広すぎると、ゆったりと 座ることはできますが座った姿勢が不安定になってしまい体は横へ倒れやすくなり、最悪の場合は、背骨の変形を作ってしまうことにもなります。姿勢の崩れは座っているときの疲れや痛みに繋がりますので大きすぎてもだめです。また、自走用車いすの場合は、ハンドリム(車椅子を動かすための車輪横のリング)までの距離が遠くなってしまいますので、とても動かしづらくなってしまいます。
車いすと体の関係でゆとりは決まりますから、例え標準型の車いすでも、小柄な人にとっては、大きすぎて姿勢の悪くなる車いすとなってしまいます。狭すぎると、乗っているときに窮屈に感じますし、腸骨等が側板に当たり床ずれになる心配があります。きの姿勢が左右にずれやすくなってしまいます。臀部(おしり)の最大幅を測定します。

実際のシート幅

シート幅サイズは40cmが基本です。モジュール型ですと、一般的に38~44cm間で調整可能です。
「ハンディのちから」 がご紹介している車いすのシート幅は33cm・35cm・36cm38cm40cm42cm43cm・44cm・45cmです。詳しくは車いすシート幅比較をご覧ください。

最終更新日:2012年06月05日

トップに戻る

車いす
車いすの種類
車いすの構造
車いすの性能
車いすの後方転倒防止
一人車いすで行く

車いすの選び方
車いすを機能で選ぶ
車いすを使う目的
身体状況に合った車いす
車いすのフットレスト
車いすの肘掛け(アームレスト)
片手走行車いす
車いすのシート幅
車いすの座面
車いすの使用場所による選択肢
手動自走式車いす・電動車いす
車いすの購入方法
車いすの自費購入方法
介護保険で車いすレンタル
障害者で車いすの交付を受ける
売れ筋車いすを選ぶ
売れ筋車いす

足漕ぎ車いす・プロファンド・体験記
足漕ぎ車いす・プロファンド・リハビリ
足漕ぎ車いす・プロファンド・安全
足漕ぎ車いす・プロファンド・準備
足漕ぎ車いす・プロファンド・走行
足漕ぎ車いす・プロファンドで外出
足漕ぎ車いす・プロファンド・フットプレート
車に乗る足漕ぎ車いす・プロファンド

アームサポート高さ調整車いす
自動ブレーキ付き車いす
車いすの全体寸法
デスク型アームサポート車いす
足踏み連動式駐車ブレーキ車いす
一般的車いす
片手走行車いす
車いすの安定性・安全性
車いすのシート(座面)
座面高さ調整可能車いす
車いすの姿勢維持機能
フットレストスイング車いす
フットレストスイング&着脱車いす
車いすの運びやすさ
車いすの車輪&ハンドリム
ウイング・スイング車いす
ウイング・スイング・肘掛け高さ調整車いす
ウイング・スイング・肘掛け\座位高さ調整車いす
ウイング・スイング&着脱車いす
ウイング式車いす

障害者
歩行補助具
リハビリテーション
胸椎黄色靭帯骨化症
車いす
有輪歩行器

階段手すり
車いす・アフィリエイト
有輪歩行器・アフィリエイト
杖・アフィリエイト