ハンディのちから アフィリエイトヒューケラ(ツボサンゴ)では、春〜初夏のガーデニングにぴったり、花色の他に、カエデ型・フリル付き・切れ込みなどさまざまな葉形、さまざまな葉色・変化する葉色・葉脈や斑入りの葉も長期間鑑賞可能なヒューケラ(ツボサンゴ)を紹介
ハンディのちからガーデニングカラーリーフ>ヒューケラ(ツボサンゴ)

ヒューケラ(ツボサンゴ)

ハンディのちから」の「ヒューケラ(ツボサンゴ)」では、 春〜初夏のガーデニングにぴったりで、白色・ピンク色・黄色・黄褐色・赤色・黄緑色などの花色の他に、カエデ型・フリル付き・切れ込みなどさまざまな葉形、さまざまな葉色・変化する葉色・葉脈や斑入りの葉も長期間鑑賞することができる多年性植物のヒューケラ(ツボサンゴ)をご紹介しています。

園芸やガーデニングで花を育てることが好きでない方でも、長持ちする鉢花はとても嬉しい贈り物になります。

ヒューケラ(ツボサンゴ)とは

ヒューケラ(ツボサンゴ)はユキノシタ科ヒューケラ(ツボサンゴ)属の中で、多年草です。
ヒューケラ(ツボサンゴ)にはたくさんの品種があり、花が美しく、花色も豊富で、カエデ型・フリル付き・切れ込みなどさまざまな葉形、さまざまな葉色・変化する葉色・葉脈や斑入りの葉など個性的な葉が多いです。もともと原産地が北アメリカという植物です。

ヒューケラ(ツボサンゴ)は一般的に耐暑性が強く、耐寒性も強い植物ですが、庭植えでは冬越できない品種もあります。

ヒューケラ(ツボサンゴ)の品種

ヒューケラ(ツボサンゴ)の品種は、草丈で選べるヒューケラ(ツボサンゴ)・葉形で選べるヒューケラ(ツボサンゴ)・葉色で選べるヒューケラ(ツボサンゴ)・花色で選べるヒューケラ(ツボサンゴ)・カラーリーフとしても人気のヒューケラ(ツボサンゴ)などがあります。

ヒューケラ(ツボサンゴ)は開花シーズンがほぼ同じ種類が多いですが、さまざまな形や葉色のヒューケラ(ツボサンゴ)を栽培すれば、ヒューケラ(ツボサンゴ)だけでも長い期間楽しむことができる植栽を作ることができます。

ヒューケラ(ツボサンゴ)の観賞時期

一般的にはヒューケラ(ツボサンゴ)の観賞は春〜初夏の花と思われていますが、ヒューケラ(ツボサンゴ)の葉は周年観賞できます。

1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
開花期
   
開花期
         
休眠
植え付け
植え付け
   
植え付け
肥料
置き肥1回
       
置き肥1回
挿し木
   
 
挿木
   
挿木
 
 

ヒューケラ(ツボサンゴ)を楽しむ

園芸種のヒューケラ(ツボサンゴ)の観賞期はおおむね周年で、「長く楽しめるのが特徴の一つです」と言われますが、「ヒューケラ(ツボサンゴ)を長く楽しむ」には、「良い健康な株を購入すること」と「適切な育て方をすること」なしにはできません。

良い健康な株を購入するためには、

などに注意して購入しましょう。

適切な育て方をするためには、

などに注意して栽培しましょう。

最終更新日:2015年03月29日

トップに戻る

カラーリーフ

カラーリーフ
ヒューケラ
ヒューケラ品種
ヒューケラ品育て方
ヒューケラ草丈
緑葉のヒューケラ
紅葉のヒューケラ
橙色のヒューケラ
茶葉のヒューケラ
赤葉のヒューケラ
シルバー葉のヒューケラ
葉色が変化するヒューケラ
珍しい葉形のヒューケラ
アベリア・グランディフローラ
カルーナ・ブルガリス
コプロスマ・コーヒー
コプロスマ
メトロシデロス
ラゴディア・ハスタータ
ルブス・カリシノイデス
アジュガ・ディクシーチップ
ベロニカ
ユーフォルビア・ブラックバード
ユーフォルビア・ゴールデンレインボー
ユーフォルビア・パープレア
ユーフォルビア
ヒペリカム・カリシナム
ヒペリカム・ゴールドフォーム
ヒペリカム・ヒデコート
ヒペリカム・トリカラー
ヒペリカム
セイヨウイワナンテン・アキシラリス
セイヨウイワナンテン・レインボー
セイヨウイワナンテン・トリカラー
セイヨウイワナンテン
ヒューケラ商品