ハンディのちから アフィリエイトヒューケラ(ツボサンゴ)の育て方では、水やり・施肥・植え替え・花柄摘みなどのヒューケラ(ツボサンゴ)の生育環境や繁殖・病害虫など、ヒューケラをシーズン物で終わらせたくない方へヒューケラ(ツボサンゴ)の育て方を提案
ハンディのちからガーデニングカラーリーフ>ヒューケラ(ツボサンゴ)の育て方

ヒューケラ(ツボサンゴ)の育て方

ハンディのちから」の「ヒューケラ(ツボサンゴ)の育て方」では、水やり・施肥・植え替え・剪定などのヒューケラ(ツボサンゴ)の生育環境や繁殖・病害虫など、ヒューケラ(ツボサンゴ)をシーズン物で終わらせたくない方へヒューケラ(ツボサンゴ)の育て方を提案しています。

ヒューケラ(ツボサンゴ)の生育環境

ヒューケラ(ツボサンゴ)の主な生育期間は春~秋ですが、真夏は暑さで生長は停滞します。ヒューケラ(ツボサンゴ)の生育環境には、「置き場」・「水やり」・「施肥」・「植え替え」・「剪定」などの管理が必要です。ヒューケラ(ツボサンゴ)などの草花を育てていて一番落胆するのは、突然に葉が枯れ落ちるときではないでしょうか。落葉の原因は水不足、肥料不足、日照不足、温度不足の4つがあります。

ヒューケラ(ツボサンゴ)栽培のポイントは

です。

水やり

ポインセチア水やりヒューケラ(ツボサンゴ)は比較的乾燥に比較的強いですが、それでも極端な乾燥に合うと生育が悪くなります。表土が乾いたら、鉢底から流れ出るくらいたっぷり水やりします。「たっぷりと与える」と水が根全体にゆきわたりますので、底からしみだすほどタップリやることが大切です。

庭植えのヒューケラ(ツボサンゴ)は、晴天が何日も続いたり、葉に元気がなくなったら水やりを行います。

施肥

ヒューケラ(ツボサンゴ)は肥料を多く必要としません。肥料が多いと葉模様が悪くなったり、貧弱に育つ事があるので注意が必要です。
春の3月から4月頃と秋の10月頃に緩効性の化成肥料や骨粉入りの固形油粕などを株元に蒔くぐらいでよいです。春や秋の植え付けや植え替え時に元肥を混ぜて植え付ければ、その時期の肥料は必要ありません。

植付け&植え替え

植え替え

ヒューケラ(ツボサンゴ)の植え替えは、真夏の気温が高い時期と霜が降りる寒い時期(寒冷地)を除いていつでも可能です。おすすめの時期は春の3月から4月頃、秋の9月下旬から10月頃に行うとよいです。

用土は草花専用培養土や、赤玉土60%と腐葉土40%の配合土などに、リン酸分とカリ分を多く含んだ緩効性化成肥料を適量加えます。また「深植え」はせず古い土の高さとほぼ同じになるように植えるとよいでしょう。

庭植えしたヒューケラ(ツボサンゴ)は庭植えでは強い日差しの当たらない所や明るい日陰、クリスマスローズも壮ですが落葉樹の下は冬に葉が落ちて日当たりがよく、夏は葉が茂って強い日差しを遮るのでよい所です。腐植質の土を好むので腐葉土と元肥に牛糞などを混ぜ込んで植え付けます。

花柄摘み

ヒューケラ(ツボサンゴ)は初夏に花が咲き終わったら、花茎を付け根から切り落します。枯れた葉は取り除きます。
「ワサビ茎」と言われる古い株の立ち上がった茎の部分は露出した茎の部分を隠すような感じで土を寄せて盛ります。

繁殖

ヒューケラ(ツボサンゴ)を冬越や夏越しさせ長く生育させることができると、つぎのステップは繁殖になります。管理人は、ツニア・キク・コリウス・サンセベリア・シャコバサボテン・金のなる木・沈丁花・オリズルランなど150ポットを毎年繁殖しています。

ヒューケラ(ツボサンゴ)はさし木、株分けでふやすことができます。
先端から葉を数枚付けた状態で茎の部分を切り、用土に挿します。また、茎の途中の葉が無くなって見苦しくなったら、茎の途中から切ってポットなどに挿します。用土は鹿沼土などを利用します。適期は春の6月頃、秋に9月頃にです。
株分けは3月~4月もしくは10月~11月頃が適期で、這うように伸びる茎にできる子株を根ごと掘り上げて、一株に1芽から3芽つけるようにして植え付けます。

病害虫

ヒューケラ(ツボサンゴ)にはウドンコ病、カイガラムシなどの病害虫が発生します。

ヒューケラ(ツボサンゴ)の病害虫は早期発見に努め、下記の中から3種類の殺虫剤や繁殖力の低下資材を用いて駆除します。ヒューケラ(ツボサンゴ)に限らず発見したらすみやかに園芸用の殺虫剤等で駆除することが大切です。

アクテリック乳剤
粘着くん液剤
オルトラン粒剤
ベンレート水和剤
カイガラムシ・アブラムシなどの害虫予防 アブラムシ、タバココナジラミ、ハダニなどの害虫予防 アブラムシ・アオムシ・ヨトウムシなどの害虫予防 うどんこ病・灰色かび病・菌核病など広範囲に効果

最終更新日:2015年03月29日

トップに戻る

カラーリーフ

カラーリーフ
ヒューケラ
ヒューケラ品種
ヒューケラ品育て方
ヒューケラ草丈
緑葉のヒューケラ
紅葉のヒューケラ
橙色のヒューケラ
茶葉のヒューケラ
赤葉のヒューケラ
シルバー葉のヒューケラ
葉色が変化するヒューケラ
珍しい葉形のヒューケラ
アベリア・グランディフローラ
カルーナ・ブルガリス
コプロスマ・コーヒー
コプロスマ
メトロシデロス
ラゴディア・ハスタータ
ルブス・カリシノイデス
アジュガ・ディクシーチップ
ベロニカ
ユーフォルビア・ブラックバード
ユーフォルビア・ゴールデンレインボー
ユーフォルビア・パープレア
ユーフォルビア
ヒペリカム・カリシナム
ヒペリカム・ゴールドフォーム
ヒペリカム・ヒデコート
ヒペリカム・トリカラー
ヒペリカム
セイヨウイワナンテン・アキシラリス
セイヨウイワナンテン・レインボー
セイヨウイワナンテン・トリカラー
セイヨウイワナンテン
ヒューケラ商品