ハンディのちから アフィリエイトギボウシを楽しむ空間では、日向のガーデン・通路に沿った建物の壁際・アプローチ・玄関先に置くギボウシの鉢植え・室内インテリアとして空間を彩るなどギボウシを楽しむ空間情報を提供
ハンディのちからガーデニンググランドカバー>ギボウシ>ギボウシを楽しむ空間

ギボウシを楽しむ空間

ハンディのちから」の「ギボウシを楽しむ空間」では、

などを提案しています。

ガーデンはギボウシの生育に最も良い空間

ガーデンギボウシガーデンの中の斑入りの大型種のギボウシは視線を引きつけ、ガーデンを明るく魅力ある空間にします。日向のガーデンの落葉樹の下はギボウシの生育に最も良い空間です。

ギボウシは年々株が大きくなります。大型種のギボウシは大きくなった場合のことを考慮し、株間をあけて植え付けましょう。大型種のギボウシでは100cmぐらい必要でしょう。

ガーデンに植え付けるギボウシは、立ち上がるように育ちガーデンの後方にも似合う大型種のビッグダディや、葉柄が立ち上がりすっきりと美しい株姿になる大型種の寒河江を選ぶとよいでしょう。

建物の壁際のスペースはギボウシの生育に良い空間

窓際ギボウシ我が家の通路に沿った建物の壁際のスペースは午前中に日が当たる80cmほどの空間です。ガーデニングで使う台車の通行スペース50cm程を残して、その窓際の空間にギボウシを植栽しています。
ギボウシの葉色を壁や窓枠と調和させることによって、リズム感と落ち着きを演出できます。

管理人は極小型、高さ:20cm未満、幅:25cm未満、5~10cm位に育つ「オトメギボウシ」を植栽しています。
もう少しスペースが大きければ、葉張りが60~70cm位に育つ「チェリーベリー鳥香・フレグラントブーケヒメギボウシ」など選択肢が広がります。

玄関先に置くギボウシの鉢植え

ギボウシ玄関先管理人は家族以外誰も見ない庭やバルコニーで何年間も植物を育て、見頃になったら玄関先やアプローでお披露目しています。
人に見られると花や観葉植物がきれいに咲いたり、素敵に発色すると言われていますが、玄関先やアプローでお披露目している花や観葉植物は生き生きときれいにしているように思われます。

ギボウシは大型種を大鉢に植え込んで飾ると見栄えがします。ギボウシと鉢のデザインも大切です。
デザインがまったく違うホスタ(ギボウシ)ポットなどが販売されていますが、斑入りの大型種ギボウシにはシンプルな鉢が似合うでしょう。

ギボウシの鉢植えは室内インテリアとして

ギボウシ室内鉢植えで育てると、小型種ギボウシは室内で観葉植物のように楽しむこともできます。小型種のギボウシの鉢植えは室内インテリアとして空間を彩ります。
オトメギボウシは従来の品種に比べ葉が小さく鉢栽培向きの品種です。 もともと半日陰を好む植物ですので室内インテリアとして楽めます。

最終更新日:2013年07月24日

トップに戻る

ギボウシ
ギボウシ品種
ギボウシを楽しむ空間
ギボウシの植付け
青色の葉ギボウシ
緑色の葉ギボウシ
黄色の葉ギボウシ
斑入りギボウシ
大型ギボウシ
中型ギボウシ
小型ギボウシ
花も楽しめるギボウシ
日陰に強いギボウシ
立ち葉ギボウシ

ギボウシアフィリエイト
オーガストムーン
ビッグダディ
ブルーエンジェル
文鳥香
チェリーベリー
エルニーニョ
フラグラントブーケ
フランシー
ゴールドスタンダード
ハルシオン
ヒメギボウシ
ジューン
黄覆輪
コバギボウシ
ナイト・ビフォア・クリスマス
オオバギボウシ
オトメギボウシ
パトリオット
寒河江
タマノカンザシ
ティアラ
トクダマ
ワイドブリム

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
草花
洋ラン
樹木
観葉植物
グランドカバー
寄せ植え
鉢植え
楽しむガーデニング
ガーデン