ハンディのちから アフィリエイトギボウシでは、日陰ガーデンに欠かせないギボウシの葉の斑入り、質感、色(青色・緑色・黄色)、大きさ(大型種・中型種・小型種)、形、花、日陰、立ち葉、栽培カレンダーなどの栽培法・観賞法・花言葉などの情報を提供
ハンディのちからガーデニングガーデニング下草>ギボウシ

ギボウシ

ハンディのちから」の「ギボウシ」では、 障害者やシニアなどのハンディをお持ちお客さまに、病気や怪我の予防やストレス解消の役にたつ、日陰ガーデンに欠かせないギボウシの葉の斑、質感、色、大きさ、形・栽培カレンダーなどの栽培法・観賞法・花言葉などの情報を提供しています。

ギボウシの葉

ギボウシの葉は斑、質感、色、大きさ、形で個性と魅力があります。
については覆輪(外斑)、中斑、縞斑があります。覆輪(外斑)は葉の縁に白色や黄色の斑が入る種類で「パトリオット」や「寒河江」が代表的です。中斑は葉の中央に帯状の斑が入る種類で「ナイト・ビフォア・クリスマス」や「グレート・エクスペクテーションズ」が代表的です。縞斑は筋状に何本も斑が入る種類で「スジギボウシ」や「キスジギボウシ」が代表的です。

質感は表面に光沢があるものやデコボコ感があるものがあります。デコボコ感があるものの代表が「ライム・リンクルズ」です。

葉色は明るい緑色、青み色の深い緑色、灰緑色、黄金葉などがあります。灰緑色の代表は「ハルシオン」、黄金葉の代表は「オーガスト・ムーン」などがあります。

形は全体の葉形と葉の縁の形でいろいろな種類があります。全体の葉形ではスプーン形が基本ですが、しゃもじ形、ハート形などがあります。葉の縁の形では滑らかな形が基本ですが、波打ったり、ウエーブがかったものがあります。スプーン形の代表は「アンティオーク」、しゃもじ形の代表は「タチギボウシ」などがあります。

ギボウシ栽培法

ギボウシの栽培カレンダーはつぎのとおりです。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
生育状況
休眠期
生育期
開花期
休眠期
充実期
日照条件
北側等
午前日当り
明るい日陰
午前日当
北側等
固形肥料
1回/月
1回
液体肥料
3回/月
3回
水やり
1回/週
2-3回/週
毎日
2-3回/週
1回/週

ギボウシの庭植えは上記のギボウシの栽培カレンダーの日照条件のような、排水性のよく夏場には明るい日陰になり、春秋は午前中日が当たり、冬場は温度差が少ない場所が最適です。夏場には明るい日陰は木漏れ日の当たる場所や遮光ネットを使った半日陰がよいでしょう。

鉢植えの場合は用土選びが大事です。大きく育てたい場合は草花用培養土を使い、小さく育てたい場合は砂と軽石を混合した用土をおすすめします。

鉢植えのギボウシの肥料は草花用培養土を使った場合は化成肥料などの固形肥料、砂と軽石を混合した用土を使った場合は緩効性の有機質肥料などの固形肥料か、液体肥料を施肥します。

詳しくは「ギボウシの植付け」をご覧ください。

ギボウシ観賞法

ギボウシを楽しむ空間では、日向のガーデン・通路に沿った建物の壁際・アプローチ・玄関先に置くギボウシの鉢植え・室内インテリアとして空間を彩るなどギボウシを楽しむ空間情報を提供しています。

ギボウシの観賞法にはギボウシ同士で楽しむ方法と他の植物と組み合わせて楽しむ方法があります。
ギボウシ同士で楽しむ場合は、斑入り、質感、色(青色の葉緑色の葉黄色の葉)、大きさ(大型種中型種小型種)、形、日陰立ち葉が違うものを選びます。特にとなり同士のギボウシは違いが著しいものを選びます。

他の植物と組み合わせてギボウシを楽しむ場合は、グランドカバーや常緑植物、落葉植物、色の違う植物と組み合わせるといろいろな楽しみ方ができます。

ギボウシ花言葉

トップに戻る

ガーデン下草 (グランドカバー)
花を花色で楽しむガーデン下草
花を開花時期で楽しむガーデン下草
実を楽しむガーデン下草
葉を楽しむガーデン下草
草丈で選ぶガーデン下草
日向向きガーデン下草
半日陰向きガーデン下草
日陰向きガーデン下草
おすすめグランドカバー6月が旬
ギボウシ
ツワブキ
ツワブキの品種
ツワブキの育て方
ラミウム

ガーデン下草 (グランドカバー)・アフィリエイト

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
クレマチス
ゼラニウム
クリスマスローズ
草花
洋ラン
樹木
観葉植物
グランドカバー
寄せ植え
鉢植え
楽しむガーデニング
ガーデン
売れ筋ランキング
草花アフィリエイト
洋ランアフィリエイト
庭木アフィリエイト
観葉植物アフィリエイト
グランドカバーアフィリエイト
ガーデニング資材アフィリエイト
ガーデニング書籍アフィリエイト