アンスリウム
ハンディのちから アフィリエイトアンスリウムでは、非耐寒性常緑多年草で花持ちがよく、観葉植物として葉も楽しむことができるアンスリウムのプロフィール・品種・花色・花言葉・置き場所・育て方などをご紹介

アンスリウム

ハンディのちから」の「アンスリウム」では、 アンスリウムのプロフィール・品種・花色・花言葉・置き場所・育て方などをご紹介しています。

アンスリウムとは

アンスリウムは熱帯アメリカ原産のサトイモ科アンスリウム属の非耐寒性常緑多年草です。別名オオベニウチワ(大紅団扇)と呼ばれています。

アンスリウムは一年を通して弱光線の場所で育てます。アンスリウムは夏の強い日差しを当てると葉焼けし、また耐寒性は10〜15℃です。
従って5月下旬~10月中旬の生育期は戸外の半日陰の場所または屋内のレースのカーテン越しの日向で管理します。10月下旬~5月中旬の季節は室内の明るく、室温が15℃くらいの場所で管理します。

アンスリウムは熱帯アメリカ原産としたサトイモ科の植物で、約550種あるといわれています。アンスリウムの魅力は、花持ちがよいことと、花色が豊富なことです。 アンスリウムの花色は赤色、ピンク、黄色、白色、緑色、紫色、暗褐色ほかです。色鮮やかなアンスリウムですが、実は花びらに見えるものが花びらではなく、これは仏炎苞という、サトイモ科の特徴的な苞なのです。
花色は単色でなく、2色のグラデーションや2色で中心の色と縁の色を構成しているものもあります。また、トリコロールのように3色のものもあります。

花の持つ香りや自然の中で生きる可憐な姿から受ける印象などを言葉にし、花を渡すことで感情を伝える手段として「花ことば」が作られたと言われています。
アンスリウムの花言葉は「情熱」「煩悩」「飾らない美しさ」「印象深い」「無垢な心」などです。

アンスリウムの品種

アンスリウムは初夏から夏に流通する夏の鉢花です。10年程前まではハワイで生産された切り花用の品種が鉢花として出回っていましたが、そのころに出回り始めて鉢物用品種『ピンク・チャンピオン』を契機に、オランダで生産された 鉢物用品種が鉢花として出回っています。
オランダで生産された 鉢物用品種はかつて出回っていた品種とは性質が大きく異なり、一般のガーデナーでも花を咲かせやすくなっています。
「ハンディのちから」では、楽天市場からアンスリウム12品種をご紹介しています。お好みの品種を見つけて、きれいな花を咲かせ楽しんで下さい。

アンスリウムの育て方

アンスリウムの開花期は周年とされるが、適温で適切な環境であることが必須になります。日本の冬の環境を考えると、おおむね5月~10月 に花を楽しみ、それ以外の季節は観葉植物として葉を楽しむことになるでしょう。

適切な育て方をするためには、

  • 日当たりの良い場所を好みますが、夏は葉焼けを考慮して半日陰に置く。
  • 冬は15℃以上の日当りに置く。
  • 多湿を好むので、水やりをかかさないようにする。
  • 株の更新は2年位で必要。

などに注意して購入・管理しましょう。

最終更新日:2013年08月27日

トップに戻る