ハンディのちから アフィリエイトタンクブロメリア・栽培では、タンクブロメリア栽培に必要なタンクブロメリアの置き場や・タンクブロメリアの植え方、日照・タンクブロメリアの肥料・タンクブロメリアの水やり・タンクブロメリアの病害虫などの育て方などをご紹介
ハンディのちからガーデニング観葉植物>タンクブロメリア・栽培

タンクブロメリア・栽培

ハンディのちから」の「タンクブロメリア・栽培」では、 タンクブロメリア・栽培に必要なタンクブロメリアの置き場や日照・タンクブロメリアの植え方・タンクブロメリアの肥料・タンクブロメリアの水やり・タンクブロメリアの病害虫などの育て方などをご紹介しています。

タンクブロメリアとは

タンクブロメリアは、樹木や岩に着生したり、一部地面に生える品種もあります。葉の付け根に水を蓄えるタンク構造になって、主にそこから水分や養分を吸収します。 ティランジアと比べると根から水分や養分を吸収することが高いので、鉢植えにした方がよく成長します。丈夫で育てやすい品種が多く、温度管理をきちんとして栽培すれば、立派に育ってくれます。
タンクブロメリアは、硬葉種と軟葉種に大別されます。硬葉種は主にエクメア、ビルベルギア、ネオレゲリア、ホヘンベルギアなどの硬い葉のタンクブロメリアです。原生地は日光がよく当たる場所ですので、強い日射には対抗性があります。
軟葉種はフリーセアの大半とティランジアの一部などの、柔らかい葉を持っているタンクブロメリアです。原生地は日光が弱く湿潤な場所ですので、強い日射には弱いタンクブロメリアです。

置き場・日照

タンクブロメリアの硬葉種は屋外の強めの日光を好みますので、風通しがよい明るい日陰から直射日光 に近い場所で栽培できます。真夏の非常に強い直射日光の場所でのみ、30%程度遮光すれば、葉やけすることなく、丈夫に育ちます。逆にしっかり日に当てないと、ヒョロヒョロと間延びし、美しい草姿やきれいな葉色に発色しません。
軟葉種は硬葉種に比べて、日光への耐性が弱いので、 ティランジアの緑葉種と同じ環境下で栽培します。春から秋の間は、木漏れ日が差し込むような樹木の下や強い日は差し込まないが暗い日陰ではなく、風通しがよい明るい日陰で栽培します。明るい日陰が確保できない場合、40〜50%遮光します。
最低気温が10℃を下回る時期には、品種によっては屋内の窓辺から1〜2m離れた場所に取り込みます。直射日光が当たる窓辺では、床面の温度がかなり上昇してしまうので、レースのカーテンで遮ります。
また、タンクブロメリアは一部を除いて耐暑性が強い品種が多いですが、最低気温が30℃を超える時期には遮光ネットで、硬葉種は20〜30%、軟葉種に50%に遮光します。
風通りが悪いと蒸れますので注意が必要です。梅雨から夏場の時期に風通りが悪い場所に鉢植えタンクブロメリアを置くときは扇風機等で風通りを作ります。
屋外であれば自然の通風で十分ですので、最低気温が10℃を超える季節は屋外で生長させるとよいでしょう。

タンクブロメリアの植え方

タンクブロメリアは水苔や観葉植物の用土などに植えつけた方がよく育ちます。植え方で成長の早さが変わってきます。着生や鉢植えをできる時期は3〜9月ですが、4〜6月が最適です。

中粒バークチップと軽石、赤玉土を当量配合した水はけのよい用土で、プラスチック鉢に植えこむのがよいです。

タンクブロメリアの肥料

タンクブロメリアは引き締まった株に育てたいときは肥料を与えなくてよいですが、大きく育てたいときは緩効性化成肥料(N-P-K=8-8-8など)などを少量施肥します。

タンクブロメリアの水やり

タンクブロメリアは根と筒の内部から水や養分を吸収しますので、水やりのときは株の真上から水をかけ、常に筒の中に水を貯めるようにします。また、根元にもしつかり水やりします。硬葉種と軟葉種ともに用土の表面が乾いたら、水やりのタイミングです。
春から秋の成長期には一日おきか、毎日水やりします。
一方、半月水やりを忘れても耐える品種も多い。

最低気温が10℃を下回る時期には屋内の窓辺から1〜2m離れた場所に取り込みます。温室で栽培できれば、春から秋の成長期に準じた水やりで構いませんが、室内での水やりには注意が必要です。水やり後に窓を開けて風通しを良くしたり、扇風機で優しく通風します。植物の体液は、水やりが少ないと濃くなって寒さに強くなります。
最低室温が15℃以上ある場合、1回/3日の水やりをしても大丈夫です。ただし、夜には乾くような時間に水やりし、換気をします。10℃以下に下がった場合1回/週程度、5℃以下に下がった場合タンクの水を抜き、水やりを控え、1回/半月程度水やりをし、乾かし気味に管理します。

タンクブロメリアの殖やし方

タンクブロメリアは花後は枯れる一回結実性植物です。原則的に実生、もしくは開花前後に行われる葉腋からの分株によって行います。

実生で殖やす

エクメアネオレゲリアなどの果実をつける品種は、果肉をきれいにこすり洗いして種を取り出します。少しでも果肉が残っていると、発芽しにくくなります。
種は水苔やバーミキュライトの上に置いて、常に濡れている状態に保持すると、1〜2週間で発芽します。 タンクブロメリアの実生はティランジアと違い、1年でかなりの大きさに成長します。

株分けで殖やす

タンクブロメリアは花を咲かせたら子株をつけます。稀に花が咲かなくてもある程度成長すると子株をつけます。親株の2/3位の大きさになったら、切り分けることができます。
3〜9月に子株を切り分けて別の鉢に植え替えます。

病害虫

タンクブロメリアに発生する害虫や病気は、さほど多くありません。代表的な病害虫とその対処方法です。タンクブロメリアには、ハダニなどの害虫が発生することがあります。

ハダニ

室内の極端に乾燥したタンクブロメリアには、葉裏に発生しやすい害虫であるハダニが付くことがあります。初期のうちはハダニのつきやすい葉裏を、霧吹き等で保湿して防除したり、頻繁に勢いよく洗い流したり、雨に当ててやれば駆除できることもあります。しかし、 葉の葉緑素が抜け白っぽくカスリ状になるなどの症状がある場合はハダニ類殺虫剤を使用します。薬剤に対する抵抗力がつくので、数種類のハダニ類殺虫剤を交互に散布する必要があります。

詳しくはハダニをご覧ください。ハダニ類殺虫剤をご覧ください。

最終更新日:2016年03月23日

トップに戻る

観葉植物
観葉植物の選び方
観葉植物の買い方
観葉植物の手入れ
観葉植物置き場情報
観葉植物カタログ
旬の観葉植物2009年ランキング
カンノンチク(観音竹)
アロエ
アロエ品種
アロエ栽培
アロエ植替え
アンスリュム
アンスリュムの花を咲かせる
アンスリュム品種
アンスリュム・植えかえ
アンスリュム・1鉢1株
ティランジア
ティランジアの品種
ティランジアの栽培
ブロメリア
ブロメリアの品種
ブロメリアの栽培
エアブロメリア・栽培
タンクブロメリア・栽培
グラウンドブロメリア・栽培
レックス・ベゴニア
レックス・ベゴニアの品種
レックス・ベゴニアの栽培

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
クレマチス
ゼラニウム
クリスマスローズ
草花
洋ラン
樹木
観葉植物
グランドカバー
寄せ植え
鉢植え
楽しむガーデニング
ガーデン
売れ筋ランキング
草花アフィリエイト
洋ランアフィリエイト
庭木アフィリエイト
観葉植物アフィリエイト
グランドカバーアフィリエイト
ガーデニング資材アフィリエイト
ガーデニング書籍アフィリエイト