ハンディのちから アフィリエイトアブチロン(アブロチン)の育て方では、置き場・水やり・施肥・剪定・鉢植えなどのアブチロン(アブロチン)の生育環境や繁殖・病害虫などガザニアをシーズン物で終わらせたくない方へアブチロン(アブロチン)の育て方を提案
ハンディのちからガーデニング草花>アブチロン(アブロチン)の育て方

アブチロン(アブロチン)の育て方

ハンディのちから」の「アブチロン(アブロチン)の育て方」では、 置き場・水やり・施肥・剪定・鉢植えなどのアブチロン(アブロチン)の生育環境や繁殖・病害虫などアブチロン(アブロチン)をシーズン物で終わらせたくない方へアブチロン(アブロチン)の育て方を提案しています。

アブチロン(アブロチン)の生育環境

アブチロン(アブロチン)の生育環境には、「置き場」・「水やり」・「施肥」・「剪定」・「花がら摘み」などの管理が必要です。アブチロン(アブロチン)などを育てていて一番落胆するのは、開花しないときではないでしょうか。開花しないの原因は水不足、肥料不足、日照不足、温度不足、病害虫の5つがあります。

アブチロン(アブロチン)栽培のポイントは

です。

置き場

アブチロン(アブロチン)の置き場の環境で注意すべきことは、日当りと風通し、水はけのよい土壌です。

アブチロン(アブロチン)は一般的には日当たりを好みますが、夏期は風通しがよく涼しい半日陰に移動します。また、どうしても日向に置く場合は、台の上に置いたり、二重鉢にして暑さ対策をします。

花壇植えのアブチロン(アブロチン)は 立ち上り花壇の樹木の下に植え込むと、日当りと風通し、水はけが良くなります。

アブチロン(アブロチン)は熱帯や亜熱帯の原産ですが、かなり耐寒性が強い植物です。関東以西の地域では屋外でも冬は越せますが、強い霜には耐えられませんので敷き藁や盛り土などの防寒対策が必要です。
冬の外気温度が3℃以下になるような地域では、室内へ取り込んで越冬すると一年中開花が続きます。

水やり

水やりアブチロン(アブロチン)は乾燥と過湿を嫌う植物です。
鉢植えは表土が乾いたらでなく乾き始めたら「たっぷり」 与えます。「たっぷりと与える」と水が根全体にゆきわたりますので、底からしみだすほどタップリやることが大切です。しかし、長雨が続く時は、少し萎れていても雨上がりまで待ちましょう。
また、水は葉や花に掛けてはいけません。イラストのように株元に水やりをします。

極度の乾燥はアブチロン(アブロチン)の葉を傷め、ハダニが発生しやすくなるので、乾きやすい夏期は朝夕2回の水やりも必要です。

施肥

長期間咲き続けるアブチロン(アブロチン)の施肥は肥料切れさせないようにN-P-K=10-10-10などの緩効性化成肥料か、N-P-K=6-10-5などの液体肥料を一年を通して与えます。ただし、11〜3月は開花している株に限ります。

肥料の過不足をなくす方法として、一か月に規定量を2回に分けて、その半分を2週間に1回施肥すると良いでしょう 。

植付け

アブチロン(アブロチン)のポット苗は4〜5月頃にたくさん出回ります。購入したら5号鉢に植え替えます。その後梅雨明前の7月中旬頃に、再度6〜7号鉢に植え替えると根詰まりしにくくなります。

庭植えする場合、4〜5月頃に出回るポット苗は一度5号鉢に植え替え、50〜60cmの株に成長させてから、翌年の4〜6月頃に南向きの壁際などに植え付けましょう。

植え替え

植え替え

アブチロン(アブロチン)は根詰まりすると開花しなくなります。根詰まりした株は鉢から抜いて一回り大きな鉢に新しい土で浅く植え替えます。アブチロン(アブロチン)の植付け時期は4〜6月が適期です。

土は赤玉土(小粒〜中粒)70%:腐葉土30%の割合で混ぜた土を使用します。

アブチロン(アブロチン)栽培にも、深鉢をおすすめします。深鉢は、水やりの失敗が少ない鉢なので必要な分だけ水分が底から供給されます。根があるところの土は常に適度な水分があり、水切れを起こしにくいのです。

剪定

伸びすぎたり株姿が乱れたときやスペースに限りがあるときにアブチロン(アブロチン)は新しく伸びた枝先に花芽を付けますので、本格的に生育する前の3月下旬〜4月下旬に剪定して仕立て直しをします。
葉を多めに残して、外側を向いた芽の上で剪定し、わき芽が出るのを促します。また、ヒョロヒョロと一本伸びてしまった株は、芽を確認してから低い位置で剪定します。

病害虫

アブチロン(アブロチン)の害虫は主にハダニ・アブラムシ・カイガラムシ・ハマキムシ・オンシツコナジラミや立枯病などが発生します。

(アブロチン)の病害虫は早期発見に努め、下記の中から3種類の殺虫剤や繁殖力の低下資材を用いて駆除します。アブチロン(アブロチン)に限らず発見したらすみやかに園芸用の殺虫剤等で駆除することが大切です。

アクテリック乳剤
オルトラン水和剤
粘着くん液剤
オルトラン粒剤
ベンレート水和剤
カイガラムシ・アブラムシなどの害虫予防 植物の汁を吸う害虫や葉を食い荒らす害虫効果 アブラムシ、タバココナジラミ、ハダニなどの害虫予防 アブラムシ・アオムシ・ヨトウムシなどの害虫予防 うどんこ病・灰色かび病・菌核病など広範囲に効果

最終更新日:2014年08月10日

トップに戻る

草花

アブチロン
アブチロンの品種
アブチロンの育て方
オステオスペルマム
オステオスペルマムの育て方
カランコエ
カランコエの品種
カランコエの育て方
カランコエ画像一覧
カランコエの販売店
菊(キク)
菊(キク)の品種
菊(キク)の開花期
菊(キク) の育て方
木立ベゴニア
木立ベゴニアの品種
木立ベゴニアの育て方
カーネーション
カーネーションの育て方
ガザニア
ガザニアの育て方
咲き続けるガザニア花壇
ダリリア
ダリリアの品種
ダリリアの育て方
ダリリアの生育サイクル
クンシラン
クンシランの品種
クンシランの育て方
クンシランの交配
宿根サルビア
宿根サルビア品種
宿根サルビア育て方
シクラメン
シクラメンを長く楽しむ
シャコバサボテン
シャコバサボテンの品種
シャコバサボテンの育て方
シクラメンの置き場所
なでしこ
なでしこの品種
なでしこの育て方
プリムラ
プリムラ・ポリアンサ
プリムラ・マラコイデス
プリムラ・シネンシス
プリムラ・オブコニカ
プリムラ品種
花色で選ぶプリムラ
開花期で選ぶプリムラ
咲き方で選ぶプリムラ
日照条件で選ぶプリムラ
多年草か一年草で選ぶプリムラ
プリンセチア・ポインセチアの新品種
プリンセチアの品種
プリンセチアの育て方
2年目のプリンセチアの育て方
ベゴニア植物園
ポインセチア・クリスマスの定番
ポインセチアの品種
ポインセチアの育て方
2年目のポインセチアの育て方
ミニバラ
ミニバラの品種
ミニバラの育て方
冬の開花ミニバラの管理
ユーフォルビア
ユーフォルビアの品種
ユーフォルビアの育て方
ユリ(百合)
ユリ(百合)の品種
ユリ(百合)育て方

おすすめ草花(アフィリエイト)

栽培体験草花

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
クレマチス
ゼラニウム
クリスマスローズ
草花
洋ラン
樹木
観葉植物
グランドカバー
寄せ植え
鉢植え
楽しむガーデニング
ガーデン
売れ筋ランキング
草花アフィリエイト
洋ランアフィリエイト
庭木アフィリエイト
観葉植物アフィリエイト
グランドカバーアフィリエイト
ガーデニング資材アフィリエイト
ガーデニング書籍アフィリエイト