ハンディのちから アフィリエイトシクラメン・冬の鉢花の定番では、シクラメンの品種・花色・開花期情報を提供してシクラメンを楽しむお手伝い。園芸品種は多くの花径の大きさや咲き方や花色があり、さまざまな雰囲気のシクラメンを選ぶことができます。
ハンディのちからガーデニング草花>シクラメン・冬の鉢花の定番

シクラメン・冬の鉢花の定番

ハンディのちから」の「シクラメン・冬の鉢花の定番」では、 シクラメンの品種・花色・開花期情報を提供しています。シクラメンの品種は約20種の原種と園芸品種に大別できます。園芸品種は多くの花径の大きさや咲き方や花色があり、さまざまな雰囲気のシクラメン・冬の鉢花の定番を選ぶことができます。

シクラメンとは

一般に鉢花として栽培され私たちが鉢植えで購入し鑑賞しているシクラメン・冬の鉢花の定番は、シクラメン・ペルシカムから改良された園芸品種です。
 地中から地際に球茎を上下に少し押しつぶしたような形の球根を持ちます。ハート型で縁に細かなギザ ギザが入っている葉は、銀白色の模様が入っています。
 名前の由来はギリシア語のキクロスに由来し、受粉すると花茎がくるくるとらせん状に巻く姿にちなみます。
 和名のブタノマンジュウ(豚の饅頭)は球根の形から、別名のカガリビバナ(篝火花)は花の姿に由来します。

シクラメンの品種

シクラメン・冬の鉢花の定番の品種は原種と園芸品種に大別できます。

品種改良されていない野生種の原種シクラメンは地中海、黒海沿岸を中心とする南ヨーロッパの各地、トルコ、イスラエル、レバノンなどの中近東、ロシア、そして北アフリカなどに現在20種が自生していると言われています。原種シクラメンは鉢花より、花苗として販売されています。鉢花として流通している園芸種シクラメンに比べると、葉も花も小型のものが多いです。
原種シクラメンは生長がゆっくりでタネから2~4年かかり、開花サイズの塊茎になります。

園芸品種のシクラメン・冬の鉢花の定番は19世紀後半に現在のシクラメンの元となる大輪の品種が次々と作られました。それまで存在しなかった赤色やサーモンピンクのシクラメンが20世紀初頭に栽培され始めました。縁が細かく波打つフリンジ咲きはこの頃作られ て現在まで栽培されています。繊細かつ豪華な雰囲気を持つ花です。
1960年にオランダで音楽家の名前が付けられたパステルカラーシクラメン・冬の鉢花の定番の品種群「バッハ」「ハイドン」「シューベルト」「ショパン」などのが作られ、今でも日本でも鉢花向きに広く販売されています。

花径の大きさで区分すると、大輪シクラメンミニシクラメンがあります。シクラメン・冬の鉢花の定番の花径は3cm~8cmです。花径が3cm~4cmのシクラメン・冬の鉢花の定番はミニシクラメンと言われ、花径が7cm~8cmのシクラメン・冬の鉢花の定番は大輪シクラメンとして区分けしてご紹介しています。花径が3cm~4cmのミニシクラメンはペルシカムに他の園芸品種を掛け合わせてつくられた小型の品種で、様々な系統があります。

ガーデンシクラメンはミニシクラメンの中から 耐寒性の強いものを選んで育種された品種です。ベランダや屋外でも冬越しできるので、春の草花の寄せ植えなどに広く利用されています。

咲き方では八重咲きフリンジ咲き香りシクラメンも知られています。

シクラメンを長く楽しむ

園芸種のシクラメン・冬の鉢花の定番の開花期はおおむね冬~早春咲きで、「長く楽しめるのが特徴の一つです」と言われますが、「シクラメンを長く楽しむ」には、「良い健康な株を購入すること」と「適切な手入れをすること」なしにはできません。

良い健康な株を購入するためには、「株全体ががっちりしている」・「葉の数も多い」・「花の軸が丈夫」・「つぼみが多い」・「お買い得な値段」・「シクラメンが置かれている環境」・「病害虫」に注意して選ぶことです。

シクラメンの適切な手入れには、「置き場」・「水やり」・「施肥」・「花殻摘み」・「植え替え」などの管理が必要です。

シクラメンの置き場所

11月に入るとお祝いや自分用途として多くの方がシクラメンを購入されます。11月下旬になるとお歳暮用途として多くの方がシクラメンを購入されます。12月中旬になるとクリスマス用途として多くの方がシクラメンを購入されます。

プレゼントされたシクラメンや自分用にシクラメンを購入したら、つぎはシクラメンの置き場所を決めることです。「飾りたい」と思う場所とシクラメンが好む場所とが一致しないことがしばしばあります。

シクラメンの花言葉

シクラメンの花言葉は「内気」・「はにかみ」・「遠慮がち」・「疑いを持つ」などです。また、花色により異なり、赤は「嫉妬」、白は「清純」、ピンクは「憧れ、内気、はにかみ」など です。

花言葉の言われは、花の形がうつむいているように見えるので「はにかみ」「内気」という花言葉が生まれ、赤い花びらが炎を連想させることから、燃え上がる「嫉妬」という過激な花言葉にもなりました。

例えば、シクラメンもクリスマスに合う花でしょう。ただし、色は白に限ります。なぜなら、シクラメンの花言葉は、白だと「清純」ですが、赤だと「嫉妬」に なってしまいます。赤だとちょっと妙な意味になってしまいかねないので、白のシクラメンを用意しておくべきでしょう。クリスマスにはこの「清純」のよう な、清楚さを表した花言葉もよく似合います。

花色

赤いシクラメン
ピンクのシクラメン
白いシクラメン
青いシクラメン
赤いシクラメン ピンクのシクラメン 白いシクラメン 青いシクラメン

園芸種のシクラメン・冬の鉢花の定番の花色は絶対的な人気のレッド(赤色)のシクラメンに加えてピンクブルー・パープル(青色・紫色)やホワイト(白)やイエロー(黄色)の色彩にも少しずつ需要が出始め、現在はピンクが相当数出回っています。

パステルカラーの品種群「バッハ」「ハイドン」「シューベルト」「ショパン」などはやさしい雰囲気が表現できます。

原種シクラメンの花色は白やピンク、紫色のものが多く、やや細長い花びらは上に反り返ります。株元から花茎を長く伸ばし、1本の花茎に1つの花を咲かせます。

開花期

園芸種のシクラメン・冬の鉢花の定番の開花期はおおむね冬~早春咲きです。

原種シクラメンの開花期は種によってまちまちです。開花時期の違いで、

の3つに分けられます。
その3つの中でも広く普及しているのは「夏~秋咲き」と「冬~早春咲き」に含まれる種です。

シクラメンの鉢花

鉢花シクラメン・冬の鉢花の定番5号鉢6号鉢7号鉢の鉢の大きさで区分けしてご紹介しています。

最終更新日:2012年10月04日

トップに戻る

草花

アブチロン
アブチロンの品種
アブチロンの育て方
オステオスペルマム
オステオスペルマムの育て方
カランコエ
カランコエの品種
カランコエの育て方
カランコエ画像一覧
カランコエの販売店
菊(キク)
菊(キク)の品種
菊(キク)の開花期
菊(キク) の育て方
木立ベゴニア
木立ベゴニアの品種
木立ベゴニアの育て方
カーネーション
カーネーションの育て方
ガザニア
ガザニアの育て方
咲き続けるガザニア花壇
ダリリア
ダリリアの品種
ダリリアの育て方
ダリリアの生育サイクル
クンシラン
クンシランの品種
クンシランの育て方
クンシランの交配
宿根サルビア
宿根サルビア品種
宿根サルビア育て方
シクラメン
シクラメンを長く楽しむ
シャコバサボテン
シャコバサボテンの品種
シャコバサボテンの育て方
シクラメンの置き場所
なでしこ
なでしこの品種
なでしこの育て方
プリムラ
プリムラ・ポリアンサ
プリムラ・マラコイデス
プリムラ・シネンシス
プリムラ・オブコニカ
プリムラ品種
花色で選ぶプリムラ
開花期で選ぶプリムラ
咲き方で選ぶプリムラ
日照条件で選ぶプリムラ
多年草か一年草で選ぶプリムラ
プリンセチア・ポインセチアの新品種
プリンセチアの品種
プリンセチアの育て方
2年目のプリンセチアの育て方
ベゴニア植物園
ポインセチア・クリスマスの定番
ポインセチアの品種
ポインセチアの育て方
2年目のポインセチアの育て方
ミニバラ
ミニバラの品種
ミニバラの育て方
冬の開花ミニバラの管理
ユーフォルビア
ユーフォルビアの品種
ユーフォルビアの育て方
ユリ(百合)
ユリ(百合)の品種
ユリ(百合)育て方

おすすめ草花(アフィリエイト)

栽培体験草花

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
クレマチス
ゼラニウム
クリスマスローズ
草花
洋ラン
樹木
観葉植物
グランドカバー
寄せ植え
鉢植え
楽しむガーデニング
ガーデン
売れ筋ランキング
草花アフィリエイト
洋ランアフィリエイト
庭木アフィリエイト
観葉植物アフィリエイト
グランドカバーアフィリエイト
ガーデニング資材アフィリエイト
ガーデニング書籍アフィリエイト