ハンディのちから アフィリエイトユーフォルビアの育て方では、置き場・水やり・施肥・剪定・鉢植えなどのユーフォルビアの生育環境や繁殖・病害虫などユーフォルビアをシーズン物で終わらせたくない方へユーフォルビアの育て方を提案
ハンディのちからガーデニング草花>ユーフォルビアの育て方

ユーフォルビアの育て方

ハンディのちから」の「ユーフォルビアの育て方」では、 置き場・水やり・施肥・剪定・鉢植えなどのユーフォルビアの生育環境や繁殖・病害虫などユーフォルビアをシーズン物で終わらせたくない方へユーフォルビアの育て方を提案しています。

ユーフォルビアの生育環境

ユーフォルビアの生育環境には、「置き場」・「水やり」・「施肥」・「切り戻し」などの管理が必要です。ユーフォルビアなどを育てていて一番落胆するのは、開花しないときではないでしょうか。開花しないの原因は水不足、肥料不足、日照不足、温度不足、病害虫の5つがあります。

ユーフォルビア栽培のポイントは

ですが、品種により耐寒性等は多少異なります。

置き場

ユーフォルビアの置き場の環境で注意すべきことは、半日程度日に当てることができる、水はけのよい場所です。 真夏は高温多湿に弱いので半日陰に移動させます。

ユーフォルビアの冬越しは、耐寒性品種は特に対策は必要ありませんが、非耐寒性品種は屋内に取り込んで約5℃以上の窓辺で育てましょう。常緑種は、冬期に葉を傷めると花が咲かなくなるので、種類によっては防寒が必要です。

水やり

元々湿度の低い環境に自生している水やりユーフォルビアは乾燥を好む植物ですので、過湿には注意が必要です。

鉢植えは表土が白っぽく乾き、萎れてきたのを目安に「たっぷり」 与えます。「たっぷりと与える」と水が根全体にゆきわたりますので、底からしみだすほどタップリやることが大切です。しかし、長雨が続く時は、少し萎れていても雨上がりまで待ちましょう。

また、水は葉や花に掛けてはいけません。イラストのように株元に水やりをします。

施肥

多くの草花系ユーフォルビアは、開花期間中に肥料を欲しがります。葉を周年鑑賞でき長期間咲き続けるユーフォルビアは肥料切れさせないように、緩効性化成肥料(N-P-K=10-10-10)を2〜8月に1回します。

植え付け時に元肥として、緩効性化成肥料(N-P-K=10-10-10)を与えます。

夏の暑さが一段落し、新芽の伸長が盛んになる9月下旬に株元に堆肥を敷き詰めます。堆肥を敷いたら、開花前の春まで施肥はしません。開花前になったら、もう一度堆肥を敷き、開花中は株元に緩効性化成肥料(N-P-K=10-10-10)を与えます。

植え付け&植え替え

植え替え

庭植えのユーフォルビアは過湿を防ぐため、土を盛り上げたレイズドベッドなどに植えつけます。浅植えにして、株元はバークチップや砂利などで覆っておきます。植えつける際、苦土石灰など石灰分を用土に混ぜます。庭植えは数年間植えっぱなしでかまいません。

鉢植えのユーフォルビアは根詰まりや用土の目詰まりで生育が悪くなるので、2~3年ごとに古い用土を落として植え替えをします。根鉢はあまり崩さずに、堆肥と用土を等量混合したものを鉢底に2cm程度敷いた上に浅く植え付けます。株元に緩効性化成肥料(N-P-K=10-10-10)を1号につき1粒程度置肥します。

鉢植えのユーフォルビアの用土は山野草向け用土やサボテン向けの用土を使います。自分でブレンドする場合、赤玉土30%、鹿沼土30%、軽石30%、腐葉土10%の配合土など、水はけのよいものを使います。

ユーフォルビアの植え付けや植え替えの適期は2〜5月および9月中旬〜11月です。

切り戻し

常緑性のユーフォルビアは咲き終わった花や傷んだ花をそのままにしておくと、咲き疲れを起こしやすく、立ち枯れの原因になるで、早めに切り戻しを行います。
遅くとも梅雨入り前に、地際から、開花が終了した茎から順に切り戻します。
ただし、新芽が展開している茎は切り戻しせずにおきます。

殖やし方

ユーフォルビアは咲株分け、さし芽、タネまきでふやします。一部の品種などは根伏せでもふやせます。
さし芽は頂芽を利用します。切り口から出る白い乳液をよく洗い流してから、パーライトや鹿沼土などにさします。

病害虫

ユーフォルビアの病害虫は主にスリップス・アブラムシ・ハダニやさび病・うどんこ病などが発生します。

ユーフォルビアの病害虫は早期発見に努め、下記の中から3種類の殺虫剤や繁殖力の低下資材を用いて駆除します。ユーフォルビアに限らず発見したらすみやかに園芸用の殺虫剤等で駆除することが大切です。

アクテリック乳剤
オルトラン水和剤
粘着くん液剤
オルトラン粒剤
ベンレート水和剤
カイガラムシ・アブラムシなどの害虫予防 植物の汁を吸う害虫や葉を食い荒らす害虫効果 アブラムシ、タバココナジラミ、ハダニなどの害虫予防 アブラムシ・アオムシ・ヨトウムシなどの害虫予防 うどんこ病・灰色かび病・菌核病など広範囲に効果

最終更新日:2016年04月18日

トップに戻る

草花

アブチロン
アブチロンの品種
アブチロンの育て方
オステオスペルマム
オステオスペルマムの育て方
カランコエ
カランコエの品種
カランコエの育て方
カランコエ画像一覧
カランコエの販売店
菊(キク)
菊(キク)の品種
菊(キク)の開花期
菊(キク) の育て方
木立ベゴニア
木立ベゴニアの品種
木立ベゴニアの育て方
カーネーション
カーネーションの育て方
ガザニア
ガザニアの育て方
咲き続けるガザニア花壇
ダリリア
ダリリアの品種
ダリリアの育て方
ダリリアの生育サイクル
クンシラン
クンシランの品種
クンシランの育て方
クンシランの交配
宿根サルビア
宿根サルビア品種
宿根サルビア育て方
シクラメン
シクラメンを長く楽しむ
シャコバサボテン
シャコバサボテンの品種
シャコバサボテンの育て方
シクラメンの置き場所
なでしこ
なでしこの品種
なでしこの育て方
プリムラ
プリムラ・ポリアンサ
プリムラ・マラコイデス
プリムラ・シネンシス
プリムラ・オブコニカ
プリムラ品種
花色で選ぶプリムラ
開花期で選ぶプリムラ
咲き方で選ぶプリムラ
日照条件で選ぶプリムラ
多年草か一年草で選ぶプリムラ
プリンセチア・ポインセチアの新品種
プリンセチアの品種
プリンセチアの育て方
2年目のプリンセチアの育て方
ベゴニア植物園
ポインセチア・クリスマスの定番
ポインセチアの品種
ポインセチアの育て方
2年目のポインセチアの育て方
ミニバラ
ミニバラの品種
ミニバラの育て方
冬の開花ミニバラの管理
ユーフォルビア
ユーフォルビアの品種
ユーフォルビアの育て方
ユリ(百合)
ユリ(百合)の品種
ユリ(百合)育て方

おすすめ草花(アフィリエイト)

栽培体験草花

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
クレマチス
ゼラニウム
クリスマスローズ
草花
洋ラン
樹木
観葉植物
グランドカバー
寄せ植え
鉢植え
楽しむガーデニング
ガーデン
売れ筋ランキング
草花アフィリエイト
洋ランアフィリエイト
庭木アフィリエイト
観葉植物アフィリエイト
グランドカバーアフィリエイト
ガーデニング資材アフィリエイト
ガーデニング書籍アフィリエイト