ハンディのちから アフィリエイトカランコエの育て方では、置き場・水やり・施肥・植え付け・切り戻しなどのダリアの生育環境や繁殖・病害虫など、ダリアをシーズン物で終わらせたくない方へカランコエの育て方を提案
ハンディのちからガーデニング草花>カランコエの育て方

カランコエの育て方

ハンディのちから」の「カランコエの育て方」では、 置き場・水やり・施肥・植え替え・切り戻しなどのカランコエの生育環境や繁殖・病害虫など、カランコエをシーズン物で終わらせたくない方へカランコエの育て方を提案しています。

カランコエの生育環境

カランコエの生育環境には、置き場・水やり・施肥・植え付け・切り戻しなどの管理が必要です。カランコエなどの草花を育てていて一番落胆するのは、突然に葉が枯れ落ちるときではないでしょうか。落葉の原因は水不足、肥料不足、日照不足、温度不足の4つがあります。

カランコエ栽培のポイントは

です。

置き場

カランコエの置き場の環境で注意すべきことは、日照と温度です。
カランコエは日当たりが悪いと徒長して花付も悪くなります。管理人のガーデンは鉢植えを、季節ごとに良く日が当たり葉焼けしない場所に移動しています。
カランコエは耐寒性のある植物ではなく、10℃以下になると花つきが極端に悪くなり5℃くらいで生長が止まります。冬は室内の暖かいよく日の当たり、夜の寒さをカーテンでガードできる窓辺で育てましょう。できれば蛍光灯の光などの当たらない場所で管理します。

水やり

ポインセチア水やりカランコエは比較的乾燥に強いですが、それでも極端な乾燥には弱いです。周年表土が乾いたら、鉢底から流れ出るくらいたっぷり水やりします。「たっぷりと与える」と水が根全体にゆきわたりますので、底からしみだすほどタップリやることが大切です。

カランコエは春〜夏の成長期は表土が乾いたら午前中にたっぷりと与え、10℃以上ある冬室内の開花株には鉢土の表面が乾いて2~3日たってから水を与えます。

カランコエは過湿に弱く、水をやりすぎると根派張りが悪くなるので水やりに注意します。

施肥

カランコエの肥料は、真夏を除いて新芽が動き出す5月~10月まで、液体肥料(N-P-K=5-10-5などの燐酸分の多い液体肥料)を10日に1回与えます。10℃以上ある冬室内の開花株は原則として肥料を与えなくてもよいですが、リン酸分の多い肥料を与えることにより長く花を楽しむことができます。


植付け

植え替え

カランコエの植え付けは6月頃が安全です。ボリユームのある姿に育てるためにはできるだけ早く植え替えした方が良いでしょう。

用土は多肉植物用培養土や室内栽培用培養土、赤玉土50%+川砂30%+ピートモス20%+緩効性化成肥料のブレンド土を使います。

植え替え2週間後に緩効性化成肥料(N-P-K=10-18-7などの燐酸分の多い緩効性化成肥料)を与えます。

切り戻し

カランコエを日本の高温多湿の夏越しをさせるには切り戻しが必要です。
6月に、地上部に2〜3つ以上の節を残すようにして、地際から10~20cmのところで各茎を切り落とします 。
やがて各茎から脇芽が伸びてきます。夏に新芽の先を摘んでおくと脇から新たに芽が伸びてきて枝数が増えて結果、花数が増えます(この作業を摘心といいます)。

繁殖

カランコエを冬越や夏越しさせ長く生育させることができると、つぎのステップは繁殖になります。管理人は、ツニア・キク・コリウス・サンセベリア・シャコバサボテン・金のなる木・沈丁花・オリズルランなど150ポットを毎年繁殖しています。

カランコエの繁殖方法は挿し芽です。

  1. 枝を半分〜2/3切り戻した茎を挿し穂として使います
  2. 3節ある長さで挿し穂を作ります
  3. 本葉を4枚付け下葉は掻きとり茎の先端をカミソリで斜めに切り取ります
  4. 半日から一日切り口を乾かします
  5. 肥料分をあまり含まない土(管理人は赤玉土・バーミキュライトなどのうち一種類を使います)で発根剤を付けて挿します。いずれも小粒のものがあれば挿し木にはその方が適しています。
  6. 挿した穂は葉を乾かさないよう直射日光や風の当たらないところに置きます。
  7. 一か月もすればしっかり発根します。元肥入りの草花用培養土で鉢上げを済ませたら、屋外の日光によく当てます。

病害虫

カランコエにはアブラムシやダニ、うどんこ病が発生します。

アブラムシは体長2〜4mm程度で、3月〜10月(特に4月〜6月、9月〜10月に注意)に主に葉の裏や新梢に発生します。アブラムシは繁殖力が強いのでこまめに確認しましょう。
アブラムシの駆除は早期なら薬剤を散布します。大量に発生してしまったら、被害部分は切り取って焼却処分します。カランコエ本体は薬剤を散布しておきます。

うどん粉病は胞子が風で運ばれ、新葉や新枝、蕾、花首に4月〜11月(特に5月〜7月、9月〜10月に注意)に発生します。「真っ白な粉をふいたような」状態ではうどん粉病が発生しています。
うどん粉病は1回の薬剤散布ではなおりません。

ハダニは体長0.5mm程度で高温乾燥の環境において、3月〜10月に主に葉の裏に発生します。ハダニが発生すると「葉が白くカスリ状」になります。
ハダニの駆除には早めに薬剤を散布したり、定期的に流水で葉っぱの裏から洗い流したりします。

カランコエの病害虫は早期発見に努め、下記の中から3種類の殺虫剤や繁殖力の低下資材を用いて駆除します。カランコエに限らず発見したらすみやかに園芸用の殺虫剤等で駆除することが大切です。

粘着くん液剤
オルトラン水和剤
スミチオン乳剤
オルトラン粒剤
ベンレート水和剤
アブラムシ、タバココナジラミ、ハダニなどの害虫予防 植物の汁を吸う害虫や葉を食い荒らす害虫効果 アブラムシ・スリップス・アメリカシロヒトリなど、 アブラムシ・アオムシ・ヨトウムシなどの害虫予防 うどんこ病・灰色かび病・菌核病など広範囲に効果

最終更新日:2016年01月06日

トップに戻る

草花

アブチロン
アブチロンの品種
アブチロンの育て方
オステオスペルマム
オステオスペルマムの育て方
カランコエ
カランコエの品種
カランコエの育て方
カランコエ画像一覧
カランコエの販売店
菊(キク)
菊(キク)の品種
菊(キク)の開花期
菊(キク) の育て方
木立ベゴニア
木立ベゴニアの品種
木立ベゴニアの育て方
カーネーション
カーネーションの育て方
ガザニア
ガザニアの育て方
咲き続けるガザニア花壇
ダリリア
ダリリアの品種
ダリリアの育て方
ダリリアの生育サイクル
クンシラン
クンシランの品種
クンシランの育て方
クンシランの交配
宿根サルビア
宿根サルビア品種
宿根サルビア育て方
シクラメン
シクラメンを長く楽しむ
シャコバサボテン
シャコバサボテンの品種
シャコバサボテンの育て方
シクラメンの置き場所
なでしこ
なでしこの品種
なでしこの育て方
プリムラ
プリムラ・ポリアンサ
プリムラ・マラコイデス
プリムラ・シネンシス
プリムラ・オブコニカ
プリムラ品種
花色で選ぶプリムラ
開花期で選ぶプリムラ
咲き方で選ぶプリムラ
日照条件で選ぶプリムラ
多年草か一年草で選ぶプリムラ
プリンセチア・ポインセチアの新品種
プリンセチアの品種
プリンセチアの育て方
2年目のプリンセチアの育て方
ベゴニア植物園
ポインセチア・クリスマスの定番
ポインセチアの品種
ポインセチアの育て方
2年目のポインセチアの育て方
ミニバラ
ミニバラの品種
ミニバラの育て方
冬の開花ミニバラの管理
ユーフォルビア
ユーフォルビアの品種
ユーフォルビアの育て方
ユリ(百合)
ユリ(百合)の品種
ユリ(百合)育て方

おすすめ草花(アフィリエイト)

栽培体験草花

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
クレマチス
ゼラニウム
クリスマスローズ
草花
洋ラン
樹木
観葉植物
グランドカバー
寄せ植え
鉢植え
楽しむガーデニング
ガーデン
売れ筋ランキング
草花アフィリエイト
洋ランアフィリエイト
庭木アフィリエイト
観葉植物アフィリエイト
グランドカバーアフィリエイト
ガーデニング資材アフィリエイト
ガーデニング書籍アフィリエイト