ハンディのちから アフィリエイトビオラでは、障害者やシニアなどのハンディをお持ちお客さまに、病気や怪我の予防やストレス解消の役にたつ、旬の花の1つであるビオラのプロフィール・栽培法・鑑賞法・花言葉に関する情報を提供
ハンディのちからガーデニング草花>ビオラ

ビオラ

ハンディのちから」の「ビオラ」では、 障害者やシニアなどのハンディをお持ちお客さまに、病気や怪我の予防やストレス解消の役にたつ、旬の花の1つであるビオラのプロフィール・栽培法・鑑賞法・花言葉に関する情報を提供しています。

ビオラのプロフィール

ビオラ1ビオラのプロフィールはつぎのとおりです。

ビオラの栽培法

ビオラ3この写真のビオラは花径2~3cmの小輪多花性の混合種です。耐寒性が強く、丈夫で長期間にわたりつぎつぎと咲き続け、株一面が花で覆われます。

ビオラの発芽温度は15℃~23ど、生育温度は0℃~30℃です。寒冷地では4月頃に種を蒔き、7月~8月が開花期です。私が住んでいる千葉県では、9月初旬に種を蒔き3月~6月中旬が開花期となります。市販の種蒔き用土に種蒔き後10日位で発芽しました。発芽後は日当たりのよく雨の当たらないバルコニーで生育させて、本葉が2~3枚になったらポットに鉢上げしました。11月中旬に本鉢やスモールガーデンに鉢植え専用土のパンジー・ペチュニアの培養土約5L を使って定植しました。これらの写真は2006年3月11日現在のものです。

鉢植えは表土が乾いたら鉢底から水がたっぷり流れ出るまで与えています。スモールガーデンのビオラは自然の恵みに任せています。

ビオラの肥料は植付けのときに緩効性化成肥料を元肥にしています。開花期が長いので3月下旬頃から6月まで標準希釈の液体肥料を週に一度与えています。

ビオラの花を長く咲かせる方法は、開花中の花がらを摘み取り、変色した下葉を摘み取ることです。

ビオラの種まき

ビオラやパンジーはまだ残暑が厳しい8月中旬から9月中旬までに種まきします。暑さ対策を含めて私の管理方法をご紹介します。

発芽がそろうまでの管理

ビオラは発芽するまでは風通しの良い明るい日陰に地面から70cmくらい離して置きます。発芽が始まったら午前中だけ風通しの良い明るい日当たりに地面から70cmくらい離して置きます。

発芽がそろってから鉢上げまでの管理

ビオラは午前中だけ日が当たるように、地面から70cmくらい離して置き、西側と真上をよしずなどで覆って半日陰をつくります。苗と真上のよしずは1mくらい離れるように配置します。
水やりは土を乾かさないようにします。また、肥料は三要素等量か窒素分の多い液体肥料を1週間に1回施肥します。

鉢上げから定植までの管理

ビオラは日よけのよしずを取って十分日に当てます。水やりは表土を乾いたらたっぷりあげます。鉢あげから定植までの間は窒素分の多い液体肥料を1週間に1回施肥します。

定植時期の見極

ビオラは早蒔き(8月中旬)して11月下旬に株がしっかりしていたら、スモールガーデンに定植しましょう。種まき時期が遅く12月になっても株がしっかりしていない場合、日当たりのよいバルコニーなどで生育を促進して、寒さがゆるむ翌年の2月下旬から3月初旬にスモールガーデンに定植しましょう。

ビオラの鑑賞法

ビオラの鑑賞法はスモールガーデン、プランター、鉢植え、寄せ植え、ハンギングバスケットなどです。

ビオラの花言葉

トップに戻る

栽培体験草花

栽培体験草花は行
ハブランサス
ビオラ
フリーセア・シンプレックス
ベゴニア
球根ベゴニア
木立ベゴニア
ペチュニア
ポーチュラカ
葉牡丹
百日草

栽培体験草花あ行
栽培体験草花か行
栽培体験草花さ行
栽培体験草花た行
栽培体験草花な行
栽培体験草花ま行
栽培体験草花ら行

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
クレマチス
ゼラニウム
クリスマスローズ
草花
洋ラン
樹木
観葉植物
グランドカバー
寄せ植え
鉢植え
楽しむガーデニング
ガーデン
売れ筋ランキング
草花アフィリエイト
洋ランアフィリエイト
庭木アフィリエイト
観葉植物アフィリエイト
グランドカバーアフィリエイト
ガーデニング資材アフィリエイト
ガーデニング書籍アフィリエイト