ハンディのちから アフィリエイト桔梗(キキョウ)では、障害者やシニアなどのハンディをお持ちお客さまに、病気や怪我の予防やストレス解消の役にたつ、旬の花の1つである桔梗(キキョウ)のプロフィール・栽培法・鑑賞法・花言葉に関する情報を提供
ハンディのちからガーデニング草花

桔梗(キキョウ)

ハンディのちから」の「桔梗(キキョウ)」では、 障害者やシニアなどのハンディをお持ちお客さまに、病気や怪我の予防やストレス解消の役にたつ、旬の花の1つである桔梗(キキョウ)のプロフィール・栽培法・鑑賞法・花言葉に関する情報を提供しています。

桔梗(キキョウ)プロフィール

桔梗1桔梗(キキョウ)のプロフィールはつぎのとおりです。

桔梗(キキョウ)栽培カレンダー

1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
開花期
開花期
殖やす
種/芽
株分
植え付け
植付
植付
液体肥料
1000倍希釈液肥1回/2週
日照
明るい日陰
遮光
明るい日陰

桔梗(キキョウ)栽培法

桔梗2桔梗(キキョウ)は種まき・株分け・さし芽で殖やせます。桔梗(キキョウ)の発芽温度は18℃~23℃、生育温度は3℃~33℃です。
桔梗(キキョウ)の種まきの適期は5月頃で、赤玉土を使用して種をまき、覆土は薄くして芽が出るまで乾かさないように管理します。芽が出たら混み合っている部分を間引いて本葉が4枚に育った頃にビニールポットなどに植えて苗づくりをします。その年の秋からちらほらと花を咲かせるものもありますが、本格的に咲くのは翌年の6月以降です。
桔梗(キキョウ)の株分けの適期は地上部が枯れた秋以降です。根を掘り上げて翌年に延びる芽が付いているかどうか確認します。切り分けた根を植え付けてたっぷりと水を与えます。
我が家の桔梗(キキョウ)は長年栽培していますので、株が老化したのでさし芽をしました。5月に芽先から茎を5cmほどの長さに切って水に浸けてからから湿らせた赤玉土に挿して日陰で管理します。10日後から徐々に日の当たるところに移動させました。さし芽1ヶ月後には日なたで栽培します。元気に葉がでて生長してきたら鉢に植え替えて育てています。

桔梗(キキョウ)は3年に1回くらいで植え替えます。植え替えの適期は3月または10月です。用土はやや酸性気味の有機質に富んだ水はけの良い用土が適しています。鉢植えにする場合は赤玉土小粒50%:鹿沼土20%:腐葉土30%の割合でプレンドした土を使っています。鹿沼土を混ぜるのはやや酸性の土にするためです。

桔梗(キキョウ)の肥料は鉢植えの場合、緩効性肥料を植え付け時に土に混ぜ込んでおきます。追肥として花の咲く時期に液体肥料を2週間に1回与えます。庭植えの場合、堆肥を植え付け時に土に混ぜ込んでおけば、追肥は必要ありません。

桔梗(キキョウ)の水やりは表土が乾燥したら鉢やプランターの底から流れ出るくらい十分に行います。

桔梗(キキョウ)は日当たりを好みますが、真夏の直射日光に当てると葉焼けします。明るい日陰や午前中に日がさし込む程度の場所で十分育ちます。真夏の直射日光が強い場所で栽培する場合、鉢植えは直射日光の当たらない明るい日陰に移動させ、地植えの場合は真夏の半日陰つくりや真冬の霜除けに遮光ネットを使っています。

桔梗(キキョウ)の害虫はアブラムシ・ハダニ・センチュウです。ハダニは乾燥が原因で付くことがあります。ハダニの駆除は殺ダニ剤などの殺虫剤を使います。ハダニの予防は水やりのときに葉にも水をかけることです。原因も不明で生育が悪くなったときはセンチュウの被害が考えられます。根を調べてこぶができている場合、ブセンチュウの被害が考えられます。

桔梗(キキョウ)鑑賞法

桔梗(キキョウ)鑑賞法はスモールガーデン、寄せ植え、鉢植え、コンテナ植え、切り花などです。

桔梗(キキョウ)花言葉

トップに戻る

栽培体験草花

栽培体験草花か行
カーネーション
カタクリ
カラー
カンナ
クンシラン(君子蘭)
けいとう
コキア(ほうき草)
桔梗(キキョウ)

栽培体験草花あ行
栽培体験草花さ行
栽培体験草花た行
栽培体験草花な行
栽培体験草花は行
栽培体験草花ま行
栽培体験草花ら行

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
クレマチス
ゼラニウム
クリスマスローズ
草花
洋ラン
樹木
観葉植物
グランドカバー
寄せ植え
鉢植え
楽しむガーデニング
ガーデン
売れ筋ランキング
草花アフィリエイト
洋ランアフィリエイト
庭木アフィリエイト
観葉植物アフィリエイト
グランドカバーアフィリエイト
ガーデニング資材アフィリエイト
ガーデニング書籍アフィリエイト