ハンディのちから

アフィリエイトさくら草では、障害者やシニアなどのハンディをお持ちお客さまに、病気や怪我の予防やストレス解消の役にたつ、旬の花の1つであるさくら草のプロフィール・栽培法・鑑賞法・花言葉に関する情報を提供

ハンディのちからガーデニング草花>さくら草

さくら草

ハンディのちから」の「さくら草」では、 障害者やシニアなどのハンディをお持ちお客さまに、病気や怪我の予防やストレス解消の役にたつ、旬の花の1つであるさくら草のプロフィール・栽培法・鑑賞法・花言葉に関する情報を提供しています。

さくら草プロフィール

さくら草1さくら草のプロフィールはつぎのとおりです。

さくら草は埼玉県の県花として知られ、本来野生の山野草でありますが、多くの園芸種が開発されて、愛好者も多く、特に埼玉では春になると各地で品評会や展示会が開かれ、親しまれています。また、さいたま市の荒川沿いの田島ヶ原はさくら草の自生地として天然記念物として保護育成に努められ、春の開花期にはさくら草祭りなどで賑わっています。

さくら草の栽培法

さくら草2さくら草を増やす方法は種まきや植えかえ(芽分け)が一般的で、種まきは秋まきで2月から4月頃まで開花します。植えかえ(芽分け)時期には、冬植芽分け(11月~12月)と春植芽分け(1月~2月)があります。

さくら草は寒さには強いのですが、暑さには弱いので遮光ネットで半日陰を作ったり、建物の陰などに移動しています。

さくら草の植えかえ(芽分け)用土は赤玉土小粒・黒土・腐葉土と元肥にマグアンプKを使っています。用土の量は鉢の7~8割程度とします。5月に増し土、6月には増し土の見直しを行っています。増し土とは、花が終わったら植え付け用土と同じ土を株元に1~2センチほどの厚さに入れることです。

さくら草の肥料は元肥にマグアンプKを、追肥に液体肥料のハイポネックス(原液)2000倍液を与えています。

さくら草の水やりは4月~6月は1日に1~2回とし、9月には1日に1回とし、10月には2~3日に1回としています。

さくら草は一般的に、寒さには強いが暑さには弱いといわれています。また、開花後の増し土は桜草栽培の特徴でもあります。

桜草の栽培方法について詳しいのは「NHK趣味の園芸作業12ヶ月 日本サクラソウ」(鈴鹿冬三著 NHK出版)があります。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
春植芽分け
成長 開花
摘花
枯れる
冬植芽分け
春植え元肥
追肥/増し土
追肥
冬植え元肥
水やり1日/1~2回 水やり 水やり
半日陰

さくら草の鑑賞法

スモールガーデン、寄せ植え、さくら草鉢植え

さくら草の花言葉

トップに戻る

栽培体験草花

栽培体験草花さ行
サイネリア
さくら草
シャコバサボテン
サルビア
サンパラソル
シラン
ジュリアン
スイートピー

栽培体験草花あ行
栽培体験草花か行
栽培体験草花た行
栽培体験草花な行
栽培体験草花は行
栽培体験草花ま行
栽培体験草花ら行

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
クレマチス
ゼラニウム
クリスマスローズ
草花
洋ラン
樹木
観葉植物
グランドカバー
寄せ植え
鉢植え
楽しむガーデニング
ガーデン
売れ筋ランキング
草花アフィリエイト
洋ランアフィリエイト
庭木アフィリエイト
観葉植物アフィリエイト
グランドカバーアフィリエイト
ガーデニング資材アフィリエイト
ガーデニング書籍アフィリエイト