ハンディのちから アフィリエイトミニバラの育て方では、置き場・水やり・施肥・植え替え・剪定などのミニバラの生育環境や病害虫など、ミニバラを一番花から二番花を咲かせ、翌年の春にも花を咲かせたい方へミニバラの育て方を提案
ハンディのちからガーデニング草花>ミニバラの育て方

ミニバラの育て方

ハンディのちから」の「ミニバラの育て方」では、 置き場・水やり・施肥・植え替え・剪定などのミニバラの生育環境や病害虫など、ミニバラを一番花から二番花を咲かせ、翌年の春にも花を咲かせたい方へミニバラの育て方を提案しています。

ミニバラの生育環境

ミニバラの生育環境には、「置き場」・「水やり」・「施肥」・「植え替え」・「剪定」などの管理が必要です。ミニバラなどの草花を育てていて一番落胆するのは、突然に葉が枯れ落ちるときではないでしょうか。落葉の原因は水不足、肥料不足、日照不足、温度不足の4つがあります。

ミニバラ栽培のポイントは

です。

置き場

ミニバラの置き場の環境で注意すべきことは、日照と温度です。
ミニバラは日当たりが悪いと徒長して花付も悪くなります。管理人のガーデンは日当りが悪いので鉢植えにして、季節ごとに良く日が当たる場所に移動しています。
ミニバラは耐寒温度が-15℃〜-5℃くらいまでは大丈夫な品種が多いですが、0℃くらいの耐寒性が弱い品種もあります。そのような品種は、花後に切り戻し腐葉土などでマルチングしたり、鉢植えにして、凍らないように冷たい風や霜が当たらないバルコニーに置いています。

水やり

ポインセチア水やりミニバラは表土が乾いたら、鉢底から流れ出るくらいたっぷり水やりします。「たっぷりと与える」と水が根全体にゆきわたりますので、底からしみだすほどタップリやることが大切です。

夏は1日に1〜2回、冬は2〜3日に1回位の頻度で水やりします。ミニバラは12〜3月までは生育停滞期です。しかし、冬でも乾かしすぎないように注意します。夏も冬も午前中にたっぷりと与えます。

水は葉や花にかけずに株元にたっぷりと与えます。

ミニバラは病害虫に弱い植物ですので、水やりの時にミニバラの健康状態をしっかり見極めます。

施肥

ミニバラは緩効性有機質肥料(N-P-K=6-8-4など)を、冬の寒さに当てているときに寒肥として、初夏の花後にお礼肥として、秋に追肥として施します。

冬期、休眠状態の株は根の成長が止まっていますので必要ないと言われますが、ミニバラの葉は落ちていますが、根は成長していますので春に向かって寒肥を与えます。

植え替え時の肥料は緩効性有機質肥料(N-P-K=6-8-4など)を混ぜ込みます。
更に肥料のNPK配分を考慮して施肥を行うと良い結果が得られます。春から秋の成長期にはリン酸分とカリ分を多く含んだ緩効性有機質肥料を与えます。

植付け&植え替え

植え替え

ミニバラは根鉢の三分の一くらい崩して一回り大きな鉢に植え替えます。植え替えは生育適温から4月~6月頃が安全です。ボリユームのある姿に育てるためにはできるだけ早く植え替えした方が良いでしょう。

ミニバラは弱酸性の用土を好みます。管理人はピートモス40%+パーライト20%+腐葉土10%+バーミキュライト10%+草花専用培養土+20%の配合土を作り、リン酸分とカリ分を多く含んだ緩効性化成肥料を適量加えます。また「深植え」はせず古い土の高さとほぼ同じになるように植えるとよいでしょう。

庭植えしたミニバラは鉢植えよりかなり大きくなりますので、株間を10cm位離して植え付けましょう。深さ20cm程度の穴を掘り、少し埋め戻して、その上に腐葉土を30%程度混ぜて植え付けます。

剪定

ミニバラは四季咲き性ですから温度と光があれば次々に花を咲かせますので、2月頃に温室で温度と光量を調節して開花させた鉢植えのミニバラが市場に出回ります。

鉢植えのミニバラは置き場所を変えて栽培すれば、周年開花させることは可能になりますが。しかし、人間が休みと取らないと健康を保てないように、ミニバラもずっと咲き続けると株が弱りますので、適当にお休みをさせる必要があります。

ミニバラはよい花を咲かせるには剪定が必要です。四季咲き性のミニバラは花後の通常剪定と冬の強剪定が必要です。

花後の通常剪定

ミニバラの花後の剪定は春から初秋まで随時行います。花後必ず5枚葉の上で剪定します。5枚葉の上(付け根)には、伸びやすい新芽があるから、健康なミニバラの株は株の外側を向いている5枚葉の上で切るようにするわけです。5枚葉が複数あるときは、切った下の葉が株の外側を向いているか、切った花を飾る長さを考えて切る長さを決めます。

それでは健康でない株や伸び過ぎた株はどのように処理したらよいのでしょうか。そのようなミニバラの株には『折り曲げ剪定』を行いましょう。

冬の強剪定

休眠期はミニバラにとって、その後の芽吹きや成長に向かって「ちから」を整える大切な時期です。花を付けない日照量が少なく温度も低い冬はミニバラの休眠期です。休眠期には剪定を行いません。

ミニバラの剪定のポイントは

です。

病害虫

ミニバラの害虫は主にハダニ・アブラムシ・ヨトウムシ、病気はうどん粉病・灰色カビ病・黒点病などが発生します。

ミニバラの病害虫は早期発見に努め、下記の中から3種類の殺虫剤や繁殖力の低下資材を用いて駆除します。ミニバラに限らず発見したらすみやかに園芸用の殺虫剤等で駆除することが大切です。

アクテリック乳剤
オルトラン水和剤
粘着くん液剤
オルトラン粒剤
ベンレート水和剤
カイガラムシ・アブラムシなどの害虫予防 植物の汁を吸う害虫や葉を食い荒らす害虫効果 アブラムシ、タバココナジラミ、ハダニなどの害虫予防 アブラムシ・アオムシ・ヨトウムシなどの害虫予防 うどんこ病・灰色かび病・菌核病など広範囲に効果

最終更新日:2014年03月30日

トップに戻る

草花

アブチロン
アブチロンの品種
アブチロンの育て方
オステオスペルマム
オステオスペルマムの育て方
カランコエ
カランコエの品種
カランコエの育て方
カランコエ画像一覧
カランコエの販売店
菊(キク)
菊(キク)の品種
菊(キク)の開花期
菊(キク) の育て方
木立ベゴニア
木立ベゴニアの品種
木立ベゴニアの育て方
カーネーション
カーネーションの育て方
ガザニア
ガザニアの育て方
咲き続けるガザニア花壇
ダリリア
ダリリアの品種
ダリリアの育て方
ダリリアの生育サイクル
クンシラン
クンシランの品種
クンシランの育て方
クンシランの交配
宿根サルビア
宿根サルビア品種
宿根サルビア育て方
シクラメン
シクラメンを長く楽しむ
シャコバサボテン
シャコバサボテンの品種
シャコバサボテンの育て方
シクラメンの置き場所
なでしこ
なでしこの品種
なでしこの育て方
プリムラ
プリムラ・ポリアンサ
プリムラ・マラコイデス
プリムラ・シネンシス
プリムラ・オブコニカ
プリムラ品種
花色で選ぶプリムラ
開花期で選ぶプリムラ
咲き方で選ぶプリムラ
日照条件で選ぶプリムラ
多年草か一年草で選ぶプリムラ
プリンセチア・ポインセチアの新品種
プリンセチアの品種
プリンセチアの育て方
2年目のプリンセチアの育て方
ベゴニア植物園
ポインセチア・クリスマスの定番
ポインセチアの品種
ポインセチアの育て方
2年目のポインセチアの育て方
ミニバラ
ミニバラの品種
ミニバラの育て方
冬の開花ミニバラの管理
ユーフォルビア
ユーフォルビアの品種
ユーフォルビアの育て方
ユリ(百合)
ユリ(百合)の品種
ユリ(百合)育て方

おすすめ草花(アフィリエイト)

栽培体験草花

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
クレマチス
ゼラニウム
クリスマスローズ
草花
洋ラン
樹木
観葉植物
グランドカバー
寄せ植え
鉢植え
楽しむガーデニング
ガーデン
売れ筋ランキング
草花アフィリエイト
洋ランアフィリエイト
庭木アフィリエイト
観葉植物アフィリエイト
グランドカバーアフィリエイト
ガーデニング資材アフィリエイト
ガーデニング書籍アフィリエイト