ハンディのちから アフィリエイトプリムラ・ポリアンサでは、置き場・水やり・施肥・植え替え・病害虫対策などのプリムラ・ポリアンサやプリムラ・ジュリアンの生育環境・繁殖・病害虫などプリムラ・ポリアンサ、プリムラ・ジュリアンの育て方を提案
ハンディのちからガーデニング草花>プリムラ・ポリアンサ

プリムラ・ポリアンサ

ハンディのちから」の「プリムラ・ポリアンサの育て方」では、 置き場・水やり・施肥・植え替え・病害虫対策などのプリムラ・ポリアンサやプリムラ・ジュリアンの生育環境・繁殖・病害虫などプリムラ・ポリアンサ、プリムラ・ジュリアンの育て方を提案しています。

プリムラ・ポリアンサとプリムラ・ジュリアンの区別は

もともとポリアンサは、株元から花茎を伸ばし、その先に笠のように花を咲かせる性質をもち、株元で密集して花を咲かせるジュリアンとは容易に区別できまし た。しかし、P・ジュリエとの交配が進むうちに、ポリアンサも株元で花を咲かせる性質に変わっていきました。今日ではこの2品種群の区別は花の大きさのみになり、大輪がポリアンサ、小輪がジュリアンとして扱われています。

プリムラ・ポリアンサ
プリムラ・ジュリアン
管理人のジュリアン
プリムラ・ポリアンサ

プリムラ・ポリアンサの生育環境

プリムラ・ポリアンサプリムラ・ジュリアンの生育環境には、「置き場」・「水やり」・「施肥」・「植え替え」・「病害虫対策」などの管理が必要です。

プリムラ・ポリアンサやプリムラ・ジュリアンともに小型種で鉢植えに適し、性質は近く育て方も同じで寒さに強く、日本の夏の暑さと高温に弱いという特長があります。夏を涼しく管理できれば毎年花を咲かせることができますが、夏越しが難しい植物です。

プリムラ・ポリアンサやプリムラ・ジュリアン栽培のポイントは

です。

置き場

プリムラ・ポリアンサやプリムラ・ジュリアンの置き場の環境で注意すべきことは、日照と温度です。
プリムラ・ポリアンサやプリムラ・ジュリアンは自生地同様、冬は日当たりがよく、夏は日陰で風通しがよく涼しい環境の整うところでは、宿根草としてよく育ちます。日当たりが悪いと花茎がひょろひょろになったり花色が悪くなります。

プリムラ・ポリアンサやプリムラ・ジュリアンは寒さに強く、冬の生育温度は10℃~15℃くらいです。鉢植えで日向の軒下に置けば屋外でも開花しています。特に、購入した苗は温室育ちの苗が多いので庭植えは無理でしょう。鉢植えでも最初から屋外に出さずに、寒さに慣れるように、室内の日当たり→昼間に屋外→ずっと屋外に移動します。 10℃以下になるようでしたら、防寒対策が必要になります。

プリムラ・ポリアンサやプリムラ・ジュリアンは夏の暑さと高温に弱いので、夏越しをして来年も楽しむためには夏場は半日陰の風通しの良い場所でできるだけ涼しい環境の元で育てます。管理人も3年間は育てましたが、花はだんだん小さくなりました。雨があまり当たらない北向きの風通しが良い軒下で水やりを控えめにして乾燥気味に栽培してみました。

水やり

水やりプリムラ・ポリアンサやプリムラ・ジュリアンは水を欲しがる植物ですが、土の表面が乾き始めてから数日我慢をして葉が少しだけ垂れはじめたら、鉢底から水がしみ出すくらいたっぷりと与えるのがコツです。「たっぷりと与える」と水が根全体にゆきわたりますので、底からしみだすほどタップリやることが大切です。

また、開花中の株に水を与えるときは花や葉に水がかからないように、鉢に表土上すれすれにある葉をそっと持ち上げて静かに株元に与えます。水がかかると灰色カビ病にかかることがあります。

冬の水やりは夜間に鉢の中の水分が凍らないよう、土が十分乾いてから天気の良い日の午前中にたっぷりと与えます。冬は湿度不足になりがちですから霧吹きなどを使って、貯め置きした水で葉水をかけて湿度を高める工夫も効果があります。

施肥

プリムラ・ポリアンサやプリムラ・ジュリアンは肥料は植え付ける際にゆっくりと効くタイプのものを土に混ぜ込んでおきます。追肥は開花中に液体肥料を10日に1回の頻度で与えます。
夏越しに成功したプリムラ・ポリアンサやプリムラ・ジュリアンは秋に涼しくなってきたら10日に1回の頻度で液体肥料を与えます。夏場は生育が弱るので与えません。

植え替え

植え替え

プリムラ・ポリアンサやプリムラ・ジュリアンは多年草ですが、夏の暑さで枯れてしまうことが多いです。しかし、夏を越せたプリムラ・ポリアンサやプリムラ・ジュリアン9月に植え替えを行います。鉢から抜いた株は根鉢を崩さずにそのまま一回り大きな鉢に植え替えます。
秋に苗を購入したプリムラ・ポリアンサやプリムラ・ジュリアンは寒さが来るまでに植え付けて充分に根を張らしておけば耐寒性の強い株になります。植え付ける場合も根鉢を崩さずに植え付けましょう。

用土は草花専用培養土や、赤玉土(小粒)50%:ピートモス30%:バーミキュライト20%ぐらいの割合でブレンドします。また「深植え」はせず古い土の高さとほぼ同じになるように植えるとよいでしょう。元肥にマグァンプK(中粒)などを混ぜ込んでおくとよいでしょう。

繁殖

プリムラ・ポリアンサやプリムラ・ジュリアンは種まきや株分けで殖やすことができます。
種まきは5月~6月に行います。発芽した苗はポットに植えて夏場はできるだけ涼しい場所で管理し、9月下旬頃に大きくなった苗を鉢や庭に植え付けます。
夏越しに成功したものは株分けでふやすことができます。鉢から抜いてまわりの土を落として株元をしっかりと持って手で半分に引き分けます。あまり細かく分けすぎるとその後の生育が良くないので、株の大きさを見て芽がちゃんと付いているか確認していくつに株分けするかを決めます。プリムラ・ポリアンサやプリムラ・ジュリアンの株分けの適期は9〜10月です 。

病害虫

病害虫はガーデニング愛好家にとっても、厄介な現象です。この記事を書いているときも、二日間見回りをしなかった間に「オクラ」の葉が害虫に食い荒らされてしまいました。

プリムラ・ポリアンサやプリムラ・ジュリアンに発生しやすい病害虫は灰色カビ病・アブラムシ・ハダニなどです。早期発見に努め殺虫剤や繁殖力の低下資材を用いて駆除します。発見したらすみやかに園芸用の殺虫剤等で駆除することが大切です。

発生する前に予防をしましょう。アブラムシが付きやすいので、春暖かくなる前に土の上にばらまくと成分が根から吸収されて害虫を駆除できるオルトラン粒状を株元にまいておきます。

最終更新日:2012年10月10日

トップに戻る

草花

アブチロン
アブチロンの品種
アブチロンの育て方
オステオスペルマム
オステオスペルマムの育て方
カランコエ
カランコエの品種
カランコエの育て方
カランコエ画像一覧
カランコエの販売店
菊(キク)
菊(キク)の品種
菊(キク)の開花期
菊(キク) の育て方
木立ベゴニア
木立ベゴニアの品種
木立ベゴニアの育て方
カーネーション
カーネーションの育て方
ガザニア
ガザニアの育て方
咲き続けるガザニア花壇
ダリリア
ダリリアの品種
ダリリアの育て方
ダリリアの生育サイクル
クンシラン
クンシランの品種
クンシランの育て方
クンシランの交配
宿根サルビア
宿根サルビア品種
宿根サルビア育て方
シクラメン
シクラメンを長く楽しむ
シャコバサボテン
シャコバサボテンの品種
シャコバサボテンの育て方
シクラメンの置き場所
なでしこ
なでしこの品種
なでしこの育て方
プリムラ
プリムラ・ポリアンサ
プリムラ・マラコイデス
プリムラ・シネンシス
プリムラ・オブコニカ
プリムラ品種
花色で選ぶプリムラ
開花期で選ぶプリムラ
咲き方で選ぶプリムラ
日照条件で選ぶプリムラ
多年草か一年草で選ぶプリムラ
プリンセチア・ポインセチアの新品種
プリンセチアの品種
プリンセチアの育て方
2年目のプリンセチアの育て方
ベゴニア植物園
ポインセチア・クリスマスの定番
ポインセチアの品種
ポインセチアの育て方
2年目のポインセチアの育て方
ミニバラ
ミニバラの品種
ミニバラの育て方
冬の開花ミニバラの管理
ユーフォルビア
ユーフォルビアの品種
ユーフォルビアの育て方
ユリ(百合)
ユリ(百合)の品種
ユリ(百合)育て方

おすすめ草花(アフィリエイト)

栽培体験草花

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
クレマチス
ゼラニウム
クリスマスローズ
草花
洋ラン
樹木
観葉植物
グランドカバー
寄せ植え
鉢植え
楽しむガーデニング
ガーデン
売れ筋ランキング
草花アフィリエイト
洋ランアフィリエイト
庭木アフィリエイト
観葉植物アフィリエイト
グランドカバーアフィリエイト
ガーデニング資材アフィリエイト
ガーデニング書籍アフィリエイト