ハンディのちから アフィリエイトユリ(百合)の育て方では、置き場・水やり・施肥・植え替え・植付けなどのユリ(百合)の生育環境や繁殖・病害虫など、ユリ(百合)をシーズン物で終わらせたくない方へユリ(百合)の育て方を提案
ハンディのちからガーデニング草花>ユリ(百合)の育て方

ユリ(百合)の育て方

ハンディのちから」の「ユリ(百合)の育て方」では、 置き場・水やり・施肥・植え替え・剪定などのユリ(百合)の生育環境や短日化処理・繁殖・病害虫など、ユリ(百合)をシーズン物で終わらせたくない方へユリ(百合)の育て方を提案しています。

ユリ(百合)の生育環境

ユリ(百合)の生育環境には、「置き場」・「水やり」・「施肥」・「植え替え」・「剪定」などの管理が必要です。ユリ(百合)などの草花を育てていて一番落胆するのは、突然に葉が枯れ落ちたときと花が咲かなかったときではないでしょうか。それらの原因は水不足、肥料不足、日照不足、温度不足の4つがあります。

ユリ(百合)栽培のポイントは

です。

置き場

ユリ(百合)の置き場の環境で注意すべきことは、日照と乾燥度と寒さに当てることです。
ユリ(百合)は日当たりを好む系統と明るい半日陰を好む系統があります。管理人のガーデンは日当りが悪いので、アジアティック・ハイブリッドやロンギフローラム・ハイブリッド系は鉢植えにして、季節ごとに良く日が当たる場所に移動しています。

ユリ(百合)は乾燥を嫌います。特に鉢植えの場合は用土がカラカラに乾く前にたっぷりな水やりが必要です。冬の間でも下根は生長していますので、乾かさないように注意しましょう。

桜、チューリップやスイセンの球根などは寒さに当てないとよい花が咲きません。ユリ(百合)の球根も同じです。従ってユリ(百合)の球根は秋に植え付けて、冬の寒さに当てる必要があります。特に寒い地方では、腐葉土などでマルチングしたり、鉢ごと土中に埋めることも有効です。

水やり

ユリ(百合)の球根は乾燥に乾燥を嫌い、乾燥すると生育が悪くないり、葉が落ちたりします。表土が乾いたら、鉢底から流れ出るくらいたっぷり水やりします。「たっぷりと与える」と水が根全体にゆきわたりますので、底からしみだすほどタップリやることが大切です。

ユリ(百合)は11〜3月までは生育停滞期ですが、下根は生長しています。下根は養分は吸収しませんが、給水は必要です。特に夏は乾かしすぎないように注意します。夏も冬も午前中にたっぷりと与えます。

真夏に水切れになったときは、涼しい場所に移してたっぷりと与えます。

庭植えのユリ(百合)は、晴天が何日も続いたり、葉に元気がなくなったら水やりを行います。

施肥

ユリ(百合)は春(3月末頃)と開花が終わる時期に、株の周囲に緩効性化成肥料(N-P-K=8-8-8など)を施します。

冬期、落葉している球根は下根は伸びていますが、下根は養分を吸収しませんので施肥はしません。

植付けや植え替えて時には、元肥として緩効性化成肥料(N-P-K=6-40-6など)を用土に混ぜ込みます。

植付け

ユリ(百合)は庭植えが基本ですが、鉢植えの場合は7号鉢以上の大きな鉢に植付けます。植付けは生育適温から10月頃が安全です。ボリユームのある姿に育てるためにはできるだけ早く植付けした方が良いでしょう。地上からは見ることができませんが、秋に球根を植え付けると、まず下根が伸びだすからです。下根は養分を吸収しません。

庭植えをする方法はつぎの通りです。

鉢植えをする方法はつぎの通りです。

また、冬越したユリ(百合)は、冬の寒さで葉も茎も落ちてしまいます。落葉しても春になると新芽が吹き葉が茂ります。

植え替え

ユリ(百合)の植え替え時期は10月です。地上部がなくなっていても、鉢から球根を彫り上げて新しい用土に植え替えます。

庭植えの場合は2〜3年に一度、鉢植えの場合は毎年植え替えましょう。それぞれの植え替え理由はつぎの通りです。

花がら摘み

ユリ(百合)は株を元気にし翌年もよい花を咲かせるために、花がしおれたら、種ができないように子房ごと(花首のところ)手で切り取ります。
このときに葉と茎は切り取らないで、秋に自然に落葉させます。なぜなら、葉と茎は球根を生長させるための必要だからです。
日本の夏は暑いですので、この葉と茎の株元が厚くならないように管理します。例えば、鉢をコンクリートの上に直接置かずに、棚の上に置いて鉢底からも通風できるように工夫をします。また、庭植えの場合は株元をグランドカバーやマルチングして涼しい環境で栽培しましょう。

ユリ(百合)の繁殖

ユリ(百合)を冬越や夏越しさせ長く生育させることができると、つぎのステップは繁殖になります。管理人は、ツニア・キク・コリウス・サンセベリア・シャコバサボテン・金のなる木・沈丁花・オリズルランなど150ポットを毎年繁殖しています。

ユリ(百合)の繁殖方法には、開花する期間が短い順に、分球→木子や珠芽(ヌカゴ)→鱗片挿し→種まきがあります。
管理人は2013年に木子による繁殖増殖を行いました。

病害虫

ユリ(百合)にはアブラムシなどの害虫が発生します。

アブラムシはユリ(百合)の一番上の柔らかい新芽や茎から樹液を吸いますので、3月に新芽が地上に出る時期が特に注意するときです。
また、アブラムシはウイルスの感染源となりますので、ほかの病害虫に比べて早期の駆除が必要です。

早期発見に努め殺虫剤や繁殖力の低下資材を用いて駆除します。ユリ(百合)に限らず発見したらすみやかに園芸用の殺虫剤等で駆除することが大切です。

最終更新日:2013年12月13日

トップに戻る

草花

アブチロン
アブチロンの品種
アブチロンの育て方
オステオスペルマム
オステオスペルマムの育て方
カランコエ
カランコエの品種
カランコエの育て方
カランコエ画像一覧
カランコエの販売店
菊(キク)
菊(キク)の品種
菊(キク)の開花期
菊(キク) の育て方
木立ベゴニア
木立ベゴニアの品種
木立ベゴニアの育て方
カーネーション
カーネーションの育て方
ガザニア
ガザニアの育て方
咲き続けるガザニア花壇
ダリリア
ダリリアの品種
ダリリアの育て方
ダリリアの生育サイクル
クンシラン
クンシランの品種
クンシランの育て方
クンシランの交配
宿根サルビア
宿根サルビア品種
宿根サルビア育て方
シクラメン
シクラメンを長く楽しむ
シャコバサボテン
シャコバサボテンの品種
シャコバサボテンの育て方
シクラメンの置き場所
なでしこ
なでしこの品種
なでしこの育て方
プリムラ
プリムラ・ポリアンサ
プリムラ・マラコイデス
プリムラ・シネンシス
プリムラ・オブコニカ
プリムラ品種
花色で選ぶプリムラ
開花期で選ぶプリムラ
咲き方で選ぶプリムラ
日照条件で選ぶプリムラ
多年草か一年草で選ぶプリムラ
プリンセチア・ポインセチアの新品種
プリンセチアの品種
プリンセチアの育て方
2年目のプリンセチアの育て方
ベゴニア植物園
ポインセチア・クリスマスの定番
ポインセチアの品種
ポインセチアの育て方
2年目のポインセチアの育て方
ミニバラ
ミニバラの品種
ミニバラの育て方
冬の開花ミニバラの管理
ユーフォルビア
ユーフォルビアの品種
ユーフォルビアの育て方
ユリ(百合)
ユリ(百合)の品種
ユリ(百合)育て方

おすすめ草花(アフィリエイト)

栽培体験草花

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
クレマチス
ゼラニウム
クリスマスローズ
草花
洋ラン
樹木
観葉植物
グランドカバー
寄せ植え
鉢植え
楽しむガーデニング
ガーデン
売れ筋ランキング
草花アフィリエイト
洋ランアフィリエイト
庭木アフィリエイト
観葉植物アフィリエイト
グランドカバーアフィリエイト
ガーデニング資材アフィリエイト
ガーデニング書籍アフィリエイト