ハンディのちから アフィリエイト鉢植え栽培では、土がない場所で植物を楽しんだり、日光を追いかけ生育環境に合わせて鉢植えを移動したり、寄せ植えで小さいガーデンを楽しんだり、非耐寒性の洋ランなどを室内で楽しむ基本情報を提供
ハンディのちからガーデニング鉢植え>鉢植え栽培

鉢植え栽培

ハンディのちから」の「鉢植え栽培」では、 土がない場所で植物を楽しんだり、日光を追いかけ生育環境に合わせて鉢植えを移動したり、寄せ植えで小さいガーデンを楽しんだり、非耐寒性の洋ランなどを室内で楽しむ基本情報を提供します。

こんな目的で鉢植え

鉢植え栽培をする理由は次のとおりです。

鉢植え栽培

鉢植え栽培には、庭植え栽培方法と違う栽培方法が必要になります。鉢植え栽培では鉢選びから始まります。庭植え栽培と鉢植え栽培では用土の量が違い、水やりも違いますので、用土や肥料を水やりなどの管理方法に合わせて選ぶことが必要です。また、鉢植えをきれいにレイアウトするために、ラック&スタンドを上手に使います。

庭植え栽培と鉢植え栽培ではここが違う

庭植え栽培

鉢植え栽培

根の張り方

広く深く張る

鉢の範囲内に張る

育ち方

大きく育つ

大きく育たない

開花時期

鉢植えより遅い

庭植えより早い

水やり

乾燥しない限り不要

表土が乾いたら潅水

植え替え

私は鉢植え栽培でたくさん栽培していますが、最低2年に1回は鉢植えツールを使って植え替えをしています。植え替えすることによって、鉢土の劣化や根の生育不良、地上と地下のバランスを改善することができます。

鉢土の劣化

鉢植え栽培の土は繰り返される潅水により団粒構造が破壊されて圧蜜された状態になります。そうなると、通気性や排水性が損なわれて根が育たなくなります。

根の生育不良

鉢植え栽培の鉢の中で育った根が伸びて鉢の中にいっぱい詰まってしまうと、それ以上根が伸びる余裕がなくなります。植え替え時に腐った根を除去したり株の数を減らして、根が伸びる余裕を作ります。また、根の周囲を取り崩さない場合は一回り大きな鉢に替えます。

地上と地下のバランス

鉢植え栽培は2年も経つと地上部が大きくなります。外観的には頭でっかちになり倒れやすくなり、内部的には地上部に相当する根が張るための余裕が鉢の中にありません。

トップに戻る

鉢植え

鉢植え栽培
鉢植えの日照
鉢植えの肥料
鉢植えの用土
鉢植えの水やり
鉢植えの自動水やり

鉢の材質
鉢の形状
空間を飾る鉢

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
クレマチス
ゼラニウム
クリスマスローズ
草花
洋ラン
樹木
観葉植物
グランドカバー
寄せ植え
鉢植え
楽しむガーデニング
ガーデン
売れ筋ランキング
草花アフィリエイト
洋ランアフィリエイト
庭木アフィリエイト
観葉植物アフィリエイト
グランドカバーアフィリエイト
ガーデニング資材アフィリエイト
ガーデニング書籍アフィリエイト