ハンディのちから アフィリエイト鉢植えの日照では、鉢植え植物の日当たり・半日陰・日陰などの日照条件、洋ランの直射日光・半日陰などの日照条件、植物の生育のための鉢植えの日照条件に合わせて22%〜50%の遮光が選べる遮光ネット情報を紹介
ハンディのちからガーデニング鉢植え>鉢植えの日照

鉢植えの日照

ハンディのちから」の「鉢植えの日照」では、 鉢植え植物の日当たり・半日陰・日陰などの日照条件、洋ランの直射日光・半日陰などの日照条件、植物の生育のための鉢植えの日照条件に合わせて22%〜50%の遮光が選べる遮光ネット情報を紹介しています。

鉢植えの日照条件

鉢植えの日照は、日当たりを好むものや半日陰を好むもの、日陰を好むものなどがあります。基本的には、自然の日照条件に合わせて鉢を移動しています。我が家の場合、日照時間は、長い順にバルコニーのベランダガーデン・1階の軒下・南側のガーデン・北側のガーデンになります。また、季節によって同じ場所でも日照時間は異なります。
日当たりを作り出すことは困難ですが、あまり費用をかけずに半日陰や日陰を作り出すことで鉢植えの日照を満足させることができます。日当たりを好むもの植物でもすごく強い直射日光を浴びると、葉焼けを起こすことがあります。

洋ランの日照条件

鉢植えの日照の代表に洋ランがあり、私の場合はシンビジューム・胡蝶蘭・デンドロビウム・カトレア・ツニア・セロジネなどです。洋ランの夏の管理のポイントは日照と肥料と水やりです。そのなかの鉢植えの日照条件は1日に4~6時間程度の間適切な日照を与えることです。すごく強い直射日光にさらすと葉焼けを起こして株が弱り花芽が付きにくくなります。しかし、葉焼けを恐れて日陰に鉢を移動してしますと、鉢植えの日照不足で葉の表に日が当たらないと花芽が付きにくくなります。従って、1日に4~6時間程度の直射日光が得られ、そこに半日陰を作り出すことが洋ランに花芽を付ける鉢植えの日照条件になります。
我が家ではバルコニーと1階の軒下がその条件の合う場所です。半日陰を作り出すツールが遮光ネットです。

遮光ネット

遮光ネットには遮光率の表示がありますので、植物の生育のための鉢植えの日照条件に合わせて選びます。一般には遮光率の高いものほど日差しを遮ることができ、遮光率が低くなるにつれて植物によい生育条件が得られます。しかし、あまり遮光率が低い遮光ネットを使うと、葉焼けを起こすリスクを伴います。鉢植えの日照条件に合った遮光率の遮光ネットを選びましょう。
因みに洋ランの場合、つぎのような遮光率が適切と言われています。

つぎに遮光ネットにはつぎのような種類があります。

トップに戻る

鉢植え

鉢植え栽培
鉢植えの日照
鉢植えの肥料
鉢植えの用土
鉢植えの水やり
鉢植えの自動水やり

鉢の材質
鉢の形状
空間を飾る鉢

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
クレマチス
ゼラニウム
クリスマスローズ
草花
洋ラン
樹木
観葉植物
グランドカバー
寄せ植え
鉢植え
楽しむガーデニング
ガーデン
売れ筋ランキング
草花アフィリエイト
洋ランアフィリエイト
庭木アフィリエイト
観葉植物アフィリエイト
グランドカバーアフィリエイト
ガーデニング資材アフィリエイト
ガーデニング書籍アフィリエイト