ハンディのちから 2イン1パソコンの変形機構は、4.0〜19.4時間です。平均的には10.0〜12.0時間帯が多く、13時間を超える機種はつぎの4機種、AIO Z、55/S、N72/T・N40/TG
ハンディのちからパソコン>2イン1パソコンの変形機構

2イン1パソコンの変形機構

ハンディのちから」の「2イン1パソコンの変形機構」では、あなたに最適な「2イン1パソコン」を選ぶための「変形機構」情報についてご紹介しています。

『要である変形機構』には、コンバーチブル(回転式)・デタッチャブル(脱着式)・キーボードプラスの3つがあります。

コンバーチブル(回転式)の利点は、PC・テント・スタンド・タブレットの4つのスタイルで自分らしく軽快に使いこなせることです。
パソコンを使うとき、モニターは体の正面で、座った時の目線より下になる高さに調節し、目との距離を40cm以上確保すると疲れにくいと言われています。しかし、タブレットを手に持たないで机上に置いて操作すると、うつむいて画面をのぞきこむ姿勢になり、首や肩に負担がかかります。頭痛やめまい、首肩の凝りや腕のしびれ、肩が痛みで上がらないといった“五十肩”の症状が30代に多発しているのも、この姿勢がが原因だと考えられます。
それに比べて、テントスタイルやスタンドスタンドスタイルは「うつむいて画面をのぞきこむ姿勢」の改善に役立ちます。
コンバーチブル(回転式)の欠点は、2つあります。

デタッチャブル(脱着式)の利点は、キーボードを取り外せるので持ち運びやすく、タブレット利用時に、片手で持ってる重さまで軽くなる機種が多い。
デタッチャブル(脱着式)の欠点は、つぎのとおりです。

キーボードプラスはデタッチャブル(脱着式)の一種類ですが、タブレット単体を別売りのカバー兼用タイプのキーボード上に置いて使用します。利点と欠点はデタッチャブル(脱着式)に準じます。

2イン1パソコン比較をクリックすると、71機種の中の個別機種にアクセスできます。

最終更新日:2017年01月

トップに戻る

2イン1パソコン

2イン1パソコン・買う使う

CPU
OS
液晶サイズ
液晶解像度
重さ
拡張性
キーボード
価格
ストレージ
デジタイザー
バッテリー駆動時間
変形機構
メモリ

2in1パソコン比較
2イン1パソコンリスト

2in1コンバーチブル
CPU
OS
液晶サイズ
液晶解像度
重さ
価格
ストレージ
バッテリー駆動時間
メモリ

2in1デタッチャブル
CPU
OS
液晶サイズ
液晶解像度
重さ
価格
ストレージ
バッテリー駆動時間
メモリ

2in1キーボードプラス
CPU
OS
液晶サイズ
液晶解像度
重さ
価格
ストレージ
バッテリー駆動時間
メモリ

Aspire R 11
Aspire Switch 10 E
iPad Pro 9.7-128
iPad Pro 9.7-256
iPad Pro 12.9-128
iPad Pro 12.9-256
TransBook T100HA
TransBook TP200SA
Pavilion x2 10-n100
Spectre x36(13-4129U)
ThinkPad Yoga 260
YOGA 900
VAIO Z VJZ13190211
Surface Book CR9-00006
Surface Book SX3-00006
Surface Book CS5-00006
Surface Book CR6-00006
Surface Pro 4 CR5-00014
Surface Pro 4 CR3-00014
Surface Pro 4 TH2-00014
Surface Pro 4 TH4-00014
Surface Pro 4 SU3-00014