ハンディのちから アフィリエイトWindows 10 デスクトップパソコン選びでは、2015年年9月4日に発売されている、Windows 10 Home・Windows 10 Pro・2017年10月18日に提供が開始された、「Windows 10 Fall Creators Update」情報を提供
ハンディのちからパソコンデスクトップパソコン>Windows 10 デスクトップパソコン選び

Windows 10 デスクトップパソコン選び

Windows 10 デスクトップパソコン選びでは、2015年年9月4日には新規インストールが可能なリテール版が発売され、2015年秋冬モデルからプレインストールされる模様のWindows 10日本語版について、Windows 10 Release Preview からWindows 10 の概要・インターフェース情報を提供しています。

2015年秋冬モデルからスペックが変る

一般向けの「Windows 8」日本語版が2012年8月から10月末に発売されてから3年が過ぎましたが、「Windows 10」日本語版が2015年9月4日には発売される模様です。

2015年秋冬モデルデスクトップパソコンで、Windows 10 デスクトップパソコン選びに影響するOSとCPUのスペックが大きく変わります。「Windows 10」日本語版がプレインストールされるデスクトップパソコンは2015年秋冬モデルからになります。

Windows 10 Home

Windows 10 Homeは一般ユーザー向けOSです。これまでは、家庭では “Home” を使い企業では “Pro” を使うのが一般的でしたが、昨今では家庭用パソコンでも “Pro” を搭載して販売されていることが増えてきました。そのため、「家で使うから “Home” で充分だ」とは考えずに自分の使い方にあった選択をする方が良いでしょう。
逆に企業で “Home” を使用している場合は注意が必要で、グループポリシー管理ができないと様々な弊害があることから最低限 “Pro” 使うようにした方がよいでしょう。

モートデスクトップ

リモートデスクトップ機能が無いWindows 10 Homeでは『クライアント』しか使用することができません。

Hyper-V

Hyper-V機能が無いWindows 10 Homeでは、Windows Vista/Windows7/Windows 8/Windws 8.1を使用するには、5台のパソコンが必要です

グループポリシーエディター

グループポリシーエディター機能が無いWindows 10 Homeでは、ローカルグループポリシーエディター(gpedit.msc)が搭載されてないので、基本使うことはできません。

Windows 10 Pro

Windows10 Proは一般ユーザーおよびスモールビジネス向けと定義づけられています。

ビジネス向け機能については大きさがあり、当然に “Pro” の方が対応している機能が多くなります。

モートデスクトップ

Windows10 Proであれば、接続する側である『クライアント』はもちろんのこと接続される側の『ホスト』としても使用することができます。一般家庭ではリモートデスクトップを使用しないと思いがちですが、タブレットの登場により「自室にあるパソコンにリビングから遠隔操作したい」と言った要望も多いため、その場合には “Pro” を選択するのが望ましいと思います。

Hyper-V

一般ユーザーが、Windows Vista/Windows7/Windows 8/Windws 8.1を使用するには、5台のパソコンが必要ですが、Hyper-Vを使うことで、1台のパソコンで同時に起動できます。また、システム開発などを目的とし “Hyper-V” を使用する必要があります。
本格的な仮想化が可能です。以下のメリットがあります。

グループポリシーエディター

グループポリシーエディターは、対象オブジェクトのレジストリ、セキュリティ、ソフトウェアのインストール、ログイン、Internet Explorerなど様々な設定を行う便利なツールです。
Windows10を細かくカスタマイズするのに必要な グループポリシーエディター を使う場合は、必然的に “Pro” ということになります。

Windows 10の最新版

Windows は、最新の機能と改善点によって、より簡単に最新の状態に保たれるようになりました。さらに、PC の使用中に操作を邪魔したり再起動することが少なくなりました。
日本時間の2017年10月18日午前2時、「Windows 10 Fall Creators Update」の一般提供が開始されました。
“ストレージ センサー”には、数GB単位でストレージの空き容量が増える今すぐクリーンアップや、ごみ箱の中身や一時ファイルを定期的に除去したり、30日間変更のないダウンロードファイルを削除する機能が備わっています。うまく活用すれば、ストレージの空き容量不足に悩まされることも減るはずです。

NEC・富士通・MICROSOFTのデスクトップパソコンのOS

NEC・富士通・MICROSOFTのデスクトップパソコン42機種のOSは、NEC・富士通の31機種はWindows 10 Home、MICROSOFTの3機種のみがWindows 10 Proです。

最終更新日:2018年07月09日

トップに戻る

デスクトップパソコン
デスクトップパソコンの利点&欠点
デスクトップパソコンタイプ
デスクトップパソコンを選ぶ決め手
デスクトップパソコン選び
Windows 10 デスクトップパソコン選び
Windows 8 デスクトップパソコン選び
第6世代CPU高性能CPUデスクトップパソコン
第6世代CPUテレビデスクトップパソコン
第7世代CPU高性能CPUデスクトップパソコン
第7世代CPUテレビデスクトップパソコン
ハイエンドデスクトップパソコン
グラフィック・コントローラー

パソコン
デスクトップパソコンNEC2018年
デスクトップパソコン富士通2017年
デスクトップパソコンNEC2017年
デスクトップパソコンMICROSOFT2017年
デスクトップパソコン富士通2016年
デスクトップパソコンNEC2016年
デスクトップパソコン東芝2016年
デスクトップパソコン富士通2015年
デスクトップパソコンNEC2015年
デスクトップパソコン東芝2015年