ハンディのちから アフィリエイトハイエンドデスクトップパソコンでは、NEC・富士通・ソニー・東芝ノートパソコンからインテル Core i7 シリーズCPU搭載機が望ましい『映像、写真編集機』『CG製作・ゲーム機』の2つの目的にあったデスクトップパソコンをご案内
ハンディのちからパソコンデスクトップパソコン>ハイエンドデスクトップパソコン

ハイエンドデスクトップパソコン

ハンディのちから」では、NEC、富士通、MICROSOFTの3社のハイエンドデスクトップパソコンをご案内し、購入の支援しています。ハイエンドデスクトップパソコンを使ってあなたの使用目的に合ったお宝パソコンを購入しよう!

ご紹介しているデスクトップパソコン20機種のIntel Core i7プロセッサーモデルから、デスクトップ用CPUが5機種、ノートパソコン用CPUが15機種のとおりです。80%以上のデスクトップパソコンでノートパソコン用CPUが使われています。なぜ、デスクトップ用CPUが使われないのでしょうか。このことに対してパソコンを購入するユーザーはどのように対応したら良いのでしょうか。

まず、あなたのパソコンの使用目的を大まかにつぎのように分析しています。

ここではハイエンドデスクトップパソコンとして、インテル Core i7 シリーズ CPU搭載機が望ましい『映像、写真編集機』『CG製作・ゲーム機』の2つの目的にあったデスクトップパソコンをご案内しています。

映像、写真編集機

ご紹介しているデスクトップパソコン20機種のIntel Core i7プロセッサーモデルに搭載されているグラフィック・コントローラー(GPU)には、「統合型GPU」と「単体GPU」があります。

2012年には、NVIDIA® GeForce® GT 435M・NVIDIA GeForce 315M GPU・NVIDIA GeForce GT 540M GPUなどを搭載した「単体GPU」が7機種ありましたが、2015年07月06日現在は32機種すべてが「統合型GPU」です。これらの機種は、アマチュアクラスの映像や写真編集に対応できるデスクトップパソコンと言えます。
しかし、2017年6月に発売されたMICROSOFTのSurface StudioにNVIDIA® GeForce® GTX 965MNVIDIA® GeForce® GTX 980Mが搭載されたことにより、「単体GPU」が3機種、「統合型GPU」が18機種となりました。
さらに、ビジネスクラスのグラフィックスに対応できるパソコンは、つぎのような「単体GPU」を搭載したMac パソコンをお勧めします。詳しくはMacパソコン比較・違いをチェックしてぴったりMacをご覧ください。

また、Core i7-4712MQは、型番がMで終わることからわかるように、ノートパソコン向けのCPUですが、デスクトップパソコン向けのCPUに比べてTDP(設計上想定されるマイクロプロセッサの最大放熱量)が低く、冷却機構を小型化できるため、液晶一体型デスクトップパソコンでは、ノートパソコン向けCPUを採用するのが一般的になっています。

デスクトップパソコン向けのCore i7は、基本的にクアッドコアですが、ノートパソコン向けのCore i7は、デュアルコアとクアッドコアがあります。しかし、単体GPUは搭載していなくてもクアッドコアのCore i7-4712MQなどは最大8スレッドの同時実行ができます。動画エンコードやRAW現像など、マルチスレッドに最適化された処理に向いていると言えます。

ゲーム機GPU

パソコンでは、人間が理解しやすいように情報をグラフィック化しているので、私たちはOS(オペレーティングシステム)を通じて、アイコンやファイルの移動など視覚による直感操作ができます。このグラフィック化機能を持っているのがグラフィック・コントローラ(一般的にはグラフィックと呼ばれ、別名はグラフィックボード、ビデオカード、ビデオボート)であり、GPU(Graphics Processing Unit)と呼んでいます。グラフィックでは、2Dと3Dとそれぞれの処理があります。

特にホームエンターテインメントで最高峰のきれいな本格3Dゲームを楽しむなら、プレイヤーの動きやカメラアングルの変更をリアルタイムで処理できるグラフィックコントローラが必要になります。この処理が遅いとコマ落ちで快適なゲームプレイはできません。その ため、グラフィックコントローラの性能を重視するユーザーは、CG制作や本格3Dゲームをするユーザーです。

ご紹介しているデスクトップパソコン20機種のIntel Core i7プロセッサーモデル中、単体GPUが搭載されているデスクトップパソコンは2機種、デスクトップ向け統合型GPUが搭載されているデスクトップパソコンは3機種あり、「i7-6700T」「i7-6700」などのデスクトップパソコン用CPUが搭載されているDT750/DAWDT750/FAW FH77/XDはCG制作や本格3Dゲームをするユーザーにも使えるデスクトップパソコンと言えるでしょう!

究極のクリエーター向きGPU

究極のクリエーター向きGPUとして、Windows版ではNVIDIA® GeForce® GTX 965M・NVIDIA® GeForce® GTX 980Mが搭載された、2017年6月に発売されたMICROSOFTのSurface Studio(42L-0001342Q-0001243Q-00013)を推奨しています。
また、Mac版ではAMD Radeon Pro Vega 56グラフィックプロセッサが搭載された、2017年12月に発売されたAPPLEのiMac Pro( MQ2Y2J/A)を推奨しています。

最終更新日:2018年07月09日

トップに戻る

デスクトップパソコン
デスクトップパソコンの利点&欠点
デスクトップパソコンタイプ
デスクトップパソコンを選ぶ決め手
デスクトップパソコン選び
Windows 10 デスクトップパソコン選び
Windows 8 デスクトップパソコン選び
第6世代CPU高性能CPUデスクトップパソコン
第6世代CPUテレビデスクトップパソコン
第7世代CPU高性能CPUデスクトップパソコン
第7世代CPUテレビデスクトップパソコン
ハイエンドデスクトップパソコン
グラフィック・コントローラー

パソコン
デスクトップパソコンNEC2018年
デスクトップパソコン富士通2017年
デスクトップパソコンNEC2017年
デスクトップパソコンMICROSOFT2017年
デスクトップパソコン富士通2016年
デスクトップパソコンNEC2016年
デスクトップパソコン東芝2016年
デスクトップパソコン富士通2015年
デスクトップパソコンNEC2015年
デスクトップパソコン東芝2015年