ハンディのちから アフィリエイトデスクトップパソコンメモリ比較では、NEC、富士通、ソニー、東芝の4社のデスクトップパソコンのメモリの比較情報。使用目的ごとのメモリ容量の目安と8GBが22機種、4GBが48機種のデスクトップパソコンメモリ機種をご案内
ハンディのちから>パソコン>デスクトップパソコンメモリ比較

デスクトップパソコンメモリ比較

「ハンディのちから」では、NEC、富士通、東芝の3社のデスクトップパソコンのメモリデスクトップパソコンメモリ比較で比較し、購入の支援しています。デスクトップパソコンメモリ比較を使ってあなたの使用目的に合ったお宝パソコンを購入しよう!

下のグラフはご紹介している楽天市場のデスクトップパソコンの標準メモリー分布の状況です。グラフの上にカーソルを置くと、当該標準メモリーの機種数と%が表示されます。
お好みの標準メモリーの機種の詳細(モデル番号・CPU・メモリー・HDD・ディスプレイ(モニター)・光学ドライブ・無線LAN・値下がり率・発売年月&メーカー名・価格)はグラフの下にある表をご覧ください。

デスクトップパソコンメモリ比較ではメモリを見ると、8GBが11機種、4GBが13機種であることがわかります。
標準メモリ8GB搭載機種はインテル Core i7 プロセッサー搭載機種が11機種中11機種です。光学ドライブはブルーレイディスクドライブ搭載機種が11機種中11機種です。

デスクトップパソコンメモリはメモリ容量が多ければ、それだけデスクトップパソコンで一度に作業できる量が増えますので、動作に不満を覚えずに快適に作業できます。
Windows 7やWindows 8、Windows 10の32ビット版では2GBメモリ以上(できれば4GBメモリ以上)の 、64ビット版では4GBメモリ以上(できれば8GBメモリ以上)の搭載を考えるとよいでしょう。

また、デスクトップパソコンメモリの使用目的ごとのメモリ容量の目安はつぎの通りです。


現在販売されている
機種別デスクトップパソコンのスペックと価格は『デスクトップパソコン比較』を、
マッキントシュデスクトップパソコンのスペックと価格は『Macデスクトップパソコン比較』を
ご覧ください。

デスクトップパソコンメモリ比較ではNEC、富士通、ソニー、東芝の4社の31機種をこの1ページで比較できます。店頭で31機種のメモリを比較するには大変な時間と労力を要します。パソコンの前に座って、デスクトップパソコンメモリ比較のページを閲覧すれば短時間かつ気楽に比較検討し、販売店のページで購入できます。

最終更新日:2017年11月

トップに戻る

デスクトップパソコン商品総合情報
デスクトップパソコン比較
デスクトップパソコンCPU比較
デスクトップパソコンCPUタイプ比較
デスクトップパソコンCPUi7モデル比較
デスクトップパソコンメモリ比較
デスクトップパソコンHDD比較
デスクトップパソコンモニタ比較
デスクトップパソコンドライブ比較
デスクトップパソコンテレビ機能比較
デスクトップパソコン無線LAN比較
デスクトップパソコン値下り比較
デスクトップパソコン価格比較

ご紹介終了2010年デスクトップパソコン

♪♪♪♪♪♪♪♪♪
パソコン
デスクトップパソコン選び
デスクトップパソコン選び
デスクトップパソコン富士通2016年
デスクトップパソコンNEC2016年
デスクトップパソコン東芝2016年
デスクトップパソコン富士通2015年
デスクトップパソコンNEC2015年
デスクトップパソコン東芝2015年