ハンディのちから アフィリエイトノートパソコンメーカーは、ご紹介している国内大手メーカーノートパソコンの価値・多機能化ノートパソコン・国内メーカー製ノートパソコンの信頼性・プライベートな生活シーンにも入り込むノートパソコン情報をご紹介
ハンディのちからパソコンノートパソコン>ノートパソコンメーカー

ノートパソコンメーカー

ハンディのちから」のノートパソコンメーカーでは、楽天市場内販売店のご紹介している国内大手メーカーノートパソコンの価値・多機能化ノートパソコン・国内メーカー製ノートパソコンの信頼性・プライベートな生活シーンにも入り込むノートパソコン情報をご紹介しています。

メーカーで選ぶ

「ハンディのちから」では、つぎのようなメーカー別に春モデル・夏モデル・冬モデルノートパソコンをご紹介しています。ノートパソコン選びのために是非ご覧ください。

「ハンディのちから」が国内メーカーノートパソコンをおすすめする理由はつぎのとおりです。

ノートパソコンのシェアを世界規模で見ると、デル(DELL)やヒューレッド・パッカード(HP)などの海外メーカーが上位を占めています。しかし、国内では NEC ・富士通・ソニーなどの国内大手メーカーが上位を占めています。

国内大手メーカーノートパソコンの価値

国内では NEC ・富士通・ソニーなどの国内大手メーカーが上位を占めている理由は何なんでしょうか。その価値が十分に自分のニーズに合っているのであれば、たとえCPUの性能や、メインメモリ容量など表面的なスペックの割りに価格が高くても、満足する日本人の気質にあるように思います。デル(DELL)やヒューレッド・パッカード(HP)などのノートパソコンは、スペックの割りに価格が安く、同じ予算であればCPUの性能や、メインメモリ容量など表面的な性能が高いノートパソコンを購入できますが、基本的ソフトウェアはインターネット、メール、DVDの読み込みが出来る程度で、それ以外のことをしようとすると、ソフトウェアを自分でインストールする必要があります。初心者の方にとってはかなり難しい作業になります。
しかし、スペックの割りに価格が高くても、国内メーカー製ノートパソコンは、概ねエクセル・ワードが入っている製品が多く、他にもハガキ作成ソフトや家計簿、DVD書き込みソフト、初心者ナビなど多くのプリインストールソフト数や、自社開発のハードウェアを使って、パソコンで使える機能を多くしているなどの魅力があります。また、初心者の方、色・デザインにこだわる方、地デジチューナー内蔵が良いという方にはノートパソコンをおすすめします。地デジチューナーやブルーレイドライブやフルハイビジョンモニタ搭載の20万円前後のノートパソコンも、それらのスペックを外せば10万円前後のノートパソコンとほぼ同じスペックです。

多機能化ノートパソコン

国内メーカー製パソコンのカタログなどを見ても、高速なプロセッサーや、高機能なグラフィックスチップはどのメーカーでも搭載でき、いくらでも高性能なノートパソコンを作ることができますが、それだけでは競合メーカーとの差別化ができません。その結果、同じ価格帯のパソコンは、どうしても似通ってしまうことになります。各メーカーは、他社との差別化を図るために、デザイン面で凝ったり、単純・明快かつインパクトがあるノートパソコンとなると、地デジチューナーやブルーレイドライブや3Dフルハイビジョンモニタなどの多機能化ノートパソコンとなります。

特に初心者の方が、ノートパソコンを選ぶときは自分が使いたい機能だけを搭載したノートパソコンを選びたいところですが、 将来はどの機能が必要になるか判断するのは難しいです。しかし、ノートパソコンを使いこなしてくると、購入時には必要ないと考えていた機能が、将来必要になる可能性もあります。従って、将来のノートパソコンの必要な機能を見定めるのは、はじめからノートパソコンの使い道が決まっているのでなければ難しいので、多機能のノートパソコンを買うのも、良い選択だと思います。

国内メーカー製ノートパソコンの信頼性

管理人が、国内メーカー製ノートパソコンを購入して使って感じることの一つは、使わないと見えてこないようなところにコストをかけているところです。特にスペックの割りに価格が安いパソコンと比べると、購入前にはわからないようなところにもコストをかけていると感じます。
例えば、スペックの割りに価格が高いように見える国内メーカーノートパソコンは、動作音が静かであり、冷却ファンや筐体にもコストをかけていると感じます。また、ノートパソコンは、軽量さコンパクトさ、丈夫さで優れており、安心感が違います。このようなことから、国内メーカー製ノートパソコンの信頼性は高く感じます。

プライベートな生活シーンにも入り込むノートパソコン

ノートパソコンは会社の業務用途から個人のプライベートな生活シーンにも入り込むようになってきました。会社の業務用途ときのカラーは無骨な感じのせいぜい黒あるいは白の単色でした。しかしのノートパソコン利用層の拡大とネット環境の整備によって、デザインも重要視されるようになりました。国内メーカー製ノートパソコンの方がお洒落なんです。
プライベートで使うノートパソコンはインテリアや部屋の雰囲気にマッチさせたいです。デザインに関しては国内メーカーが狭い日本の住宅事情を考え、日本人の好みに合わせてデザインしているので小型でオシャレな物が多くなっています。
主流モデルのノートパソコンなどは豊富なカラーが用意されていることも多い。天板や筐体のカラーバリエーションが数種類ある機種が増えています。また、筐体の各所に装飾を施したものも現れてきています。

最終更新日:2015年07月04日

トップに戻る

ノートパソコン
ノートパソコン選び
ノートパソコンのCPU
ノートパソコンのメモリ
ノートパソコンのHDD
ノートパソコンのモニタ
ノートパソコンの光学ドライブ
ノートパソコンのテレビ機能
ノートパソコンの無線LAN
ノートパソコンのバッテリー
ノートパソコンメーカー
ノートパソコン価格
ノートパソコン購入ポイント
ノートパソコンの使用用途

ノートパソコン
ノートパソコン富士通2016年
ノートパソコンNEC2016年
ノートパソコンパナ2016年
ノートパソコン東芝2016年
ノートパソコン富士通2015年
ノートパソコンNEC2015年
ノートパソコンパナ2015年
ノートパソコン東芝2015年
ノートパソコン富士通2014年
ノートパソコンNEC2014年
ノートパソコンパナ2014年
ノートパソコン東芝2014年
ノートパソコン富士通2013年
ノートパソコンNEC2013年
ノートパソコンパナソニック2013年
ノートパソコンソニー2013年
ノートパソコン東芝2013年
ノートパソコン富士通2012年
ノートパソコンNEC2012年
ノートパソコンパナソニック2012年
ノートパソコンソニー2012年
ノートパソコン東芝2012年
ノートパソコンバッテリー
ノートパソコンCPU
ノートパソコンHDD
ノートパソコンメーカー
ノートパソコン価格
ノートパソコン比較
ノートパソコン使用用途