ハンディのちから アフィリエイトノートパソコンメーカーは、ご紹介している国内大手ノートパソコンメーカーの2016年と2017年発売モデルを対象としてCPU・メモリ・ストレージ・モニタ・バッテリー駆動・価格などのノートパソコン情報をご紹介
ハンディのちからパソコンノートパソコン>ノートパソコンメーカー

ノートパソコンメーカー

ハンディのちから」のノートパソコンメーカーでは、楽天市場内販売店のご紹介している国内大手ノートパソコンメーカーの2016年と2017年発売モデルを対象としてCPU・メモリ・ストレージ・モニタ・バッテリー駆動・価格などのノートパソコン情報をご紹介しています。

メーカーで選ぶ

「ハンディのちから」では、つぎのようなメーカー別に春モデル・夏モデル・冬モデルノートパソコンをご紹介しています。ノートパソコン選びのために是非ご覧ください。

ノートパソコンのシェアを世界規模で見ると、デル(DELL)やヒューレッド・パッカード(HP)などの海外メーカーが上位を占めています。しかし、国内では NEC ・富士通・ソニーなどの国内大手メーカーが上位を占めています。

メーカーの特徴

2016年と2017年発売モデルを対象として、各メーカーの仕様・価格などの特徴を調べてみました。

    富士通 NEC パナソニック 東芝
CPU i7 6 11 8 7
i5 4 4 10 7
i3 3 3 0 8
Celeron 4 10 0 6
Core M 0 2 0 0
Pentium 0 1 0 0
メモリ 16GB 0 0 0 2
8GB 11 20 18 9
4GB 6 11 0 17
ストレージ容量 1000GB 13 21 8 20
750GB 1 6 1 0
500GB 0 0 0 1
512GB 0 0 0 3
256GB 2 1 7 3
128GB 1 3 2 1
モニタ 15.6 13 27 0 16
14.0 0 0 4 0
13.3 4 1 0 11
12.1 0 0 14 0
11.6 0 3 0 1
バッテリー駆動 最高値 17.00 13.00 22.00 17.00
最安値 4.50 3.70 8.00 4.60
価格 最高値 202,400 248,183 287,600 202,774
最安値 64,800 66,700 191,122 64,800

富士通

目立った特徴はありません。
価格は東芝とともに安いランクです。

NEC

目立った特徴はありません。
価格は東芝・富士通とほぼ同じランクです。
バッテリー駆動時間が最も短い。

パナソニック

レッツノートシリーズは、高い堅牢性からパソコンが仕事の上で欠かせないビジネスマンに人気のパソコンです。他社と較べてつぎの点が優れています。

他社と較べてつぎの点が劣っています。

家電量販店に展示してあるケースが少なく、身近な所で見る機会が少ないのが実情のようです。管理人もヤマダ電機やケーズデンキで見かけませんでした。

東芝

富士通・NECに較べて多少特徴はあります。
価格は富士通とともに安いランクです。
16GBメモリ搭載機種があります。
512GB/SSD搭載機種があります。

国内大手メーカーノートパソコンの価値

@niftyニュースによると、2017年2月の自宅で使用しているパソコンメーカー人気ランキングでは、国内では富士通(35.0%)・ NEC (17.7%)・東芝(16.0%)・パナソニック(圏外・ビジネス用途の堅牢高額モデルが多い?)などの国内大手メーカーが上位を占めている理由は何なんでしょうか。

その価値が十分に自分のニーズに合っているのであれば、たとえCPUの性能や、メインメモリ容量など表面的なスペックの割りに価格が高くても、満足する日本人の気質にあるように思います。
デル(DELL)やヒューレッド・パッカード(HP)などのノートパソコンは、スペックの割りに価格が安く、同じ予算であればCPUの性能や、メインメモリ容量など表面的な性能が高いノートパソコンを購入できますが、基本的ソフトウェアはインターネット、メール、DVDの読み込みが出来る程度で、それ以外のことをしようとすると、ソフトウェアを自分でインストールする必要があります。初心者の方にとってはかなり難しい作業になります。

しかし、スペックの割りに価格が高くても、国内メーカー製ノートパソコンは、概ねエクセル・ワードが入っている製品が多く、他にもハガキ作成ソフトや家計簿、DVD書き込みソフト、初心者ナビなど多くのプリインストールソフト数や、自社開発のハードウェアを使って、パソコンで使える機能を多くしているなどの魅力があります。

「PC Onlineさん」の2014年度パソコンサポート満足度ランキングはエプソンダイレクト(5.13%)・パナソニック(3.59%)・東芝(3.37%)・富士通(2.52%)・NEC(2.49%)・ソニー(2.35%)などです。2009~2014年度の6年間で上位6社は常にエプソンダイレクト・パナソニック・東芝・NEC・富士通・ソニーである。

最終更新日:2017年07月17日

トップに戻る

ノートパソコン
ノートパソコン選び
ノートパソコンのCPU
ノートパソコンのメモリ
ノートパソコンのHDD
ノートパソコンのモニタ
ノートパソコンの光学ドライブ
ノートパソコンのテレビ機能
ノートパソコンの無線LAN
ノートパソコンのバッテリー
ノートパソコンメーカー
ノートパソコン重さ
ノートパソコン価格
ノートパソコン購入ポイント
ノートパソコンの使用用途

ノートパソコン
ノートパソコン富士通2017年
ノートパソコンNEC2017年
ノートパソコンパナ2017年
ノートパソコン東芝2017年
ノートパソコン富士通2016年
ノートパソコンNEC2016年
ノートパソコンパナ2016年
ノートパソコン東芝2016年
ノートパソコン富士通2015年
ノートパソコンNEC2015年
ノートパソコンパナ2015年
ノートパソコン東芝2015年
ノートパソコン富士通2014年
ノートパソコンNEC2014年
ノートパソコンパナ2014年
ノートパソコン東芝2014年
ノートパソコン富士通2013年
ノートパソコンNEC2013年
ノートパソコンパナソニック2013年
ノートパソコンソニー2013年
ノートパソコン東芝2013年
ノートパソコン富士通2012年
ノートパソコンNEC2012年
ノートパソコンパナソニック2012年
ノートパソコンソニー2012年
ノートパソコン東芝2012年
ノートパソコンバッテリー
ノートパソコンCPU
ノートパソコンHDD
ノートパソコンメーカー
ノートパソコン価格
ノートパソコン比較
ノートパソコン使用用途