ハンディのちから アフィリエイトノートパソコンメモリでは、楽天市場内販売店のご紹介している国内大手メーカーノートパソコンの標準搭載メモリ・メモリー規格やモジュール規格・OSとメモリ情報をご紹介
ハンディのちからパソコンノートパソコン>ノートパソコンメモリ

ノートパソコンメモリ

ハンディのちから」のノートパソコンメモリでは、楽天市場内販売店のご紹介している国内大手メーカーノートパソコンの標準搭載メモリ・メモリー規格やモジュール規格・OSとメモリ情報をご紹介しています。

ノートパソコンの標準搭載メモリ

ハンディのちからがご紹介している2015年夏モデル発売時のノートパソコン190機種の標準搭載メモリを見ると、メインメモリは8GB(104機種)・4GB(81機種)・2GB(3機種でタブレットノート)・1GB(2機種でタブレットノート)の4種類です。
メインメモリは8GB(3機種)は2011年春モデルで初めて登場しました。NEC・富士通・パナソニック・東芝の大画面AVノート・エンターテイメントノート・ハイスペックノートパソコンに搭載されています。

詳しくはノートパソコン比較メモリをご覧ください。

メモリは幾つか種類が決まっており、それぞれのノートパソコンは搭載可能なメモリの種類が決まっています。従って、ノートパソコンを選ぶときは搭載可能なメモリの種類のみ用意されて選択できるようになっており、間違ってメモリの種類を選んでしまう危険性はありません。

メモリー規格やモジュール規格

パソコンの機種を選ぶ際や、BTOでメインメモリを選ぶとき一番重要なことはメインメモリの容量を見ることです。従って、メモリー規格やモジュール規格などはあまり気にしなくて大丈夫です。仮にメモリの規格やモジュール規格を選ぶとしても、ある機種に搭載されるメモリの規格、モジュル規格は決まっていることが多く、基本的にメモリの容量しか選ぶことができない場合が多いです。

OSとメモリ

MicrosoftのOSであるWindows 8やWindows 8.1が必要とするメモリはおおむねつぎの通りです。最低限の動作を保証するメモリ容量は64bitで2GBくらいです。パソコンを快適に使うために必要なメモリ容量はOSがWindows 8の64ビットの場合は8GBでしょう。

MicrosoftのOSであるWindows VistaやWindows 7が必要とするメモリはおおむねつぎの通りです。Windows VistaのバージョンのHome Premium、Business、Ultimateのどれかを使うと、 2GBで最小くらいです。Windows 7の64ビットOSは1.2GB程度OSで食いますので、4GBで最小くらいです。

最終更新日:2015年07月04日

トップに戻る

ノートパソコン
ノートパソコン選び
ノートパソコンのCPU
ノートパソコンのメモリ
ノートパソコンのHDD
ノートパソコンのモニタ
ノートパソコンの光学ドライブ
ノートパソコンのテレビ機能
ノートパソコンの無線LAN
ノートパソコンのバッテリー
ノートパソコンメーカー
ノートパソコン価格
ノートパソコン購入ポイント
ノートパソコンの使用用途

ノートパソコン
ノートパソコン富士通2016年
ノートパソコンNEC2016年
ノートパソコンパナ2016年
ノートパソコン東芝2016年
ノートパソコン富士通2015年
ノートパソコンNEC2015年
ノートパソコンパナ2015年
ノートパソコン東芝2015年
ノートパソコン富士通2014年
ノートパソコンNEC2014年
ノートパソコンパナ2014年
ノートパソコン東芝2014年
ノートパソコン富士通2013年
ノートパソコンNEC2013年
ノートパソコンパナソニック2013年
ノートパソコンソニー2013年
ノートパソコン東芝2013年
ノートパソコン富士通2012年
ノートパソコンNEC2012年
ノートパソコンパナソニック2012年
ノートパソコンソニー2012年
ノートパソコン東芝2012年
ノートパソコンバッテリー
ノートパソコンCPU
ノートパソコンHDD
ノートパソコンメーカー
ノートパソコン価格
ノートパソコン比較
ノートパソコン使用用途