ハンディのちから アフィリエイトノートパソコンモニタでは、楽天のノートパソコンを長時間使われるユーザーのパソコン作業による疲れの主原因とも言われるモニタのサイズ・解像度・アスペクト比・視野角・ダイレクトボンディング液晶モニターに関する情報を紹介
ハンディのちからパソコンノートパソコン>ノートパソコンモニタ(ディスプレイ)

ノートパソコンモニタ(ディスプレイ)

ハンディのちから」のノートパソコンモニタ(ディスプレイ)では、楽天市場内販売店のノートパソコンを長時間使われるユーザーのパソコン作業による疲れの主原因とも言われているモニタ(ディスプレイ)のサイズ・解像度・アスペクト比・視野角・ダイレクトボンディング液晶モニター(ディスプレイ)に関する情報をご紹介しています。

モニタ(ディスプレイ)サイズと解像度

デスクトップパソコンを購入するときはモニタ(ディスプレイ)のスペックを気にしますが、ノートパソコンを購入するときには、モニタ(ディスプレイ)のスペックをあまり気にしないユーザーが以外と多いのではないでしょうか。しかし、モニタ(ディスプレイ)はパソコン作業による疲れの主原因とも言われていますので、特に長時間パソコンを使われるユーザーはモニタ(ディスプレイ)のスペックも気にして、ノートパソコンを選びましょう。

ノートパソコンのモニタ(ディスプレイ)を選ぶとき、モニタ(ディスプレイ)サイズと解像度を気にしましょう。最近のノートパソコンはワイド液晶ディスプレイを搭載しています。これらのワイド液晶ディスプレイの選択肢には、画面サイズ・パネル解像度・アスペクト比・表示面積があり、画面サイズによって解像度が異なります。しばらく前までは解像度は画面サイズに比例していましたが、近年は小さな画面サイズに高解像度を表示できる機種も登場しています。

特につぎのようなユーザーにとって、モニタ(ディスプレイ)サイズと解像度と重要な選択肢となります。

モニタ(ディスプレイ)のサイズ

A4ノートパソコンでも本体サイズは31cm×26cm前後であり、モニタ(ディスプレイ)は本体の大きさよりも一回りほど小さいサイズになっています。なかには本体よりかなり小さいモデルがあります。ノートパソコンの大きさに気を取られて、ディスプレイを開けたら画面が小さいと言うこともあります。

ハンディのちからがご紹介しているノートパソコンのモニタサイズはノートパソコン液晶ディスプレイ(モニター)比較を御覧ください。

しかし、15.6型のスタンダードノートパソコンが主流になっていますが、13.3型や12.1型の大きさを求めているユーザーも少なくないでしょう。家族共有のメインマシンを持っている方が、家族内で手軽に使う目的で、個人専用のセコンドマシンとして購入されるケースなどが想定されます。

モニタ(ディスプレイ)の解像度

つぎに、モニタ(ディスプレイ)の解像度についてお話します。モニタ(ディスプレイ)のサイズが同じのときは解像度を比較しましょう。解像度が高いほど、モニタ(ディスプレイ)が綺麗に映るというとイメージしや易いかと思います。モニタ(ディスプレイ)の解像度が高いと、同じサイズ内でよりたくさんの情報を表示できるのでモニタ(ディスプレイ)にきれいに映ります。解像度については、高いほど快適です。 解像度が高ければより多くの情報を表示できるし、複数のウィンドウを重ねずに並べられます。

パソコンのモニタ(ディスプレイ)の解像度には、

などがあります。

パソコンのモニタ(ディスプレイ)の解像度には、

などがあります。

ノートパソコンと外部ディスプレイをデジタル接続し、ブルーレイディスクのメリットが十分活用する場合に注意すべきことがあります。市販されている、ブルーレイディスクに記録された映像ソフトは、著作権保護されています。ノートパソコンと外部モニタ(ディスプレイ)を接続して視聴する場合は、両者が著作権保護技術に対応している必要があります。ノートパソコンに組み込まれているモニタ(ディスプレイ)は、内部接続となっているため、著作権保護技術に対応している必要はありません。つまり、ノートパソコンのモニタ(ディスプレイ)では、HDCP に対応していなくても著作権保護された映像コンテンツを表示できます。

モニタ(ディスプレイ)の視野角

液晶モニターには視野角の広さや色の再現性、コストなど様々な特性がありますが、液晶パネルの駆動方式によって、その能力はある程度決まってきます。駆動方式には、主に

あります。

これらの駆動方式の性能優劣は概ねつぎのとおりです。

性能項目 TN方式 VA方式 IPS方式
応答速度 中程度 速い 遅い
コンストラスト比 中程度 高い 低い
視野角 狭い 中程度 広い
色再現性 悪い 中程度 良い
色度変移 多い 中程度 少ない
パソコン用途 多い 中程度 少ない
静止画表示 悪い 中程度 良い
コスト 安い 中程度 高い

ノートパソコンの液晶の駆動方式はほとんどがTN方式またはVA方式ですが、特に格安ノートパソコンではTN方式多く、一方最近IPS液晶モニターも増えつつあります。液晶の駆動方式については各メーカーとも非公開の場合が多いので、最終確認はメーカーにお問い合わせください。IPS液晶モニターのメリットは

デメリットは

などです。

モニタ(ディスプレイ)のアスペクト比

アスペクト比とは横(長辺)と縦(短辺)の長さの比率です。ノートパソコンの液晶モニター(ディスプレイ)では画面解像度の「横ドット数と縦ドット数」の比率です。

最近のノートパソコンの液晶モニター(ディスプレイ)では、アスペクト比が「16:9」で画面解像度が「1920×1080ドット」の液晶パネルを採用した機種が多い。一方で、ワイド型の液晶ディスプレイはアスペクト比が「16:10」の機種もあります。
WXGA+(1440×900ドット)、WSXGA+ (1680×1050ドット)、WUXGA(1920×1200ドット)などの解像度はいずれも16:10です。

ノートパソコン環境を中心にするならば、アスペクト比が16:10で解像度が1920×1200ドットの液晶ディスプレイのほうが、総合的に見て使いやすい。一方、ノートパソコン環境でフルハイビジョン映像を視聴する場合や、AV入力を持ったワイド液晶ディスプレイにAV機器やゲーム機をつないでフルハイビジョ映像を表示する場合には、 アスペクト比が16:9で解像度が1920×1080ドットの製品と相性がよいでしょう。

「16:9」という一般的なアスペクト比は気になるのが縦の狭さを感じてしまうことです。管理人が最近購入した「iPhone6 PLUS」などのタブレットのアスペクト比が4:3であることを考えると、画面が狭い感じが否めない。

モニタ(ディスプレイ)の液晶とタッチ用ガラス面の隙間

タッチ対応ノートパソコンではタッチ対応にするために液晶モニターの表面にガラスのパネルを1枚装着しています。液晶モニターとガラス面に隙間があり、はっきりと気になるほど乱反射が起こります。正面から見る限りは乱反射は気になりませんので、液晶モニターと視線が垂直になるように使うと綺麗に見えます。
ところが、タブレット変身モデルはタブレットのようにテーブルに置いて、斜めから覗き込むと部分的に白く見えたりします。
この問題を解決したのが、液晶モニターとガラス面の隙間を無くした「ダイレクトボンディング」というタイプの液晶モニターです。

最終更新日:2017年07月18日

トップに戻る

ノートパソコン
ノートパソコン選び
ノートパソコンのCPU
ノートパソコンのメモリ
ノートパソコンのHDD
ノートパソコンのモニタ
ノートパソコンの光学ドライブ
ノートパソコンのテレビ機能
ノートパソコンの無線LAN
ノートパソコンのバッテリー
ノートパソコンメーカー
ノートパソコン重さ
ノートパソコン価格
ノートパソコン購入ポイント
ノートパソコンの使用用途

ノートパソコン
ノートパソコン富士通2017年
ノートパソコンNEC2017年
ノートパソコンパナ2017年
ノートパソコン東芝2017年
ノートパソコン富士通2016年
ノートパソコンNEC2016年
ノートパソコンパナ2016年
ノートパソコン東芝2016年
ノートパソコン富士通2015年
ノートパソコンNEC2015年
ノートパソコンパナ2015年
ノートパソコン東芝2015年
ノートパソコン富士通2014年
ノートパソコンNEC2014年
ノートパソコンパナ2014年
ノートパソコン東芝2014年
ノートパソコン富士通2013年
ノートパソコンNEC2013年
ノートパソコンパナソニック2013年
ノートパソコンソニー2013年
ノートパソコン東芝2013年
ノートパソコン富士通2012年
ノートパソコンNEC2012年
ノートパソコンパナソニック2012年
ノートパソコンソニー2012年
ノートパソコン東芝2012年
ノートパソコンバッテリー
ノートパソコンCPU
ノートパソコンHDD
ノートパソコンメーカー
ノートパソコン価格
ノートパソコン比較
ノートパソコン使用用途