ハンディのちから アフィリエイトノートパソコン商品総合情報では、ノートパソコン(PC)の仕様(スペック・性能)・価格・デザインなどの総合情報を提供し、通販の総合情報を使って2013年春から2014年秋冬モデル迄のノートパソコン(PC)の購入を支援
ハンディのちからパソコン>ノートパソコン商品総合情報

ノートパソコン商品総合情報

ノートパソコンを選ぶポイントは、単に新製品であれば良いというわけではありません。仕様(スペック)・価格・デザインなどを総合情報を判断して選ぶこと が大切です。「ハンディのちから」の「ノートパソコン商品総合情報」では、NEC、富士通、ソニー、東芝、パナソニックの旧モデルから最新2014年秋冬モデルまでのノートパソコンの仕様・価格・値下がり率等をノートパソコン比較でご紹介し、購入の支援しています。

ノートパソコン商品総合情報では、CPU(動作周波数)・CPU(ブースト時動作周波数)・CPU(モデル)・メモリ・ストレージ(ハードディスクやSSD容量)・モニタサイズ・ドライブ・TV機能・重量・バッテリー駆動時間・無線LAN・値下り率・価格などのノートパソコン比較情報を提供しています。

ノートパソコン商品総合情報では、本体、キーボード、画面、ポインティングデバイス等の機能が一体・バッテリが内蔵されおり、電源の無いところでも使える・持ち運びが可能・出かけるときの携帯性はもちろん、室内などでの可搬性も優れている・液晶画面が蓋になって蓋を閉めれば大きな書籍や雑誌の様になり持ち運びやすい・消費電力は低いなどのノートパソコンの特徴をご紹介しています。

ノートパソコンのスペック

ノートパソコン商品総合情報では、長く使いたい、失敗したくない方向けのノートパソコンのおすすめスペック(仕様)は、つぎのとおりです。ノートパソコン(PC)の仕様(スペック・性能)などの総合情報を提供し、通販の総合情報を使って旧モデルから最新2015年夏モデルまでのノートパソコン(PC)の購入を支援しています。個々のスペックの内容はつぎのとおりです。

CPUは

となっています。をノートパソコンの用途に合わせて選ぶことをおすすめします。
各機種ごとのCPUはノートパソコンCPUモデル比較ノートパソコンCPU動作周波数比較をご覧ください。

メモリの容量は動作にとても関係するので非常に大切です。更新日現在のノートパソコンのメモリは8GB(104機種)・4GB(81機種)・2GB(3機種でタブレットノート)・1GB(2機種でタブレットノート)となっています。4GB以上を、映像編集やゲームをされる方はは8GBをおすすめします。メモリ容量が大きいほど、快適にと動作します。
各機種ごとの標準メモリはノートパソコンメモリ比較をご覧ください。

A4ノートパソコンのストレージ容量は750GB以上を、モバイルパソコンのストレージ容量は256GBSSDをおすすめします。容量は使用される用途によりますが、「ハンディのちから」でご紹介しているノートパソコンのHDD容量は、1.5TBHDD(2機種:(約32GB SSDをインテル® スマート・レスポンス・テクノロジー機能として使用)・1TBHDD(83機種)・750GBHDD (13機種)・500GBHDD(21機種)・256GBSSD(25機種)・128GBSSD(33機種)・64GBSSD(6機種)などとなっています。
各機種ごとのHDD容量はノートパソコンHDD比較をご覧ください。

「ハンディのちから」でご紹介しているノートパソコンの液晶モニタサイズは、15.6型(91機種/ ・15.5型(6機種)・14.0型(11機種)・13.3型(20機種)・12.5型(14機種)・12.1型(12機種)・11.6型(7機種)・10.1型(22機種)があります。A4ノートパソコンやモバイルノートパソコンなどの用途に合わせて液晶モニタサイズを選びます。
各機種ごとのモニタ(ディスプレイ)サイズはノートパソコンディスプレイ比較をご覧ください。

187機種のノートパソコンのバッテリー駆動時間を見ると、バッテリー駆動時間は20.0時間〜1.5時間となっています。バッテリー駆動が長時間と言われる10時間以上の機種は、187機種中55機種です。その中でも際立っている機種がパナソニックのLet' noteです。外出先でノートパソコンを使う時間に合わせてバッテリー駆動時間を選びます。
各機種ごとのテレビ機能はノートパソコンバッテリー駆動時間比較をご覧ください。

ご紹介中のノートパソコンの無線LAN規格を見ると、

の5タイプがあります。

プロバイダーの無線LAN規格に合わせてノートパソコンの無線LAN規格を選びます。
各機種ごとのテレビ機能はノートパソコン無線LAN規格比較をご覧ください。

ノートパソコンのデザイン

ノートパソコン商品総合情報では、ノートパソコンのデザインにはつぎの8タイプがあります。ノートパソコン(PC)のデザインなどの総合情報を提供し、通販の総合情報を使って旧モデルから最新2015年春モデル迄のノートパソコン(PC)の購入を支援しています。

ノートパソコンの価格

ノートパソコン(PC)の価格などの総合情報を提供し、通販の総合情報を使って旧モデルから最新2015年春モデル迄のノートパソコン(PC)の購入を支援しています。ノートパソコン商品総合情報では、更新日現在のノートパソコン(PC)の価格を見ると、NEC、富士通、ソニー、東芝、パナソニックの5社158機種が18,000円(タブレット)〜278,000円で販売されていることがわかります。価格帯は4つに大分類できます。ネットブック・ポケットスタイル・ネットノートが多い8万円未満、スタンダードノートが多い8万円〜10万円未満、スタンダードノートやハイスペックノートが多い10万円〜16万円未満、ハイスペックノートや大画面AVノートや大画面モバイルノートが多い16万円以上の価格帯です。

各機種ごとの価格はノートパソコン価格比較をご覧ください。

ノートパソコンのメーカー選択

ノートパソコン商品総合情報では、ノートパソコンのメーカー選択で注意する点をお伝えしています。ノートパソコン(PC)のメーカーなどの総合情報を提供し、通販の総合情報を使って旧モデルから最新2015年春モデル迄のノートパソコン(PC)の購入を支援しています。

同スペックでNEC、富士通、ソニー、東芝、パナソニックのメーカー間で価格が違う場合は、付属ソフトの多少もありますが、ブランド価値やサポート力の違いがあります。サポート費用は、製品単価に上乗せされています。

初心者やパソコンが得意でない方は、サポートが良く、いろんなソフトが入っているノートパソコンメーカーを選ぶと便利です
とにかく安いパソコンが欲しい!使用頻度が少なく、インターネットやメールしか使わない!とういう方は、低性能ノートパソコンで問題ありませんが、サポート対応なども自分のパソコン知識にあったものを選びましょう。

サポートを使用しなかったり、使わないソフトがかえって邪魔になる中級者や上級者は、ブランド価値やサポート力の違い考慮せずに選択できます。

最終更新日:2015年07月04日

トップに戻る

ノートパソコン商品総合情報
ノートパソコン比較
ノートパソコンCPUモデル比較
ノートパソコンCPUi5モデル比較
ノートパソコンCPUi7モデル比較
ノートパソコンCPU動作周波数比較
ノートパソコンメモリ比較
ノートパソコンHDD比較
ノートパソコンディスプレイ比較
ノートパソコンテレビ比較
ノートパソコン光学ドライブ比較
ノートパソコンバッテリー駆動時間比較
ノートパソコン重さ比較
ノートパソコン無線LAN比較
ノートパソコン無線LAN速度比較
ノートパソコンユーザー比較
ノートパソコン価格比較
ノートパソコン値下り比較

ノートパソコン
2イン1パソコン
ノートパソコン富士通2016年
ノートパソコンNEC2016年
ノートパソコンパナソニック2016年
ノートパソコン東芝2016年
ノートパソコン富士通2015年
ノートパソコンNEC2015年
ノートパソコンパナソニック2015年
ノートパソコン東芝2015年
ノートパソコンバッテリー
ノートパソコンCPU
ノートパソコンHDD
ノートパソコンメーカー
ノートパソコン価格
ノートパソコン比較
ノートパソコン使用用途