ハンディのちから 管理人の体験的パソコン生活・単体でパソコンを楽しむ・インターネットに接続してパソコンを楽しむ・デスクトップPCとノートPC・WindowsPCとMacintoshPC等のお役立ち情報を提供
ハンディのちから>パソコン・体験的お役立ち情報

体験的パソコン・お役立ち情報

「ハンディのちから」の「体験的パソコン・お役立ち情報」では、障害者であり高齢者であるハンディの管理人の体験的パソコン生活・パソコン単体(スタンドアロン)でパソコンを楽しむインターネットに接続してパソコンを楽しむデスクトップパソコンとノートパソコンWindowsパソコンとMacintoshパソコンなどの体験的パソコン・お役立ち情報を提供しています。

障害者であり高齢者であるハンディの管理人のパソコン生活

管理人障害者であり高齢者の『ハンディのちから』の管理人が社会的不利の乗り越えて社会参加するために、パソコンは必要不可欠な大切なツールです。そんな管理人のつぎのようなパソコン生活の体験を体験的パソコン・お役立ち情報ページでお伝えして、特に”障害者や高齢者のハンディやそのサポーターの方々が社会的不利を乗り越える”お手伝いができれば幸甚です。

  • 在宅でパソコンを使ってエンターテイメントを楽しんでいます。
  • ホームページでパソコンの使い方や活用情報や商品の情報や比較データなど発信しています。
  • インターネットショッピングで買い物弱者から脱却しています。
  • パソコン相談を通して社会参加をしています。
  • 図書館の利用や納税、健康管理などをパソコンを使って在宅で行っています。
  • パソコンを使って、ポスターやシネマグラフなどのグラフィックス作品を制作しています。
  • i Phoneやi Padと連携し、クラウドを使ったり、データのやり取りを行い、外出先でもパソコンデータを閲覧したり編集しています。

1ページでWinデスク・Winノート・Macデスク・Macノートパソコンを比較

ノートパソコンCPUモデルWinデスクトップパソコン・Winノートパソコン・Macデスクトップパソコン・MacノートパソコンのCPUモデル・CPU動作周波数・値下り率・記憶装置・標準メモリー・ディスプレイ(モニター)・価格を、円グラフを使ってビジュアルに調べることができるページを公開しています。2か月毎に更新しています。最新版は2017年01月06日です。


タッチ対応・非対応更にタイプの6ジャンルからパソコンを選ぶ

6ジャンルからパソコンを選ぶでは、

タッチ対応やタブレット変形ノートパソコンが発売され、ますます選択が難しくなっている今、パソコン初心者でも簡単に自分の用途に合ったパソコンを6ジャンル(

  • ノート『タッチ対応』・
  • ノート『タッチ非対応』・
  • デスクトップ『タッチ対応』・
  • デスクトップ『タッチ非対応』
  • タブレット『全てタッチ対応』・
  • タブレット変形ノートPC『全てタッチ対応』・

から選べるポイントをご紹介 。


タブレット・スマートフォンも有効活用WiFiハウス!

お家でも外出先でもインターネット」では、ノートパソコン・タブレット・スマートフォン・ゲーム機などをWiFiで繋いで、お家ではWiFiハウスで、外出先では出先ネットでインターネットを楽しむお家でも外出先でもインターネット情報をご提供しています。

今や場所的にはお家でも外出先でもインターネット、ノートパソコン・タブレット・スマートフォン・ゲーム機など使用する端末の多様化、一人でなく複数の人や機器間でデータを共有したり、プリンタを共有する利用方法が一般的です。


Windows 10:パソコン初心者でもわかる!

Windows OSは2015年07月24日に発売されたWindows 10を一言で言うと、 従来のパソコンユーザーに好評だったWindows 7と、スマートフォン的な新機能を織り込みすぎて不評だったWindows 8のいいとこ取りをしたと言えます。具体的に説明すると、Windows 10の最大の特徴はストアアプリを廃止せずに、常にデスクトップ上で使用するというWindows 7の発想に戻り、

  • スタートメニューの復活
  • ストアアプリのウインドウ表示
  • Windows 8で初めて採用された全画面向けのユーザーインターフェース「チャーム」は廃止

が改良されたことです。

体験的パソコン・お役立ち情報では、障害者でありシニアの「ハンディのちから」の管理人が、情報弱者と言われる「障害者やシニア」の方にも、難しいと思われている専門用語は解説したり極力少なくして解りやすく、Windows 10で大きく変化したユーザーインターフェースや提供してくれるサービス内容をご紹介していきます。

パソコンの価格推移グラフと並び替えできる価格推移表を公開!

体験的パソコン・お役立ち情報ではデスクトップパソコン・ノートパソコン・マッキントッシュ(Mac)パソコンの価格推移をグラフ化しました。『デスクトップパソコン比較』『パソコンの価格や性能を比較し購入するノートパソコン比較』『Macパソコン比較・違いをチェックしてぴったりMac』からアクセスできる『モデル番号』ごとの個別ページでご覧いただけます。最終更新日は2017年01月06日です。ニュー

また、並べ替えができる価格推移表は2013-2016年発売デスクトップパソコン価格推移2013-2016年発売ノートパソコン価格推移マッキントッシュ(Mac)パソコン価格推移でご覧いただけます。


2イン1パソコンの特集!ニュー

「ハンディのちから」がご紹介しているパソコンのスタイル別比率は、デスクトップが15%、ノートパソコンが46%、2イン1パソコンが39%という状況に変わりつつあります。
そこで、「デスクトップかノートか」から、「ノートか2イン1かデスクトップ」の変化に伴い、「2イン1パソコンを買う使う」のページを開設した次第です。しかし、「2イン1パソコン」は「デスクトップモード」と「タブレットモード」の両方は使えますが、PC志向やタブレット志向と言う言葉があるように、両方をフルサポートしている訳ではありません。そこで、「2イン1パソコン」を使う場所や使う目的に分けて、各々の最適情報を提供しています。

あなたのパソコンの用途に最適な「2イン1パソコン」選びには、OSCPUメモリー液晶ディスプレイサイズ液晶ディスプレイ解像度ストレージ、ソフトウェアなどの基本スペックのチェックだけでは不十分です。
これらに加えて、『要である変形機構』、『キーボード』、『重さ』、『バッテリー駆動時間』、『拡張性(インターフェース)』、『デジタイザー』、の6つのチェックポイントが重要です。


ノートパソコンの特集!

富士通、NEC、パナソニック、東芝の2016年夏モデルが2016年04〜05月に、2016年秋モデルは東芝から2016年07月に、2016年冬モデルは富士通、NEC、パナソニック、東芝から2016年09〜10月に発売されています。

NEC2016年モデルノートパソコン富士通2016年モデルノートパソコン東芝2016年モデルノートパソコンパナソニック2016年モデルノートパソコンをご覧になると、富士通、NEC、パナソニック、東芝の2016年春モデルにアクセスことができます。

NEC2015年モデルノートパソコン富士通2015年モデルノートパソコン東芝2015年モデルノートパソコンパナソニック2015年モデルノートパソコンをご覧になると、富士通、NEC、パナソニック、東芝の2015年春モデルと2015年夏モデルと2015年秋冬モデルにアクセスことができます。

NEC2014年ノートパソコン富士通2014年ノートパソコン東芝2014年ノートパソコンパナソニック2014年ノートパソコンソニー2014年春モデルノートパソコンをご覧になると、富士通・NEC・パナソニック・東芝の2014年モデルにアクセスことができます。ソニーは2014年春モデルのみです。

また、ノートパソコン比較をご覧になると、東芝の2016年秋モデルや富士通、NEC、パナソニック、東芝の2016年冬モデルを含む101機種すべての概要を一覧することができます。

ノートパソコン2016年秋冬モデル選びの最大のポイントは、

に対する対応です。

第7世代CPU搭載ノートパソコン(2016年冬モデル〜)&第6世代CPU搭載ノートパソコン(2015年秋冬モデル〜)&第5世代CPU搭載ノートパソコン(2015年春モデル〜)&第4世代CPU搭載ノートパソコン(2013年秋冬モデル〜2014年秋冬モデル)の週間価格推移もわかります。01月06日更新済みニュー


デスクトップパソコンの特集!

2016年9〜10月に富士通とNECのデスクトップパソコン2016年冬モデルが6機種発売されました。

デスクトップパソコン富士通2016年デスクトップパソコンNEC2016年デスクトップパソコン東芝2016年をご覧になると、富士通、NEC、東芝の2016年春モデルのデスクトップパソコンにアクセスことができます。

デスクトップパソコン富士通2015年デスクトップパソコンNEC2015年デスクトップパソコン東芝2015年をご覧になると、富士通、NEC、東芝の2015年モデルと2015年夏モデルと2015年秋冬モデルのデスクトップパソコンにアクセスことができます。

デスクトップパソコン富士通2014年デスクトップパソコンNEC2014年デスクトップパソコン東芝2014年をご覧になると、富士通、NEC、東芝の2014年モデルのデスクトップパソコンにアクセスことができます。

デスクトップパソコン比較をご覧になると、富士通、NEC、東芝の2016年夏モデルを含む36機種すべての概要を一覧することができます。

デスクトップパソコン2016年冬モデル選びの最大のポイントは、

に対する対応です。

管理人の今の注目は2015年10月14日発売の『i Mac』

今はメインは2009年購入のAppleのi Macを、サブとしてAppleのPower Mac G4を使っていますが、i Macにしても7年位の前のデスクトップパソコンです。OSがMac OS X 10.6.8と古く、最新のi Tunes・グラフィックソフトウェア・DreamWeaverを使うことができません。

ついに2016年3月にi Mac MK442J/Aを購入しました。7年ぶりのi Mac 買い替えです。2014年10月14日にAppleからi Macの6機種が発売されています。たとえば、MK442J/Aは、Apple Storeで税別・送料込みで148,800円です。ヤマダ電機やヨドバシカメラ、ビッグカメラでは148,800円に消費税を足した価格で、約8000ポイントが還元されています。
ハンディのちからが紹介している、楽天市場のMK442J/Aは税込み・送料込で144,570円〜131,192 円に値下がりしています(8ヶ月間で)。

第6世代CPU搭載ノートパソコン(2016年春モデル〜)&第5世代CPU搭載ノートパソコン(2015年春モデル〜)&第4世代CPU搭載ノートパソコン(2013年秋冬モデル〜2014年秋冬モデル)の週間価格推移もわかります。01月06日更新済みニュー


楽天市場の最安値デスクトップパソコンを探す!

キーワード枠にデスクトップパソコンのモデル番号( DH54/G・VW970/GS・VPCL249FJ・D731/T9Eなど。モデル番号はデスクトップパソコン比較からコピー&ペーストできます)を入力・検索すると、最新の楽天市場の最安値デスクトップパソコン(または販売店)ベスト5を検索できます。 販売店のホームページへジャンプし、詳細情報の取得や購入もできます。

キーワード:

楽天市場の最安値ノートパソコンを探す!

キーワード枠にノートパソコンのモデル番号( AH77/G・ LL750/F2・ CF-B10WWADR・ VPCF249FJ・T851/D8Eなど。モデル番号はノートパソコン比較からコピー&ペーストできます)を入力・検索すると、最新の楽天市場の最安値ノートパソコン(または販売店)ベスト5を検索できます。 販売店のホームページへジャンプし、詳細情報の取得や購入もできます。

キーワード:


パソコン単体(スタンドアロン)でパソコンを楽しむ

パソコン・お役立ち情報ではパソコンをインターネットに接続せずにパソコン単体で楽しむ方法を記載しています。

映像や写真を楽しむ テレビを楽しむ
ブルーレイディスクやDVDディスクなどの記憶メディアから取り込んだ映像や写真画像・デジタルビデオカメラやデジタルカメラから取り込んだ写真画像や動画を再生・加工・保存して楽しんでいます。 テレビチューナーを搭載しているパソコンをアンテナに接続して、地上デジタル放送、BSデジタル放送、110度CSデジタル放送を視聴して楽しんでいます。またワイヤレスで部屋中どこでもテレビを観ることもできます。
音楽を楽しむ ラジオを楽しむ
DVDディスクなどの記憶メディアから取り込んだ音楽・ダウンロードしてある音楽を、高音質スピーカーやサウンド機能を搭載しているパソコンで快適に楽しんでいます。 インターネットに接続せずにラジオを聞くことができるフリーソフトウェアをパソコンにインストールして、ラジオ番組を生きたり、録音して何度も聞いています。
グラフィックスを楽しむ
文章を作成する
Adobe IllustratorやPhotoShopやPhotoShop Elementsなどのソフトウェアを使用して、イラストを作成したり、ポスターを作成しています。

生活のなかでMicrosoft Officeを使うと楽しい!
金融商品データをWebとエクセルで管理・医療費管理・カレンダーを作成・町内会の会報やイベントのポスターを作る・お花の種まきや出回り時期と天気予報を同期化して管理するなどなどです。


さらに楽しみが広がる、インターネットに接続パソコン

パソコン単体で楽しむことができますが、パソコンをインターネットに接続すると、さらに楽しみが広がる、パソコン・お役立ち情報を記載しています。

ホームページで情報発信 インターネットショッピング
このホームページ『ハンディのちから』を開設して、パソコン・デジタルカメラ・ガーデニング・旅行・障害に関する情報を発信しています。『ハンディのちから』が、障害者であり高齢者であることによるハンディ(社会的不利)を体験している方々やそのサポーターの方々のお役に立つことを切望しています。 管理人は障害者になる前、生活や趣味必需品の買い物にデパートや量販店やスーパーマーケットなどへ出かけていました。車いすで出かけるとなると、売り場は混んでいると車いすで通行するのは大変だったり、一人で気軽に行くことができなくなったり、買った物は持って帰れなくなりました。従って、以前はあまり利用していなかったインターネットショッピングをたびたび利用するようになりました。
在宅で図書館の利用や納税など パソコン相談
読みたい書籍をホームページで予約して、ハンディキャップサービス(障害者用宅配サービス)を使って、図書館に行かずに図書館の蔵書を利用しています。
確定申告は『e-Tax』を利用して、税務署に行かずに確定申告をしています。
市の『インターネットモニター』になり、在宅で市政に意見を反映しています。
ボランティアで障害者のパソコン相談会に参加しています。
この会に参加して、人によりパソコンを使うさまざまな目的があることに気がつき、管理人自身のパソコン生活の範囲が広がっています。

デスクトップパソコンとノートパソコン

パソコンにはデスクトップパソコンノートパソコンがあります。デスクトップパソコンとノートパソコンのそれぞれに長所と短所があります。ユーザーのパソコン使用目的や使用環境や予算に合わせて、デスクトップパソコンかノートパソコンを選ぶパソコン・お役立ち情報を記載しています。

因に管理人のパソコン歴はつぎのとおりです。

  • 最初はNECのWindows97搭載デスクトップパソコンを購入。(今は廃棄処分)
  • NECのWindows XP搭載ノートパソコン(今は廃棄処分)を購入し、Windows97搭載デスクトップパソコンと併用。
  • AppleのMac OS X 10.2搭載デスクトップパソコン(Mac Pro G4)を購入し、Windows97搭載デスクトップパソコンとWindows XP搭載ノートパソコンと併用。
  • 東芝のWindows Vista搭載ノートパソコンを購入し、Mac OS X 10.2搭載デスクトップパソコン(Mac Pro G4)と併用。
  • AppleのMac OS X 10.6搭載デスクトップパソコン(i Mac)を購入し、Windows Vista搭載ノートパソコンとMac OS X 10.2搭載デスクトップパソコン(Mac Pro G4)と併用。

デスクトップパソコンとノートパソコンのどちらかを選ぶ場合、処理速度・設置場所・モニタ・大きさ&重さ ・拡張性&部品交換などを検討しましょう。

  • 処理速度はデスクトップパソコンとノートパソコンを比べるとノートの方がコンパクトに作られている分、同じ金額であれば、デスクトップパソコンの方が高性能なものが買えます。
    処理速度に関しては、特に高性能を求めなければ、ノートでも十分です。パソコンの動作の快適性を追求したい方は、デスクトップをおすすめします。
  • 自分一人で、よく使う場合はデスクトップパソコンが向いていると思います。比較的、家族共有で使い、そんなに頻繁には使わない方や外へ持っていく機会が多いユーザーはノートパソコンがおすすめです。
  • デスクトップパソコンはモニタに関しては大きさは自由に選べます。ノートパソコンはモニタはすでに組み込まれており、変更できないということ、モニタの大きさにはある程度限界があり、キーボードとモニタの距離が変更できないということもあります。
  • パソコン本体の大きさはノートパソコンはとにかく薄い軽いのに対して、デスクトップパソコンは大きく机の上に置くのであれば、かなり場所を必要とします。
  • パソコンは、3年もすれば、当時最新の性能であっても、型遅れとなってしまうくらいです。デスクトップパソコンは簡単に部品を交換することができるので、本体全部を購入することなく、長い間使用することができます。ノートパソコンについては拡張できる部分もありますが、その部分は限られてきます。

WindowsパソコンとMacintoshパソコン

パソコンを選ぶ際に、OSの違いで、Microsoft社のWindows 10などのWindows OSを搭載しているWindowsパソコンとApple社のMac OS X 10.10 (Yosemite)などのMac OSやMac OS X 10.11 ( El Capitan)などのMac OSを搭載しているMacintoshパソコンという2つの選択肢があります。WindowsパソコンかMacintoshパソコンを選ぶパソコン・お役立ち情報を記載しています。

因に管理人のWindowsパソコンとMacintoshパソコン歴はつぎのとおりです。

  • 最初の購入から5年間はWindowsパソコンオンリーでした。
  • 6年目にMacintoshパソコンを購入し、Macintoshパソコンがメインマシーンになっています。

Windowsパソコンの長所は複数のメーカーがさまざまな機種を発売しており、選択肢が多く、 シェアも8割程がWindowsパソコンなので、身近でパソコンを教えてくれる人を探すのも容易です。一方、Macintoshパソコンはアップル社のみで発売しており、デスクトップはプロ用と一体型、超小型の3種類、ノートではプロ用と普及版が2種類の計5種類のシンプルなラインアップとなっています。それぞれのジャンルを1機種でカバーできる魅力的な機種ばかりとなっています。

『ハンディのちから』がお勧めするWindowsパソコンユーザーは仕事でWindowsパソコンを使われている方です。Macで使われている基本OSのMacOS Xはとても使いやすいことで定評がありますが、普段使い慣れたWindowsパソコンとは構成が異なるため、主に仕事でWindowsを使っている方など は注意が必要です。

『ハンディのちから』がお勧めするMacintoshパソコンユーザーは、グラフィックスが仕事の方や仕事でWindows使っておらず、また購入に際して予算に比較的余裕がある型にお勧めできます。Windowsの基本OSを別途インストールして使う事も可能なので、パソコン上級者ならばWindowsパソコンもMacintoshも使いたい、という方にお勧めできます。
Macパソコン比較・違いをチェックしてぴったりMac をご覧頂くと、MacデスクトップパソコンMac Pro・i Mac・Mac miniとノートパソコンMacBook・MacBook Pro・MacBook Airの仕様・価格・値下がり率の比較をご覧頂けます。

最終更新日:2017年01月

トップに戻る

パソコンスペック

デスクトップPC比較

ノートパソコン比較

Macパソコン比較

パソコン
パソコンCPUモデル
パソコンCPU動作周波数
パソコン記憶装置
パソコン標準メモリー
パソコンディスプレイ
パソコン価格
パソコン値下り率
パソコンシステム
矢印CPU
ストレージ(記憶装置)
モニタ
パソコン購入
iPhoneをPCにバックアップ
パソコンに対する不安ごと

6ジャンルからパソコンを選ぶ
タッチ対応デスクトップ
タッチ非対応デスクトップ
タッチ対応ノートパソコン
タッチ非対応ノートパソコン
タブレット変形ノート
タブレットCore i5搭載
タブレット10型液晶
タブレット8型液晶

タブレット変身ノートパソコン
仕掛け(ギミック)
CPU
補助記憶装置
液晶モニタ
携帯性
価格
小型ビューア

メンテナンス・HDD
Dドライブの活用・HDD
デフラグ・HDD
Windowsのデフラグ機能・HDD
デュプファイルエリミネーターのインストール
デュプファイルエリミネーターの使い方
パーティション・HDD
パーティション操作の定番フリーソフト
システムの復元容量の削減・HDD
システムの復元ポイントの削除・HDD
Advanced Uninstaller PROインストール
Advanced Uninstaller PRO使い方

Microsoft Officeを使う
Webクエリーで日経平均管理
Webクエリーで日経平均更新
Webクエリーで日経平均グラフ化

ワードでカレンダー
カレンダーテンプレート
ダウンロードファイル
テンプレートの使い方
Word2007で基本カレンダーを作る
カレンダーの用紙サイズ
カレンダーの拡大縮小
ワードの表の操作
ワードのテキストボックス
ワードの描画キャンパス
和風月と二十四節気・雑節

データー移行
ブックマーク共有(Mac→Win)
矢印テレビ視聴録画向きパソコン

矢印You Tubeで音楽を楽しむ
矢印You Tubeで動画を見る
矢印You Tubeに会員登録
矢印You Tubeの動画再生リスト


矢印デスクトップパソコン
矢印ノートパソコン
矢印マックパソコン
矢印デスクトップパソコン選び
矢印ノートパソコン選び
矢印デスクトップパソコン比較
矢印ノートパソコン比較
矢印マックパソコン比較