ハンディのちから アフィリエイト携帯回線モバイルブロードバンドでは、携帯電話回線インターネット・携帯電話回線インターネットの利用者・携帯電話回線インターネットのチェックポイント・携帯電話回線インターネットの利用方法などに関する情報をご提供
ハンディのちからパソコンお家でも外出先でもインターネット>携帯回線モバイルブロードバンド

携帯回線モバイルブロードバンド

ハンディのちから」の「携帯回線モバイルブロードバンド」では、モバイルブロードバンドワイヤレス通信・携帯電話回線インターネット・携帯電話回線インターネットの利用者・携帯電話回線インターネットのチェックポイント・携帯電話回線インターネットの利用方法などに関する情報をご提供しています。

モバイルブロードバンドワイヤレス通信

ワイヤレスブロードバンドは一般的には携帯電話のように基地局から対象地域を面的にカバーするサービスのことを指します。
ADSLや光ファイバーなどのブロードバンド通信に準じる通信速度を実現する、無線通信サービスや技術の総称です。概ね数Mbpsから数十Mbpsでの通信が可能で、通信エリア内では屋外や高速移動中でも利用できるものを指します。
ワイヤレスブロードバンドを実現する通信方式はいくつかあり、有力なのは3G(第3世代)携帯電話の高速データ通信方式、次世代PHS、無線LANの技術をベースとしたモバイルWiMAXなどです。

携帯電話回線インターネット

携帯回線ネットワーク

外出先でインターネット接続するための回線は大きく分けて2つあります。携帯電話をモデム代わりに使う携帯電話網と公衆無線LANです。携帯電話網はさらに第3世代携帯(3G:ドコモ、au、ソフトバンク、イー・モバイル)とPHS(ウイルコム)に分類されますが、いずれも利用形態としては「通話機のみ」もしくは「スマート フォンのみ」でネットを利用するか、「パソコンで利用」の3つがあります。ややこしいのはパソコ ンを使う場合で、データ通信カードや内蔵通信モジュールのほかに、通話機をUSBでパソコンに接続する方法もあります。
このページでは、データ通信カードや内蔵通信モジュールを使ったインターネット接続について記述しています。

「データ通信カード」とは、PHSや携帯電話の回線を使って、データを無線で送受信できるカード形状の装置です。この装置をノートパソコンや携帯端末に装着することで自宅やオフィス以外の場所でも、外出先でいつでもインターネットに接続、利用できる環境が手に入ります。
ここ数年で 携帯電話回線 を使ったものが主流となり「最大で7.2Mbps」といった高速接続サービスも登場しており、普通のWebページを利用する程度であればストレスのない接続が可能になってきました。

ドコモ、au、ソフトバンクに続き設立した携帯電話会社の「イー・モバイル」は 2007年に他社に先駆け、携帯電話回線を使った定額料金制のデータ通信サービスを始めました。開始当初はサービスエリアも限られていましたが、現在では広いエリアで利用可能になっています。それでも導入する場合はサービスエリアの確認は欠かせません。出張先や外出先のカフェや移動中にインターネット接続が簡単にできるので便利です。
そんな「データ通信カード」ですが、現在、ブームとなっている10万円以下のミニノート(いわゆるネットブック)には「PCカードスロット」が付いていない機種が多いので「USBモデムタイプ」も増えています。さらにネットブック購入時に「データ通信カード」の長期契約をするとパソコン本体が100円で購入できるという「100円パソコン」などの販売手法が人気で、火付け役の「イー・モバイル」は加入者が増えています。

携帯電話回線インターネット・ダイヤルアップが必要

携帯回線ネットワーク接続携帯電話回線を使用するため、ネットワークに接続するたびにダイヤルアップ接続が必要になります。この点は一昔前のアナログインターネット接続の時に使用したモデムと同じです。携帯電話回線ではデータ通信カードも「モデム」としてOSに認識されています。



携帯電話回線インターネット利用者

必要なときは携帯電話をモデム代わりにしてパソコ ンをネットにつなぐ方法はわざわざ通信用の端末を用意しなくてもいいことがポイントです。つぎのような方に最適なインターネット接続方法です。

携帯電話回線インターネットのチェックポイント

携帯電話回線インターネットを申し込む前につぎの点を確認しましょう。

携帯電話回線インターネットの利用方法

データ通信カードを利用するには、携帯電話回線を持っている会社、つまり携帯電話のキャリアと契約する必要があります。携帯電話キャリアと言えば、有名なところでは「ドコモ」や「au」や「ソフトバンク」などがありますが、データ通信カードについては『イーモバイル』が代表的な存在となっています。イーモバイルは2007年、携帯電話事業者としては初となる、一般向けのデータ通信カードサービスの定額制を実施しました

メインとしても使える重さが1.5〜2kg、13.3型モニタ
大画面モバイルノートパソコン(ドライブなし)
メインとしても使える重さが1.5〜2kg、13.3型モニタ
大画面モバイルノートパソコン(ドライブ付き)

重さが0.5〜1.5kg、4〜10時間バッテリー駆動可能コンパクトタイプ

ネットブックPC

重さが1.5〜1.6kg、6〜9時間バッテリー駆動可能コンパクトタイプ

ネットノートPC

一回線でパソコン一台しか接続できない

ADSLや光ファイバーの場合、一つのルータに複数のパソコンを接続してネットワークを利用できます。つまり、一つの回線契約で複数のパソコンを利用できます。しかし、携帯回線モバイルブロードバンドでは、データ通信カード一つにつき一台のパソコンしか利用できません。つまり、一つの回線契約で一台のパソコンしか利用できないということです。もし、二台のパソコンをモバイルブロードバンドで利用したければ二つの回線契約をしなければなりません。
例外的に提供業者の中には、モバイルブロードバンドと無線LANを組み合わせたサービスを提供している業者も存在し、この場合は一つの回線を無線LAN を経由して複数台のパソコンで利用できます。但しこの場合、移動体通信は利用できません。無線LANアクセスポイントの電波が届く範囲内でしか利用できま せん。通常は屋内で利用することになるでしょう。

イーモバイル設定

Windowsパソコンでのイーモバイル設定手順はつぎのとおりです。

  1. デスクトップの[スタート]ボタンをクリックし、[ネットワーク接続]をクリックします。
  2. ネットワーク接続]画面で[ファイル(F)]を選択し、表示されるメニューより[新しい接続(N)…]を選択します。
  3. 新しい接続ウィザードの画面が表示されます。  [次へ(N)>]ボタンをクリックします。
  4. [ネットワーク接続の種類]の画面が表示されます。 [インターネットに接続する(C)]を選択し、[次へ(N)>]ボタンをクリックします。
  5. [準備]の画面が表示されます。  [接続を手動でセットアップする(M)]を選択し、[次へ(N)>]ボタンをクリックします。
  6. [インターネット接続]の画面が表示されます。 [ダイヤルアップ モデムを使用して接続する(D)]を選択し、[次へ(N)>]ボタンをクリックします。
  7. [デバイスの選択]の画面が表示されます。お客さまご購入のモデムを選択し、[次へ(N)>]ボタンをクリックします。 
  8. 接続名]の画面が表示されます。  [ISP名(A)]に任意の名前を入力し、[次へ(N)>]ボタンをクリックします。  例)emobile 再度接続時に必要となる名前です。お忘れにならないようご注意ください。
  9. [ダイヤルする電話番号]の画面が表示されます。 [電話番号(P)] 欄に*99***1#(半角)と入力し、[次へ(N)>]ボタンをクリックします。
  10. [インターネット アカウント情報]の画面が表示されます。 以下を設定し、[次へ(N)>]ボタンをクリックします。 
        ①ユーザー名(U):  em(半角小文字)
        ②パスワード(P):  em(半角小文字) 
        ③パスワードの確認入力(C):  em(半角小文字) 
        ④[このコンピュータからインターネット…]:  任意   (通常はチェックをします。) 
        ⑤[この接続を規定の…]:  任意   (通常はチェックをします。)
  11. [新しい接続ウィザードの完了]の画面が表示されます。 [完了]ボタンをクリックします。
  12. しばらくすると、接続の画面が表示されます。 [ダイヤル(D)] ボタンをクリックします。
  13. デスクトップ上の[Internet Explorer]アイコンをダブルクリック、または[スタート]より[インターネット]を選択し、インターネットブラウザを起動します。

最終更新日:2011年02月24日

トップに戻る

お家でも外出先でもインターネット
インターネットの利用状況
インターネットの接続方法

目指そうWiFiハウス
モバイルルーター・屋内編
出先ネット
テザリング・出先ネット
モバイルルーター・出先ネット
公衆無線LANサービス・出先ネット
無線LAN規格
パソコンの無線LAN設定
親機(無線LANルーター)選び

無線LANルーター比較
WHR-300
WZR-300HP
WZR-450HP
WZR-600DHP2
WZR-900DHP
LAN-HGW450/S
LAN-W300N/P
LAN-W301NR
LAN-W451NGR
WR8370N
WR8750N
WR9300N
WR9500N

ADSLインターネット
光ファイバーインターネット
CATVLインターネット
携帯電話回線インターネット
PHS回線インターネット
モバイルWiMAX
公衆無線LAN