ハンディのちから アフィリエイト出先ネットでは、パソコンやタブレットなどのWiFi端末を外出先でモバイル回線を使ってインターネットに接続する、テザリング・モバイルルーター・公衆無線LANの接続方法とエリア・料金・通信速度などに関する情報をご提供
ハンディのちからパソコンお家でも外出先でもインターネット>出先ネット

出先ネット

ハンディのちから」の「出先ネット」では、テザリング・モバイルルーター・公衆無線LANを使って、WiFi子機をインターネットに接続する方法とエリア・料金・通信速度などに関する情報をご提供しています。

テザリング・モバイルルーター・公衆無線LANとは?

パソコンやタブレットなどのWiFi端末を外出先でインターネットに接続する、テザリング・モバイルルーター・公衆無線LANの概要はつぎのとおりです。

テザリングとは?

テザリングとは、スマートフォンなどのモバイル回線を使って、WiFi機器をインターネットに接続する方式です。最新のスマートフォンならおおむね全機種が対応しています。通信速度に関しては最近は3Gだけではなく、高速データ通信を利用することもできますので、YouTubeなどの動画サイトなども問題なく視聴できます。 長所は利用できるエリアが広く、追加の費用もかからない点です。短所はバッテリーの消耗が大きいことです。
テザリングを使う場合、スマートフォンを選ぶポイントは、料金、速度、バッテリーの持ちの3つあります。

スマートフォンの料金制度は、2段階定額プランとフラット型定額プランがあります。テザリング機能を使用するなら、フラット型定額プランが良いでしょう。
2段階定額プランは最低料金が安いので魅力的に感じてしまいますが、テザリングを使うとあっという間に上限に達してしまいます。その原因は、データ使用量が多いからです。大抵のキャリアの2段階定額プランは上限が約7MB~14MBに設定されています。約7MB~14MBは音楽なら3曲ダウンロード、動画なら10分視聴すると達してしまうデータ量です。毎日インターネットでサイトを閲覧する使い方ならどれだけ使っても料金が変わらないフラット型定額プランがおすすめです。

現在各キャリアからは、4G規格という高速通信規格が展開されています。
例えば、イー・モバイルの下り最大75Mbpsの「EMOBILE LTE」やソフトバンクの下り最速110Mbpsの「ULTRA WiFi 4G」などです。しかし、2012年5月現在これらの4G規格でテザリングができるスマートフォンは発売されていません。今後、4G規格でテザリングできるスマートフォンも登場するので、それまで待つ姿勢でいるのもありかもしれません。

とくにAndroidのギャラクシーはテザリングを使うとすぐにバッテリーがなくなります。テザリングを利用している最中でも通話を受けることなどもできますが、なるべくテザリングを利用していない時はオフにするようにしておいたほうがいいです。
また、PCでテザリングを利用してインターネットに接続するときは、USBケーブルで繋いで電力を供給する手もあります。ほとんどの機種がUSBテザリングにも対応しているので、バッテリーの持ちが気になる方は利用してもいいでしょう。

モバイルルーターとは?

モバイルルーターとは、モバイル回線を使ってWiFi機器をインターネットに接続する専用機器です。バッテリーが大容量(小型の機種で4〜5時間、大容量バッテリーで最大10時間連続使用)なので、長時間使用するユーザーには嬉しい選択肢です。難点は新たに回線契約を結ぶので月額料金がかかることです。

公衆無線LANとは?

公衆無線LANスポットは、不特定多数のユーザがWiFi対応子機を利用できる場所のことを指します。
公衆無線LANスポットには、つぎのようにいくつか種類があります。会員登録するとアカウントが与えられ、WiFiスポットの親機に接続できます。

公衆無線LANスポット利用のメリットは、つぎのようにいくつかあります。

テザリング・モバイルルーター・公衆無線LANの長所短所

出先でできるケーブルレス通信のテザリング・モバイルルーター・公衆無線LANのエリアや料金、通信速度はおおむねつぎのとおりです。

 
スマートフォンのテザリング
モバイルルーター
公衆無線LAN
エリア 3G/4G携帯電話網で通信可 3G/4G携帯電話網で通信可 駅/空港/カフェ等で通信可
料金 対応スマートフォンを使用していれば、追加費用はなし 新たに通信事業者と契約、約4〜6千円/月の費用が発生 通信事業者の費用は実質無料で他に数百円/月の費用発生
通信速度 下り最大100Mbpsだが、通信条件によって変動が大 下り最大100Mbpsだが、通信条件によって変動が大 54Mbpsの11gが中心だが、回線種類で実効速度は変動

あなた向きの出先ネット

あなたの利用頻度や利用場所を考慮した『出先ネット』はおおむねつぎのとおりです。

短時間利用ならスマートフォンのテザリング、長時間使用ならモバイルルーター、駅/空港/カフェ等で限定的使用なら公衆無線LANでしょう。

 
スマートフォンのテザリング
モバイルルーター
公衆無線LAN
利用頻度 短時間利用 長時間利用 利用時間に左右されない
利用場所 利用場所に左右されない 利用場所に左右されない 駅/空港/カフェ等で限定的
その訳 何時も持ち歩いているスマートフォンなので手軽だが、一番の問題は電池切れ 電池切れの心配がなく、どこでも使えるが、追加費用とスマホに比べて大荷物 移動しないで公衆無線LANスポットで使用するなら、料金も安い。通信は不安定。」

最終更新日:2013年04月30日

トップに戻る

お家でも外出先でもインターネット
インターネットの利用状況
インターネットの接続方法

目指そうWiFiハウス
モバイルルーター・屋内編
出先ネット
テザリング・出先ネット
モバイルルーター・出先ネット
公衆無線LANサービス・出先ネット
無線LAN規格
パソコンの無線LAN設定
親機(無線LANルーター)選び

無線LANルーター比較
WHR-300
WZR-300HP
WZR-450HP
WZR-600DHP2
WZR-900DHP
LAN-HGW450/S
LAN-W300N/P
LAN-W301NR
LAN-W451NGR
WR8370N
WR8750N
WR9300N
WR9500N

ADSLインターネット
光ファイバーインターネット
CATVLインターネット
携帯電話回線インターネット
PHS回線インターネット
モバイルWiMAX
公衆無線LAN