ハンディのちから アフィリエイト無線LAN規格では、11a・11b・11g・11nは無線LAN規格を紹介し、各規格で使うことができる2.4GHz帯と5.0GHz帯の周波数帯と最大通信速度と電波状態で通信速度は対応規格内で自動的に決まることに関する情報を提供
ハンディのちからパソコンお家でも外出先でもインターネット>無線LAN規格

無線LAN規格

ハンディのちから」の「無線LAN規格」では、11a・11b・11g・11nは無線LAN規格を紹介し、各規格で使うことができる2.4GHz帯と5.0GHz帯の周波数帯と最大通信速度と電波状態で通信速度は対応規格内で自動的に決まることに関する情報をご提供しています。

無線LAN規格

11a・11b・11g・11nは無線LAN規格を表し、11aとはIEEE802.11aのことです。
11a・11b・11g・11nに対応している 親機(無線LANルーター)は2.4GHz帯と5.0GHz帯の周波数の電波を使うことができ、11b・11g・11nに対応している 親機(無線LANルーター)は2.4GHz帯の周波数の電波しか使うことができません。

IEEE802.11(無線LANの基本規格)
2.4
GHz帯無線LAN
規格
IEEE802.11b
2.4GHz帯で最大11Mbps
 
IEEE802.11a
5.0GHz帯で最大54Mbps
5.0
GHz帯無線LAN
規格
 

IEEE802.11g
2.4GHz帯で最大54Mbps
 
 
IEEE802.11n
2.4GHz帯および5.0GHz帯で最大450Mbps
   
   
IEEE802.11ac(ドラフトの段階)
5.0GHz帯で最大7Gbps

通信速度

現行のWiFi機器で最大通信速度と関わりが深い無線LAN規格はIEEE802.11nです。
IEEE802.11nは2.4GHz帯及び5.0GHz帯の両方で、最大通信速度を600Mbpsまで引き上げられます。しかし、実際の親機(無線LANルーター)が対応している通信速度は450Mbps、300Mbps、150Mbpsの3種類があります。

電波状態で通信速度は対応規格内で自動的に決まる

電波状態で通信速度は対応規格内で自動的に決まります。300Mbpsに対応している実際の親機(無線LANルーター)に300Mbpsに対応している実際の子機を接続しても、その速度で通信できるときは電波状態が良いときだけです。
実際、ノイズ等で電波が弱くなると、通信速度を落として通信します。

  IEEE802.11a

IEEE802.11b

IEEE802.11g IEEE802.11n
2.4GHz帯
-
11〜0.5Mbps
54〜6Mbps
300〜65Mbps
5.0GHz帯
54〜6Mbps
-
-
300〜65Mbps

親機(無線LANルーター)が高速でも、実際の通信速度は、子機側の対応速度で決まります。例えば、5.0GHz帯の450Mbpsの親機(無線LANルーター)に、IEEE802.11b/gにしか対応していないノートパソコンを接続しても、2.4GHz帯で最大54Mbpsまでの通信が上限です。

トップへ戻る

最終更新日:2013年04月29日

お家でも外出先でもインターネット
インターネットの利用状況
インターネットの接続方法

目指そうWiFiハウス
モバイルルーター・屋内編
出先ネット
テザリング・出先ネット
モバイルルーター・出先ネット
公衆無線LANサービス・出先ネット
無線LAN規格
パソコンの無線LAN設定
親機(無線LANルーター)選び

無線LANルーター比較
WHR-300
WZR-300HP
WZR-450HP
WZR-600DHP2
WZR-900DHP
LAN-HGW450/S
LAN-W300N/P
LAN-W301NR
LAN-W451NGR
WR8370N
WR8750N
WR9300N
WR9500N

ADSLインターネット
光ファイバーインターネット
CATVLインターネット
携帯電話回線インターネット
PHS回線インターネット
モバイルWiMAX
公衆無線LAN